スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

きちんと知ろう、赤ちゃんの便秘

LINEで送る
ベビータウンポイントキャンペーン
取材協力:和光堂株式会社
wakodo
ウンチが出ないのは病気なの?
きちんと知ろう、赤ちゃんの便秘
新生児の赤ちゃんは日に何度も水のようなウンチをしているのに、
離乳食が始まると、ウンチの固さも回数も変わってきて
ちょっと出ないとママは心配になってしまいますね。
おとなにも便秘がちな人とそうでない人がいるように
赤ちゃんのウンチのようすもいろいろです。
今回は気になる赤ちゃんの便秘についてお話ししましょう。
2・3日ウンチが出ない! どうしよう?
「赤ちゃんの様子がヘン!」とあわてて病院に駆け込んで、お医者さんに浣腸してもらったらすぐ元気になった、というのはよくあること。
おとなも子どもも本来は毎日快便が理想的。でも体質によっては2・3日出なくて平気な人もいれば、1日でも出ないと体調や気分が悪くなる人もいます。
おとなは「便秘で調子が悪いな」と思ったら、運動したり薬を飲むなど自分で手を打てますが、赤ちゃんは体調を伝えることも対処も自分ではできないから、ママは心配になるのですよね。

2・3日赤ちゃんにウンチが出ないとき、まずは赤ちゃんからのサインを読み取りましょう。当てはまる方をクリックしてね。

便秘は病気? お薬や治療は必要?
そもそも便秘とは?
赤ちゃんが便秘になったことはありますか? グラフ
和光堂調べ
「便秘」とはみなさんもご存じのように、排便の回数が減って便が固くなること。
けれど「何日ウンチが出なかったら便秘」という定義はなく、体質によるとされています。だから2・3日の便秘なら深刻に考えなくても大丈夫。
それでも便秘が問題とされるのは、便秘が原因で引き起こされる「便秘症」という症状があるから。おとなでも赤ちゃんでも共通なのは、「おなかが張る」、「食欲がなくなる」、「ふきでものが出る」などなど。数日間の便通がないこと自体は問題がなくても、食欲がなくなることで体力が落ちたり、便が固くなって痔になったり、おとなの場合、大腸の病気の原因となることもあるので、他の症状や病気をひきおこす前に対処が必要、ということです。
赤ちゃんの場合、カラダも内臓も筋肉がまだ発達していないので、ちょっとウンチが固くなってしまうといきむことができずに便秘になりやすいと言われています。右のグラフからもわかるように、ほとんどの赤ちゃんが便秘を経験しているんですよ。
赤ちゃんが便秘になる原因は?
赤ちゃんが便秘になる原因は、主に以下の3つと言われています。
食事
  • 授乳や食事の量や、それらが規則的でないことによる食生活パターンのくずれ
  • また離乳食が始まったときに、授乳オンリーのときよりも水分が不足しがちになることなど
運動不足
  • まだ自分で運動できないことで、腸の動きも活発にならないこと
生活習慣
  • おむつかぶれや切れ痔によっておしりに痛みを感じることで、赤ちゃんがいきむことを我慢してしまって便秘になったり、不意のウンチを叱られたことで心理的にウンチを我慢することもあるそう。
おとなでも、食物繊維や水分が不足したり、運動不足だったり、ストレスや忙しくてトイレにいる時間をとれなかったりが原因で便秘になることがありますよね。
赤ちゃんも同じように、便秘になる原因はさまざまなんです。
生活のなかで、便秘は解消し予防できます!
上記のように、便秘の原因はすべて生活のなかにあります。つまり、ちょっとだけ赤ちゃんとの生活を変えることで便秘はなおるはず。そして生活の改善によって便秘を予防することもできます。これもおとなも一緒ですよね!
食事は…

授乳も離乳食も、生活のリズムのなかで規則正しくすることを心がけましょう。水分をたっぷりと、メニューはおいもやお豆、野菜など、食物繊維の多いものを増やしてあげましょう。

イラスト
運動は…

ねんねの赤ちゃんは、ママがあんよを動かしてあげたり、ときどきやさしくマッサージしてあげるのも効果的。寝返りやハイハイができるようになれば、広い床の上でのびのび遊ばせてあげましょう。

生活習慣は…

おしりまわりの痛みで赤ちゃんがウンチを我慢しないよう、おむつかぶれしないようなケアも忘れずに。また、おむつ替えのときや、お風呂のときに赤ちゃんが不意のウンチをしても、叱ったりママが不機嫌になったりしないようにね。赤ちゃんはいつもママの顔色を見ています。

*おむつかぶれ予防については下記をご参照ください
それでも便秘や便秘症が解消できないときは、
まずは赤ちゃんにやさしいお薬を使ってみましょう!
ひいおばあちゃんの時代から親しまれている「マルツエキス」
*マルツエキスについて詳しくはコチラ>>
ベビータウンの掲示板でも、大勢のママたちが「便秘のときは『マルツエキス』!」と紹介しあっています。
「マルツエキス」はさつまいもでんぷんを原料として、その麦芽糖でできたものです。見た目も味も水飴状で、赤ちゃんが服用しやすいのも人気の秘密。でもれっきとしたお薬です。
効き目がおだやかなうえ、副作用がないからつづけて服用しても大丈夫。多少多めに飲んでしまっても下痢になることがなく、固い便を軟らかくする作用もあります。
実はこの「マルツエキス」、ベビータウンサポーターである和光堂の前身「和光堂薬局」で、なんと明治39年から販売! 効果と安心な作用が、どの時代のママたちにもずっと使われつづけている理由なんですね。
「マルツエキス」は赤ちゃんのおなかでどう働くの?
便秘薬には大きく分けて「大腸の腸壁を直接刺激するもの」、「便のカサを増やすなど膨潤作用を起こさせるもの」、「腸内発酵を促して腸のぜん動運動を促すもの」の3つのタイプがあります。「マルツエキス」は3つ目の発酵を促すタイプ。
マルツエキスの麦芽糖は小腸で分解・吸収されにくく大腸まで届きます。麦芽糖は大腸のなかにある善玉菌の栄養分となり、善玉菌は短鎖脂肪酸という有機酸をつくります。よく耳にする「発酵」とは実はこのこと。腸内で発酵が起こると腸の運動が活発になって便が出やすくなる、というわけです。
「マルツエキス」の使い方
  • 温湯又は湯ざまし等に溶かして・・・
  • スプーンにとって、そのままの状態で
  • ゼリーやヨーグルト等に混ぜて・・
  • 果汁や麦茶、おもゆなど
便秘解消には生活習慣の改善が一番。
おとなも同じことだからわかってはいても
赤ちゃんの生活を変えてあげられるのは
ママやパパだけです。
努力してもうまくいかないときは
赤ちゃんにやさしいお薬に頼るのも手。
赤ちゃんの生活も、飲ませるお薬も
選ぶのはママとパパだから、
大事な赤ちゃんのためにちょっとだけ賢くなっておきましょう!

 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう