スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

おふろ・スキンケア・衛生の基礎知識

小さな赤ちゃんの体には、大人と同じ数の汗腺があります。どんどん大きくなっていく赤ちゃんは新陳代謝も激しくとっても汗っかき。だからねんねの時期でも、毎日体を洗ってきれいに清潔に保ってあげることが大切です。

INDEX

 
 

新生児の沐浴

沐浴とは?

新生児期は体をごしごし洗うのではなく、ためたお湯の中でやさしく汚れを落としてあげる「沐浴」が毎日の日課。抵抗力が低く、雑菌などに弱いので、1カ月ぐらいは家のおふろではなく、ベビーバスで沐浴します。

沐浴に必要なグッズ

ベビーバス

赤ちゃんの体に合わせ、そしてママやパパが入れやすいように設計されたベビーバス。リビングなど快適な所、入れやすい所で使えます。ちょっと小さめのシンク専用のバスもあり、こちらは給水・排水がラク。それぞれの家庭にあったおふろタイムを想定して選びましょう。

浴用ネット

ベビーバスのふちにかけ、ハンモックのように赤ちゃんの体を支える浴用のネット。これがあると、両手が使えるので、ママやパパの負担がずいぶん軽くなります。

洗面器

ガーゼやタオルをぬらしたり、差し湯や上がり湯をかける時に使ったり。赤ちゃん専用の洗面器が1つあると何かと重宝します。うんちの後におしりだけ洗ってあげる時にも便利です。

湯温計

赤ちゃんのおふろの適温は38度前後。大人の感覚では案外わかりにくいし、洗っている間にお湯が冷めてくることもあるので、適温チェックは必要。後々おもちゃとしても使えるかわいいデザインのものもあります。

沐浴布

いきなりお湯につけられるとビックリして泣き出す赤ちゃんも。大きめのガーゼでくるんでそっと入れてあげましょう。全身をくるむので、手足バタバタ!で慌てることもありません。

ベビーソープ

赤ちゃん用のソープは刺激の少ない、肌にやさしいものを選びましょう。敏感肌用のタイプもいろいろあります。また、よく泡立つものや、最初から泡で出てくるタイプがおすすめです。

沐浴剤

沐浴剤を入れれば、石けんを使わずに汚れも落とせます。すすぎもいらないので、ママの負担をだいぶ軽くしてくれます。

ガーゼ・スポンジ

やわらかいガーゼは汚れ落ちもよく、指先に巻き付ければ、耳の後ろや首などくびれの中など細かいところまで洗えます。スポンジを使えばうまく泡立てることができます。

沐浴の手順

1.ベビーバスにお湯をはる

湯温計を使って適温38度前後に調節。大人が少しぬるく感じるくらいの温度です。7分目ぐらいまでお湯を入れましょう。

2.赤ちゃんを沐浴布にくるんでお湯につける

ガーゼや薄いタオルなどにくるんでから不安を和らげるため抱き上げて、ゆっくりとつま先からお湯に入れます。

 

3.顔を洗う

お湯でぬらしたガーゼを軽く絞り、目、おでこ、頬、あごとやさしく拭き取る感じで。石けんを少しつけても。

 

4.頭を洗う

頭皮は汚れがこびりつきやすいので、しっかりと洗い落とします。シャンプーを手に取り、指で円を描くようにていねいに。

 

5.体の前側を洗う

首から腕、指先、胸、わき、おなか、足へと洗っていきます。首や手首、足首のくびれの奥までしっかり洗いましょう。ももの付け根や股の間もきれいに。

 

6.背中・おしりを洗う

赤ちゃんがびっくりして怖がらないよう、ゆっくりと腹ばいにして腕にのせ、背中とおしりを洗います。特におしりはしっかりと洗います。仰向けのままで洗ってもOK。

 

7.きれいなお湯ですすぐ

最後に洗面器に用意した上がり湯やシャワーで肌についた余計な洗浄成分を洗い流します。沐浴剤はすすぎの必要はありません。沐浴の時間は5〜6分が目安です。

8.タオルで拭く

あらかじめ広げておいたバスタオルの上に寝かせ、巻きつけるようにして水分を拭き取ります。水分を残さないよう、ていねいに拭き取ってあげましょう。

 

首がすわってからのおふろ

おふろデビューはいつ?

生後1カ月頃を過ぎるとベビーバスも小さくなってきて、抵抗力もだいぶついてくるので、そろそろパパやママと一緒におふろデビューのタイミング。でも首がすわるまえは湯船でも洗い場でもしっかり首を支えてあげましょう。熱くしすぎないよう気をつけて、大人にはちょっとぬるめの38度を目安に。長風呂だと赤ちゃんはのぼせてぐったりしてしまうので15分以内に上がるようにしましょう。

赤ちゃんのおふろに便利なグッズ

シャンプーするときや、ママやパパが体を洗う間、赤ちゃんを座らせておけるお風呂用のベビーチェアがあると便利です。リクライニングできるものや、おもちゃつきのものも。安定感のあるものを選ぶようにしましょう。また、楽しいおもちゃがあれば、赤ちゃんのおふろ嫌いも克服。カラフルでお湯に浮かぶもの、口に入れても安全なもの、汚れやカビがつきにくいものを選びます。
また、ベビー用・ママ用のバスローブをそれぞれ用意しておくと便利。ママが着替える間の赤ちゃんの湯冷め防止に、ママと赤ちゃんが時間差であがる際に、ママ自身の湯冷め防止にも役立ちます。

 
 

おふろ後の衛生

赤ちゃんの衛生の必要性

新陳代謝のはげしい赤ちゃんは、爪がのびるスピードも速く、耳あかなどもたまりやすいので、おふろでさっぱり、気持ちよくなった後にまとめてお手入れしてあげましょう。お手入れしながら、傷や肌のトラブルなどがないかをチェックしましょう。

おふろ後のお世話

1.おへそのお手入れ

生後1カ月ぐらいになってへその緒の後のじゅくじゅくが残るうちは、おふろの後に綿棒でやさしく水分を吸い取り、産院でもらった乾燥剤か消毒用アルコールできれいに。

2.服を着せる

体のほてりや汗が引くまで待って、おむつをつけ、肌着やウェアを着せます。慌てて服を着せると、かえって汗をかいて湯冷めするので気をつけて。

3.耳・鼻の手入れ

綿棒にベビーオイルをつけてくるっと回して鼻の穴、耳の中をおそうじ。奥まで入れる必要はありません。赤ちゃん用の細軸綿棒を使って。

4.爪を切る

ベビー用の爪切りで指を握りながら少しずつ切ってあげましょう。いやがるようなら寝ている時に。

5.湯冷ましを与える

おふろで喉が渇くので、哺乳びんに入れておいた湯冷ましを。欲しがらないようならムリに飲ませなくても大丈夫です。

 

スキンケア

赤ちゃんのお肌について

汗腺が多く、新陳代謝が激しいので赤ちゃんはとっても汗っかき。その一方、赤ちゃんの皮膚はとっても薄く、ちょっとこすれたり掻いたりするだけで傷ついてしまうことも。肌の表面をおおう皮脂がバリア機能を果たしているのですが、おふろで皮脂を落としすぎると傷つきやすくなってしまいます。おふろ上がりにはベビーローションなどでうるおい成分をプラスして、肌のバリア力を高めましょう。

スキンシップのベストタイム

赤ちゃんのお肌のお手入れは、ママとのスキンシップタイムでもあります。ママがローションやオイルを手に取りやさしく肌につけてあげる時間は、赤ちゃんをリラックスさせ、心落ち着くひとときです。赤ちゃんの目を見て話しかけながらやさしくお世話してあげましょう。

スキンケアグッズの選び方

赤ちゃんのデリケートな肌を守るポイントは「清潔+保湿」。シャンプーやソープはやさしく洗い上げ、うるおいを取りすぎないものを。おふろ上がりにうるおいをプラスして閉じ込める、ローションやクリーム、オイルなどは、肌への刺激が少ないものを。赤ちゃん用に作られたスキンケアシリーズなら安心して使えます。

 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • #ぷりぷりフェイスコンテスト byムーニーマン
  • 夏だ!トイレトレーニング!トレパンマン!
  • 1,000円OFFクーポンプレゼント|通販(通信販売)のベルメゾンネット
  • ベルメゾン みんなの育児日記無料プレゼント
  • ベルメゾン フライス夏トップス:ママの声をヒントにした通園・通学服ブランドGITA