スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

ママのやさしさで赤ちゃんをあやすバウンサー

LINEで送る
ベビータウンポイントキャンペーン
取材協力:(株)千趣会
BELLE MAISON

プレママ&新米ママ必見!赤ちゃんが喜び、成長を促すバウンサー

バウンサーって聞いたことありますか?
「いまどきのゆりかごみたいなもの?」と思うママも多いかも。
でもそれだけではないのです。
できればいつも抱っこしてあげたいけど
そうもいかない忙しいママの気持ちや、
ママと離れていても楽しくしていたい赤ちゃんの気持ちを考えた
現代育児の必需品といえるものなのです!

ママの1日は大忙し!

新生児の赤ちゃんは、2・3時間おきに授乳、おむつ替えが待っています。
成長とともに少しずつ間隔はあいてくるものの、大人と同じペースで生活するのはまだ先のこと。授乳やおむつ替えの合間も、赤ちゃんはずっとねんねしているとも限りません。
ときどき目を覚ましては、ママに遊んでほしそうにしていたり。
ずっといっしょに遊んでいたり、天使の寝顔を見つめていたいのはやまやまですが…。ママにはやらねばならないことがいっぱい。赤ちゃんのお世話の間に、お掃除、洗濯、炊事などの家事をこなすため、ママはおうちのいろいろな場所に移動しなければなりませんね。

さて、そんなとき、赤ちゃんにどこにいてほしいと思いますか?

 ※赤ちゃんにいてほしい場所にマウスを当ててみてください。

いつもママの目が届くところに、赤ちゃんの居場所をつくりたいと思いませんか?

赤ちゃんはどうしたら喜ぶ?

赤ちゃんが喜ぶのはどんなときでしょう? 赤ちゃんが泣いてしまったとき、ママはどうしていますか? 抱っこしてゆらゆらさせているのではないでしょか。
そう、赤ちゃんはゆらゆらが大好き。
泣いている赤ちゃんでも、ママやパパがやさしく軽く揺らしてあげると泣きやんだり、お布団に置くと泣いてしまっても、抱っこしながらゆるくリズムを取ってあげるとスーッと眠ったり、赤ちゃんは「やさしく揺らす」ことが大好きなのはママも日々の体験で実感していると思います。

なぜ赤ちゃんは揺らされるのが好きなの?

人間が揺れを感じるのは、耳の奥にある前庭器官の中のリンパ液が動くから。前庭器官は平衡感覚を司る器官で、おすわりやたっちができるようになるための大切な部位です。
そしてなんと、ママの胎内で受精してから約10週後にはできあがっています。だからママのおなかにいるときから、ママの動きをちゃんと感知しているのです。
赤ちゃんが喜ぶのは、やさしい揺れによって前庭器官が刺激されるためであることが、最近の研究でわかってきました。
揺れることによって、ママのおなかにいたときのような安心感を感じたり、寝返りやおすわりができる日に向けて平衡感覚が養われていくことを、もしかしたら赤ちゃんは感じているのかもしれませんね。

バウンサーってどういうもの?

バウンサーは、まだ腰がすわっていない赤ちゃんでも座らせておける、ハンモックのような構造のベビーチェア。さらにバウンド機能がついていて、赤ちゃんが自分で動くとバウンサーも一緒に揺れるから、赤ちゃんは大喜び!
折りたたみができるものがほとんどなので、おうちのいろいろな場所に移動させて使うことができ、家事をしているママは自分の居場所や目の届くところに赤ちゃんを連れていくことも簡単。
ママと離れていても、顔が見えるところで自分でゆらゆらできるから、赤ちゃんはママに抱っこされているように楽しみながら、ママのお仕事が終わるのを待っていられるのです。

ベビータウンがおススメするバウンサーはこれ!

バウンサーバランス ソフト

バウンサーバランス ソフト 赤ちゃんが自分の動きで揺らすことができて大喜び。
赤ちゃんにやさしいゆったりとした揺れで、揺れやすく止まりやすいことが特長です。
3段階のリクライニング式なので、ねんねから離乳食をあげるときまで、さまざまなシーンで活躍します。

赤ちゃんの成長と安全性にとことんこだわる、スウェーデンのベビービョルン社の製品だから安心!

ママの代わりに赤ちゃんをあやしてくれて、
平衡感覚の成長も促してくれるのがバウンサー。
ママがくつろぎたいときも、赤ちゃんを側に寝かせておけるし、
場所を取らないから実家に帰るときなども簡単に持ち運べます。
いつでもどこでも特等席が用意されているのは
赤ちゃんもうれしいはず。
現代の育児の必須アイテムですね!
 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう