スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

赤ちゃんのお祝い行事

LINEで送る
ベビータウンポイントキャンペーン
みんなの大アンケート結果発表
みんなはどうだった?赤ちゃんのお祝い行事

イラスト前号では赤ちゃん誕生のお祝いの贈り物についてベビータウン会員のみんなのアンケート結果をお送りしました。
今回は、お祝いの行事についてみんなはどうしていたかを大発表!
プレママにも参考になるので必見です!

お祝いの贈り物についてはこちら>>


赤ちゃんのお祝いにはどんな行事がある?
赤ちゃんの誕生や健やかな成長を祝う行事はいろいろありますね。最近は核家族化にともなって、形式的な行事はやらなくなっている家庭も増えいているようですし、地域によって内容が異なることもありますが、一般的には下記のような行事が伝統的に行われています。

帯祝い
いつ頃やるの?
妊娠5カ月目の戌の日
なんのためにするの?
犬が多産でお産が軽いことにちなみ、安産祈願のため
どんなことするの?
腹帯を締めて、神社などで安産祈願をします。正式には紅白の「岩田帯」と呼ばれる絹の帯に木綿の帯を、妊婦側の実家から贈るのが慣わしでしたが、今は自分でマタニティガードルを買う、などの略式でする人も多いようです。

お七夜
いつ頃やるの?
誕生の日から数えて7日目
なんのためにするの?
赤ちゃんの誕生と名前のお披露目をし無病息災を願う
どんなことするの?
正式には名付け親が、赤ちゃんの名前を書いた奉書紙を、白木の台にのせて、鯛や鯉を添えて贈ります。現在では半紙に名前を書いたものを部屋に貼って、親族でお食事をするなど略式がほとんどのようです。

お宮参り
いつ頃やるの?
正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目と言われていますが、生後1カ月前後で、ママの体調や天候の良い日がよいでしょう。
なんのためにするの?
地元の氏神様に赤ちゃんの誕生を感謝し、無病息災を祈願
どんなことするの?
神社に参拝し、お祓いをしてもらうのが一般的です。慣わしでは参列者は紋服を着用し、パパ側のおばあちゃんが赤ちゃんを抱いていくことになっていますが、衣装も参列者もこだわらずに、その家庭にあった方法でやっている人が多くなっています。

お食い初め
いつ頃やるの?
生後100日目か120日目
なんのためにするの?
「一生食べ物に困らないように」という祈願
どんなことするの?
正式には、食器は白木の三方、土器の椀皿、柳の白木箸を使い、お膳は一汁三菜で山盛りのご飯にの上に小さな握り飯をのせたもの、鯛か鯉の汁、尾頭付きの鯛などの焼き魚、煮物などを食べさせる真似をします。内祝いなので正式でなくても新しい食器で、家庭なりのメニューで行ってもよいでしょう。

初節句
いつ頃やるの?
生まれてから最初の、女の子は3月3日(桃の節句)、男の子は5月5日(端午の節句)
なんのためにするの?
無病息災の祈願
どんなことするの?
慣わしではママ側の実家から、女の子の桃の節句にはひな人形を、男の子の端午の節句には武者人形や鯉のぼりを贈り、桃の節句ではちらし寿司、蛤のお吸い物、ひなあられなどを食べ、端午の節句ではちまきや柏餅を食べます。現在では家屋の事情などで人形や鯉のぼりは簡素化され、ママ側の実家から贈るとは限らないようです。

初誕生
いつ頃やるの?
満1歳のお誕生日
なんのためにするの?
無事に1歳を迎えられたことを感謝し、無病息災を祈願
どんなことするの?
力餅や立餅と呼ばれる祝い餅を赤ちゃんに背負わせる慣わしがあります。お誕生前に歩くと、将来家から遠く離れて暮らすようになると言われ、そうならないために早くから歩き出した子どもには餅を背負わせてわざと突き倒した習慣があったそうですが、今ではただ餅を背負わせるだけのことも増えています。


では、みんなは実際にどうしているのでしょう? ベビータウン会員のみんながどうしたかアンケートを実施した結果を見てみましょう!
アンケートには、なんと2852名のママが協力してくれました!みなさん、ありがとうございます!


PAGE TOP


なるべくたくさんの人に祝ってもらいたいけれど…
赤ちゃんが産まれてから1歳のお誕生日までに集中して行われるさまざまな行事。それぞれ誰と一緒にお祝いしたのでしょう?

赤ちゃんの行事は誰とやりましたか? 赤ちゃんの行事は誰とやりましたか? 赤ちゃんの行事は誰とやりましたか?

「やった」と答えた人が一番多かったのが「初誕生」。お誕生日は初誕生に限らず、きっと毎年お祝いを続けることでしょう。次いで「初節句」「お宮参り」。お宮参りはママ・パパ両家のおじいちゃん・おばあちゃんを迎えている人が3割以上と、赤ちゃんのお祝い行事では最も重要視されているようですね。
でも、「パパ親優先かママ親か、調整するのが面倒!」、「大人は張り切っていたのに子どもが熱を出した」などのママの声がとっても多く、育児にまだ慣れていない時期に行事をこなすことは、ママにとっては楽しみ反面、負担にもなっているようですね。


PAGE TOP


みんなどんなふうにしているのかな?
行事は赤ちゃんの成長を祈る気持ちがあることが一番。形式は自由に考えるのが今では一般的ですが、とはいえみんながどうしているかはちょっと気になりますね。主な行事について見てみましょう。

お七夜編 生後7日目とママと赤ちゃんが退院直後のため、実行している人が最も少なかったお七夜。「やった」と答えた人の中でも、「命名をちゃんと半紙に筆で書いた」という人は64%でした。ではそれは誰が書いたのでしょう?
「お七夜」で半紙に名前を書いた人は誰ですか 「お七夜」で半紙に名前を書いた人は誰ですか

名前を書いているのはパパ以外では家庭によってさまざまなようですね。
なかにこんな笑えたり泣けるエピソードも。


「父が書道の師範のため、命名を半紙に書くときこだわってこだわって、結局納得のいく1枚を書き上げるのに1週間掛かりました。」(神奈川県のママさん)

「お七夜のときはまだ私と赤ちゃんは入院中でしたが、パパの両親が半紙に命名を書いてFAXでパパに送ってくれて、パパが病院に持ってきてくれました。名前はパパが付けたのですがわざわざ半紙に書いて病院に届けてくれるなんて幸せな子だと感動しました。」(大阪府のママさん)
「名前を実家の両親に反対されて両親としっくりいかず命名式なんてとんでもない状況に…。ひっそり夫婦で命名式をやろうとしていたら、私の兄が書道専門の先生に名前を書いてもらって持ってきてくれました。とても嬉しかったです。」(兵庫県のママさん)


お七夜編 85%以上の人が行っているお宮参り。神社に行ってお参り以外に何をしているのでしょう?
お宮参りで何をしましたか? お宮参りで何をしましたか? お宮参りで何をしましたか?

おじいちゃん、おばあちゃんも集まる行事なのでみんなでお食事をするのによい機会のようですね。ただ、ママ側、パパ側それぞれの実家のしきたりが違っていたりで、両方の顔を立てたり、2回やったりと、ママが最も苦労した行事でもあったようです。
「その他」の回答では、「記念写真を撮った」という回答が多く見受けられました。
生後まだ1カ月の赤ちゃんなので、お祓いを受けている最中や記念写真を撮る際に、ぐずってしまったり眠っていたりというエピソードだけでなく、「せっかくオシャレさせているのに何回もウンチして冷や冷やだった」という声も多数。いずれにしても思い出深い行事のようですね。



お食い初め編 実際にはまだ離乳食が始まる前の時期なので、75%以上の人がお食い初めをやっているのはちょっと意外?でも形式はかなり現代的になってきているようです。
「お食い初め」の食器は正式なもので行いましたか? 「お食い初め」の食器は正式なもので行いましたか?

お食い初めエピソードで最も多かったのは「赤ちゃんが本当に食べようとしてビックリした」ということ。また、意外と多かったのが「尾頭付きの鯛を入手するのが大変だった(入手できなかった)」こと。そんなとき、ママたちは…?


「お食い初めのときに食器は後でも使えるように普通のものをと思い、愛子様と同じひよこの食器を買いに行ったら、注文殺到でいつ入荷するか分からないとのことでびっくりでした。当日は、デパートに鯛を買いに行ったのですが、予約してなかったので3軒目のデパートでやっと見つかりました。これからお祝いする人、鯛を買うなら予約した方がいいですよ!」(東京都のママさん)

「慌ててスーパーに行ったら『鯛の尾頭付き』が売っていなく、『頭とシッポがついていればいいや』と、子供には可哀相だけど、焼きやすいサンマで代用しました…。今でも写真を見ると、『サンマでごめんね』と、この時のことを思い出します。」(北海道のママさん)

一方、行事で頼りになるのはやっぱりおじいちゃん、おばあちゃん。でも事情はいろいろのようです。


「お食い初めの時は、私の両親が信じられないくらい大きい鯛の尾頭付きを持ってきてくれました。私が小さい頃からお世話になっているお魚屋さんで注文し、綺麗に焼いてくれた物を持ってきてくれ、とても美味しかったです!」(神奈川県のママさん)

「お食い初めをする旨を主人の両親に伝えたら、来ることができないからと50cm以上の鯛が送られてきて、食べきれず最後は腐らせることに…。」(埼玉県のママさん)

泣けるエピソードも届きました。


「足が不自由で孫を抱っこできない義父ですが、お食い初めでは『年長者からお箸で食べさせてもらう』慣わしでとても喜んでくれました。立つこともきついので滅多に行事の主役級になりづらい控えめな義父ですが、このときはとても嬉しそうでした。」(福岡県のママさん)


PAGE TOP


行事の費用は誰が負担している?
おめでたい行事でもお金はつきもの。出産に育児にと、何かとお金がかかる時期なので、お祝いごとには実家のヘルプがあるとうれしいですね。みんなはどうだったのでしょう?

行事の費用は誰が負担しましたか? 行事の費用は誰が負担しましたか? 行事の費用は誰が負担しましたか?

いずれの行事でも、ママ・パパ2人で費用を出している家庭が主流でしたが、行事の種類によって昔からのしきたりがまだ残っているのかママ側の実家、パパ側の実家と特色が出ています。特に費用がばかにならない初節句は、両家の援助が高い比率を占めています。それにしてもお節句の人形は一生ものとは言いつつも、どうしてあんなに高いのでしょうね…。




お金がかかったり、やること自体が大変なお祝い行事。
赤ちゃんにとっては一生一度のことだから古い風習とはわかっていてもやってあげたいのが親心ですね。
健やかに育ってほしい祈りと願いの心さえあれば、形式にはこだわらなくてもいいのではないでしょうか。
お祝い行事に関するママ仲間の思い出深いエピソードや、地域ごとの特色ある行事についての体験談はこちら

PAGE TOP
 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう