スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

生後1歳3ヶ月【赤ちゃんの発育・発達】

言葉の意味を理解するようになってきます

「マーマ(ママのこと)」「ブーブー(自動車)」「ニャニャ(猫)」など意味のある言葉を一つだけ言うのが「一語」です。このころになると、一語だけ言う子どもが多くなってきて、話す数もだんだんに増えてきます。ただしまだ、「ニャニャかわいい」といった二語文にはならないので、猫がかわいい時も猫がそばに来て怖い時も、猫のそばに行きたい時も「ニャニャ」の一語で表現します。

言葉の発達には大きな個人差があるので、このころになっても、まだ意味のある言葉を話さずに、たとえば何でも「アーア」などで済ませる子どももいます。「ママこっち来て」だったり、「ミカンがほしい」だったり、いろいろなことを指しているのです。
また、このころの子どもは、言われた言葉の意味をかなり理解できるようになってきます。「○○ちゃん、ボール取ってきて」「いいお顔して」など、簡単な命令がわかってきて、言われたことができるようになります。つまり、親と双方向の言葉によるコミュニケーションができるようになったわけですね。

体全体で遊ぶようになります

歩けるようになると、遊び方も今までとは変わってきます。ほうきやモップを引きずって歩いたり、長いホースを持って掃除機をかける格好をしてみたりと、体全体を使って親の真似をして遊ぶようになってきます。また、紙袋に自分の玩具を入れて持ち歩く買い物ごっこなども好みます。

このように、もの真似が相変わらず好きですし、「いないいないばあ」遊びも大好きです。短期の記憶と予測する力がつくのがいないいないばあやかくれんぼ遊び。大きくなった分だけダイナミックに遊んであげましょう。たとえば、ママがカーテンやついたて、ドアの陰に隠れていないいないばあをしたり、隠れてから子どもに声をかけて探させるなどして遊びましょう。自分がカーテンの陰に隠れてママに見つけてもらうのを楽しんだり、ふすまを開けることができるようになって、自分で戸を開けて押し入れの中に隠れる子もいます。
体がしっかりしてきた分、逆立ちやでんぐり返りなど少し乱暴な全身遊びをパパにやってもらうのもいいですね。



  • ポイントキャンペーン実施中!
  • お子さまの月齢にあった育児情報早わかり!
  • ムーニーは“マザーズセレクション大賞”を受賞しました
  • ライフプランニング無料体験キャンペーン
  • ソニー生命 確定拠出年金無料相談キャンペーン
 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞3年連続受賞!
  • ムーニー Sサイズサンプルプレゼント実施中!
  • ソニー生命 ライフプランニング無料体験キャンペーン実施中!
  • ソニー生命 無料相談で合計200名様に豪華賞品があたる! ママ必見!話題の確定拠出年金の相談で豪華賞品プレゼント!