スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

産後の体型リフォーム

取材協力:(株)千趣会
BELLE MAISON

まだ間に合う!あきらめないで! 妊娠前の体型にリフォーム!

妊娠中は誰でも母胎を守るために妊娠前より脂肪がついてふっくら。
出産すればいつかは戻ると思っていたら……。
残念ながら、多くのママは体型の崩れに悩んでいます。
でもあきらめないで!
いつまでもキレイなママでいてほしいのは、ママ自身だけでなく、家族みんなの願いかも!?

今の自分から目をそらしていない?

まずは今の自分の状況をチェックしてみましょう。当てはまるものにチェックしてください。

 出産後3カ月以上たったのに体重が元に戻らない
 断乳したのに、授乳中の食欲のまま
 出産後、体重計に乗る回数が減った
 出産後、鏡を見る回数が減った
 体重は元に戻ったのに、妊娠前の服で着られない(入らない)ものがある
 おなかの皮が伸びたままだ
 入院中の産褥ニッパー以外に、リフォームインナーは使っていない
 出産後、家族や知人が自分の後ろ姿を見ても気づいてくれなかったことがあった
 出産後、運動をほとんどしていない

 

1つでもチェックがついたら、体型変化予備軍の恐れアリ。
チェックの数が多いほど、体型が元に戻らない要素がたくさんあるということ。
「ママになったのだから、母親らしい体型に満足している」と言える人はもちろんそれもOK。
でも「今の自分は仮の姿」と思っていて、現実から目をそらしていたらずっと仮の姿のままかもしれませんよ。

体重は戻っても、体型は戻らない!?

「母乳育児なので、みるみる体重が減ってきた」という人も多いかもしれません。でも「子どもが卒乳した後に、授乳中と同じ量の食事をしていたら太ってしまった」という卒乳リバウンド経験者も少なくありません。

また、ベビータウンで行ったアンケートでは衝撃的なデータが!
右のグラフのように、出産後1年以内に体重が元に戻ったと答えた人は3分の2。けれど、体型が戻ったと答えた人はわずか4分の1しかいなかったのです。
つまり、体重は戻っても体型は崩れてしまったという人が、いかに多数派かということ。
体型が戻ってない部位は、「おなか」が4割以上と圧倒的。ついでウエスト、ヒップというように、おなかを中心にお肉がついたまま。つまりオバサン体型に近づいてしまったということ!?

あきらめず、今からできることを!

体型が変わってしまうと、妊娠前のウェアが着られなくなってしまうという物理的・経済的なデメリットもありますが、
年より老けて見られてしまったり、パパの見る目が変わったり、なんてこともあるかもしれません。
でも間に合わないことはないのです。脂肪が流動的になると言われている産後6カ月間に手を打てば、
妊娠前より美しいボディを目指すことだって夢ではないのです。6カ月をすぎても、妊娠の影響がなくなる
約1年間は体は元に戻ろうとしています。
体型リフォームは、自分があきらめるかどうかがすべてなのです!

リフォームはダイエットとは違います

産後のリフォームは、一般的なダイエットとは異なります。体重が減っても体型が戻らないママが多くいたことからもわかるように、リフォームは体重を減らすことより、「体型を整える」のが目的。 出産を経たママの体は、子宮、骨盤、皮下脂肪など、妊娠を通してさまざまな部分で変化を体験しています。リフォームは体調に合わせて段階を追って進めていくべきものです。産後の体型の崩れを気にするあまり、出産直後から無理をしてきついガードルを着けたり、激しいエクササイズをするのは、骨盤や体調の回復を妨げることになります。

リフォームインナーはなぜ必要?

本格的にボディラインを整えることを考えたら、産後2週間過ぎくらいから徐々にエクササイズを取り入れて、その後も継続的に運動をして筋肉をつけるのが一番。筋肉がつくことで脂肪を燃焼しやすい体になれるからです。
けれど体型が変わってしまったままの状態でただ運動しても、予想していない場所に筋肉がついてしまうかもしれません。
リフォームインナーは、理想的なボディラインを目指すために、お肉が正しい位置におさまることをサポートしてくれます。
また、育児をしながら運動を継続させること自体がむずかしい場合にも、リフォームインナーなら毎日着用するだけだから、続けやすいというメリットもあります。

ステップごとに選ぶリフォームインナー

体型リフォームは出産直後から始まっています。入院中には産褥ニッパーをつけていたけれど、
退院後は何もしていない、という人も多いかもしれません。
産後すぐにつける産褥ニッパーとその後のインナーでは役割や目的が異なるのです。

ステップごとに選ぶリフォームインナー

産褥ニッパーは骨盤の戻りをサポートするものなので、就寝中は長期にわたって使ってほしいもの。
骨盤のゆがみは様々な体調変化の原因になるといわれています。

今まで何もしてなかった育児中のママも、STEP4からでも是非やってもらいたいです!
育児に追われる生活でも無理なく続けられます。

ベビータウンが育児中のママにオススメするリフォームインナー
おなかぽっこりも気になるけれど、知らない間についていて年齢を感じさせてしまうのが背中のお肉。どうせやるなら全身のラインをすっきりさせることを目標としませんか?
出産後2週間目からがんばりたい人に(STEP3)

ベルメゾン限定!「トリンプ」のリフォームガードル

裏打ち布と独自の立体的に切替えた美しいシルエットが、ウエストから太ももまで広範囲をしっかりカバーするハイウエストタイプ。はくだけで下半身が見違えるようにすっきり!ウエストからわき腹を自然に引き締めながら、ヒップの丸みをつぶすことなく美しいラインに整えます。着心地の良さにもこだわった産後リフォームの頼りになる一枚です。
ロングリフォームガードル(トリンプ)について詳しくはこちら>>
STEP3でがんばりたい人に、その他のハードタイプインナーはこちら>>
STEP3で自然に無理なくリフォームしたい人向けのインナーはこちら>>
出産後3カ月以降でもあきらめたくない人に(STEP4)

ソフトタイプのシェイパーで体型戻し、諦めないで続けよう!

家事や育児をしながら着用していても、窮屈さを感じずに過ごせるインナーなら、ボディラインをすっきり見せながら気づいたらリフォームしてた!ということも夢ではありません!
ソフトタイプのシェイパー&ガードルで無理なく全身すっきり
脇すっきりボディシェイパーについて詳しくはこちら>>
STEP4で無理なくリフォームしたい人向けのその他のインナーはこちら>>
プレママのために、出産前に準備しておきたいインナーのすべてについては、
ベビータウンの姉妹サイト「プレママタウン:おすすめグッズ『ママのインナーまるわかりガイド』で
ご紹介しています>>

 

リフォームインナーを選ぶときの注意ポイント
リフォームインナーの着用期間はあくまで目安です。実際に着用する際は体調を考慮しながら、
医師と相談の上無理の無いように取り入れてください。
目標のボディサイズがあるからと、小さめを選ぶのは間違い! 基本は妊娠前のジャストフィットサイズを
選んでください。ただし妊娠中の体重増加が多かった人は、下記を目安に選びましょう。
臨月までに妊娠前より 8kg未満の増加だった人 妊娠前のサイズ
8〜11kgの人 妊娠前より1サイズ上
11kg以上増えた人 妊娠前より2サイズ上

赤ちゃんが成長して、保育園や幼稚園に通い出すと
人前に出ることも多くなってきます。
そのときに「●●ちゃんのママはスリムでキレイ!」って
言われたらうれしいですよね。
その日は意外とすぐやってきます。
今のうちにこっそりと、体型リフォームをがんばっておきませんか?

 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • 先輩ママに選ばれてNo.1 ムーニー
  • おねしょ安心オヤスミマン
  • 1,000円OFFクーポンプレゼント|通販(通信販売)のベルメゾンネット
  • ベルメゾン みんなの育児日記無料プレゼント
  • ベルメゾン ベビー30周年|通販のベルメゾンネット