スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

産後の尿もれ対策

人にはなかなか言えない、聞きにくい、でも… 産後の尿もれ対策はどうしてる?

PROFILE
 
監修
三井記念病院産婦人科医長
中田真木先生
プロフィール>>
 
妊娠中に初めて尿もれを体験した人も
少なからずいるかもしれませんね。
おなかの赤ちゃんに圧迫されることで
プレママが尿もれを経験することは珍しくないこと。
でも、産後は、別の要因で尿もれがおきることが
あるんです。
しっかりケアしておかないと、
産後直後だけでなく、将来症状がでることも。
でも正しい知識と対処方法を知っていれば大丈夫!
外からは見えない自分のカラダの中のこと
ちょっとお勉強しておきましょう!



女性に多い尿もれとは?
尿もれにも原因と症状によってさまざまな種類がありますが、女性に特有なものの一つに、
くしゃみをしたときなどに尿もれしてしまう「腹圧性尿失禁」があります。
ママには是非知っておいてもらいたいのがコレ。まずはメカニズムからみてみましょう!


女性のカラダの構造を知っておこう

骨盤底と骨盤壁の構造女性のカラダの中は右の図のようにとっても複雑。ここで重要なのは色のついた「骨盤底」と呼ばれる部分。骨盤底は「内骨盤筋膜」「骨盤隔膜」「会陰」の三重構造になっています。「内骨盤筋膜」とは、子宮や膀胱などの骨盤臓器を直接吊っている線維組織。「骨盤隔膜」とは、骨盤腔の中ほどで骨盤臓器を下から持ち上げる強くて丈夫な骨格筋。「会陰」とは、肛門や腟の出口にある表層の筋肉や線維組織です。
健康な場合は、骨盤底が内臓をしっかり支えているので、腹圧がかかっても内臓が下に下がらないように骨盤隔膜が絞まったり、尿もれをおこさないように尿道括約筋などの働きで尿道を絞めてくれます。図を見てもうお気づきですね?骨盤底は子宮や膣も支えている、つまり妊娠・出産によって影響を受けやすい部分なのです。


出産によって骨盤底がダメージを受けます!
骨盤底は、妊娠中の子宮の重さで圧迫を受けたり、分娩時には産道を通って赤ちゃんが出てくるため、骨盤底の筋肉は強く引き伸ばされて中ほどでちぎれたりつけ根から剥がれたりすることがあります。また、膀胱の働きを調節する神経にも大きな影響が及ぶため、出産直後には人によって尿意を感じにくかったり、おしっこが出ないなど、尿もれだけなく排尿に関するさまざまなトラブルが起こります。通常、神経の働きはゆっくりとほぼ回復しますが、特に難産だった人などは、骨盤底の筋肉や靱帯が骨盤底をサポートする力が不十分になり、中高年になってから尿道を絞める力が不足して腹圧性尿失禁が現れることがあります。
先輩ママの尿もれ体験談はこちら>>

PAGE TOP



骨盤底の回復が、中高年期を左右する!
出産で骨盤底に負担をかけてしまうのは仕方のないこと。それなら、早めに回復させることが、中高年期に入ってからの腹圧性尿失禁を予防することになりそうです。まずは、腹圧性尿失禁になりやすい人からチェックしましょう!


骨盤底に負担がかかりやすい人とは?
骨盤底に負担がかかりやすく、ひいては尿もれをおこしやすいと考えられるケースには、
体質や体型などの要因と、出産時の状態の両方が考えられます。


上記に心当たりがある人は、特に骨盤底のケアを心がけたいものです!
(詳しくは下記)



出産後のセルフケアが大事です!
出産後のママのカラダはさまざまなダメージを受けています。
尿もれに対するケアは、カラダの回復に合わせて行うのがベストです。

出産直後〜2・3日目
この時期は尿意を感じなかったり、尿が出ないなどのトラブルがあるため、産院や病院では尿意を感じなくても早めにトイレに行くことを指導されると思います。これは尿意を感じないことによって、尿がたまりすぎて膀胱を傷めることになるから。産後直後は指導通りでOKですが、その習慣をいつまでも続けていると、いつも膀胱の出口をいきむ力でこじあけるような排尿習慣になってしまい、尿もれしやすくなります。産院から退院する頃には、早めにトイレへ行くのはやめて、尿がたまった感覚を感じてから排尿したいのを少し我慢してからトイレへ行く努力をしましょう。その際尿もれが不安な場合は、専用パッドを使うとよいでしょう。

産後1カ月まで
出産直後から産褥体操をすることを産院で指導されると思いますが、この時期はまだ骨盤底の筋肉や靱帯は、内臓の重みに耐えられるほどは回復していません。そのため、骨盤底に負担をかけるような腹圧のかかる体操は控えた方がよいでしょう。できれば床上げをせずにひまを見つけてこまめに横になり、骨盤底の回復に努めましょう。また、出産後すぐにコルセットやガードルでおなかを締め付けるのは骨盤底に負担をかけるのでオススメできません。

産後1カ月すぎから
会陰の痛みが治まったら、骨盤底を回復させるためのトレーニングを始めましょう(トレーニングの仕方は下記)。この時期から産後8週間頃まで行いたいもの。それ以降も習慣として続ければ、骨盤底を丈夫にし、中高年期の尿もれを防ぐことが期待できます。

PAGE TOP



骨盤底トレーニングとは?
骨盤底トレーニングとは、骨盤底にある筋肉をを上手に使う目的で行う、骨盤底筋の《お稽古》です。トレーニングといっても力がいるわけでもなく、いつでも手軽にできるもの。道具もいっさい使わずにできるので是非トライしてください。「産後から随分たってしまった!」という人も、今からでもやるにこしたことはありませんよ!

トレーニングのポイント
 
POINT
骨盤底を絞める正しい動作で行うこと
POINT
毎日継続して行うこと
POINT
1日2回10分ずつ程度でOK

カンタンですよね?

骨盤底トレーニング

1 床に膝を楽に立てて座り、背中を軽く壁にもたらせます。 イラスト1



2 骨盤底の位置を自分の手指で確認します。
※骨盤底の位置についてはこちらを参照>>
(リンク先ではイスに座った状態になっていますが、床に座った姿勢でもOK)



3 1 の姿勢のままリラックスして、1分間に12〜14秒の割合で、骨盤底を締めます(これがきつい方は、最初は5秒ぐらいから始めてかまいません)。肛門、尿道、膣全体を締め、陰部全体をじわじわっと引き上げる感じです。
※このときおなか、足、腰などに力が入らないようにすることがポイント!
イラスト2



4 1分間の残りの46〜48秒は、からだからすっかり力を抜きます。



5 3、4 を10回、10分間繰り返します。
たったこれだけです!2〜3週間続けると効果が実感できますよ!


 


 
産後4カ月すぎても尿もれがおさまらないときは?
出産で骨盤底が少々たわんだために現れた軽失禁であれば、骨盤底の回復とともに自然にほぼもれない状態に戻ります。でももし、産後4カ月以上たってもまだパッドがとれないとしたら、長い将来のことを考えると、排尿指導やその他の治療なども大切です。女性の排尿診療に実績のある泌尿器科や産婦人科へ受診するのがよいでしょう。
 


PAGE TOP



誰にでもある尿もれには快適な対処を
プレママやママなら誰でも経験しておかしくないのが尿もれ。でも人には言いにくいし、
どうしていいか悩んでいた人も多かったのでは? 骨盤底の大切さがわかったら、
今日からでもトレーニングを始めてくださいね。
もうおわかりと思いますが、お産のときには、骨盤底の力をすっかり抜いてできるだけリラックスして赤ちゃんを通してあげることが、赤ちゃんのためにもママの骨盤底のためにも、とても大切なことなんです。だからこれから2人目の出産を考えているママは、ふつうの骨盤底トレーニングだけでなく《骨盤底》の力を抜くというお稽古をしてみましょう。
「今妊娠中で尿もれがある!」と言う人や、産後に尿もれがあってトレーニングの効果が待てない、という人は、専用パッドが強い味方!


専用パッドはここが違う!
軽い尿もれ対策に、生理用ナプキンやおりもの用のパンティライナーを使っている人いませんか?経血やおりものと尿では成分が違うので、より快適に過ごすには専用パッドがベストです。
パンティーライナーだと… 生理用ナプキンだと… 専用パッドなら!

専用パッド「チャームナップ《さわやかライナー》&《さわやか超吸収》」の詳細はこちら>>
産後のカラダのケアは、10年、20年後にも影響すると言います。
それは骨盤底も同じこと。
出産直後の人は自分の体調と相談しながら、出産から日がたっている人は今からでも、骨盤底トレーニングを毎日の習慣にして、尿もれに悩まないカラダづくりをしましょう!
今は尿もれしても、普段と変わりなく過ごせる専用パッドがあるからいっそう安心ですね!


尿もれについてもっと詳しく知りたい人はこちらへ>>


日記を書く人募集中!!


ユニ・チャームの関連サイト「尿もれケアナビ」
【わたしのセルフケア日記】にあなた日記を掲載してみませんか?

* 日記の内容は、尿もれのことばかりでなくて結構です。マタニティの日々記録や育児の生活日記に、ほんの少し尿もれやおしっこに関すること、その日行なったトレーニングのことなどを盛り込んでいただければ大丈夫です。
* 日常のさまざまなシーンの写真もご紹介したいので、デジタルカメラの画像を
メールでお送りいただける方にお願いしたいと思っています。
* 掲載はニックネームで可。顔写真をお出しいただく必要はありません。
* 執筆者には、専用品のサンプルなどをプレゼントいたします。
* ご希望の方は、「セルフケア日記希望」と明記の上、
  (1) お名前
(2) 年齢
(3) メールアドレス
(4) 簡単なプロフィール
と、家族構成や趣味、尿もれについて困っていること
などをご記入の上、こちらからメールにてお申込みください。
  尿もれケアナビ【わたしのセルフケア日記】はこちら
 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • ムーニー Sサイズサンプルプレゼント実施中!
  • 今だけ!限定デザインマミーポコ!
  • ベルメゾン おしゃれに輝くママを応援!産後ママSHOP
  • ベルメゾン みんなの育児日記無料プレゼント
  • ベルメゾン 何枚あってもうれしい!990円以下(本体価格)長袖Tシャツ
  • ダノン&ユニ・チャーム スマホアプリ「カタリナ」でママが選んだ人気商品をお得に買えるキャンペーン実施中!