スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

健康・病気の基礎知識

抵抗力が弱い赤ちゃんはウィルスなどによってかぜを引きやすく、体力がまだないので重症になることもあります。大人が持っている病気の抗体もまだないので、小さいうちはいろいろな病気にかかるのは仕方のないことですが、防げる重症な病気は予防接種で予防し、いつもと様子が違うと思ったら医療機関の診察を受けるなど、普段から赤ちゃんの健康は最優先に気を配ってあげましょう。

INDEX

 
 

赤ちゃんの健康

病気にかかりやすくなる時期

生まれたばかりの赤ちゃんは、実はあまり病気にかかりません。ママのおなかにいるときにママからもらった免疫があるからです。これが切れるのが生後6カ月の頃。これ以降、次から次へと病気にかかることは珍しくないこと。病気になっても「おなかが痛い」などの言葉を話せない赤ちゃんですから、重症になる前に、具合が悪いサインをしっかりキャッチしてあげましょう。

病気のサイン

発熱

赤ちゃんは比較的頻繁に熱を出します。発熱は特定の病気ではなく、体にウィルスや細菌が入ると、これらと戦おうとする体の防御反応によって怒る症状の代表的なこと。
高熱が出るとそれだけでママは心配になりますが、熱が原因で赤ちゃんが死んでしまったり、脳に後遺症が残ることはありません。後遺症が残るのは熱ではなく、重病のもととなるウィルスが感染するためです。こうした病気のときは40度などの高熱を発するため、体温は重症度のバロメーターとなるのです。
他の症状がなく37度台のときはあまり心配ありませんが、38度以上の熱でぐったりしていたたらすぐに病院に連れて行きましょう。

発疹

赤ちゃんの病気には麻疹(はしか)や風疹など、発疹をともなうものがあります。発疹の色や形状、出方が病気によって異なるので、診断の手がかりとなります。
熱があって発疹が出ている場合はウィルス性の病気の可能性が高いうえ、伝染力が強い病気もあるので、ほかの赤ちゃんにうつしてしまう可能性もあります。病院に行く前に予め症状を連絡して、診察の時間や場所の指定を受けるようにしましょう。

鼻水

赤ちゃんは鼻腔がせまいため鼻づまりや鼻水は日常のことですので、それだけで病気を心配する必要はありません。また、寒いところから急に温かいところに行ったときなど温度の変化を感じると鼻水が出るのは大人と同じことです。普段よりも鼻水が多く出て、せきやくしゃみ、発熱をともなっていたらかぜの疑いがあります。
熱はなくても、くしゃみをともなう鼻水が続く場合は、アレルギー性鼻炎の疑いがあります。

せき

赤ちゃんは喉も大人より敏感にできているので、よくせきをすることがあります。鼻水もよく出すため、痰をともなうせきをすることがありますが、一時的なせきならほぼ心配はありません。
せきは喉が刺激を受けたときのひとつの症状なので、病気によるものかどうかは他の症状とあわせて観察しましょう。熱をともなっているときはかぜ、高熱のときは気管支炎や肺炎などの可能性があります。また胸のあたりがぜーぜーというせきをして、苦しそうにしているときは喘息の可能性があります。高熱がともなったり苦しそうなときにはすぐに医師の診察を受けましょう。

下痢

消化器官が未発達の赤ちゃんはよく下痢をします。そもそも離乳食が始まる前の赤ちゃんのうんちは、大人から見たらみんな下痢のようなものです。
離乳食が進んで、普段のうんちがコロコロになってきたときに、水っぽいうんちをしたら下痢です。離乳食で新しい食材を試したときなどにもよくおこります。
下痢をしていても熱もなく、食欲もあって普段と変わらないご機嫌だったら心配はいりません。
心配なのはウィルスや細菌による下痢です。嘔吐をともなって機嫌が悪かったり熱をともなっていたら医師の診断を受けましょう。
下痢は体の水分を奪って脱水症状をおこすことがあるので、赤ちゃん用のイオン飲料などで水分補給も忘れずに。

嘔吐

赤ちゃんは嘔吐もよくします。授乳後にげっぷと一緒に吐き戻しをしてしまうのは日常茶飯事。下痢と同様に心配なのは、ウィルスや細菌によるものです。下痢をともなって嘔吐を繰り返し、機嫌が悪く熱がある場合は医師の診断を受けましょう。

機嫌が悪い

赤ちゃんを病院に連れて行くと、先生から「ご機嫌はどうですか?」と聞かれることがよくあります。小児科の先生が言う「機嫌がいい」とはニコニコと笑うということだけではありません。「いつもの健康なときの赤ちゃんと違いますか?」ということ。つまり、ママが笑顔で声をかけたときに、うれしそうに反応を示すかどうかを聞いているのです。病気などでぐったりした赤ちゃんは、ママがかける声に反応する元気がありません。
いつもと同じ反応を示すかどうかが病気のバロメーターになりますから、普段から声をかけてたっぷりコミュニケーションをとって、「普段のわが子」を知っておくことが何より大切です。

病院に行くときのポイント

赤ちゃんがいくつもの病気のサインを示し、病院に行くときは、ママがあわててはいけません。正しい診断をしてもらうためにも、病院に行くまでの赤ちゃんの様子をしっかりお医者さんに伝える必要があります。
熱などの症状がいつから始まったか、熱は何度なのか、症状は継続したり繰り返し起きているのかを、できればメモをして行くと万全です。
健康保険の保険証とともに母子手帳も忘れずに。

ベビータウンサポーターガイド

 

予防接種

監修:
独立行政法人 国立成育医療研究センター
感染症科 医長 宮入 烈先生

ワクチンや予防接種って何?

ワクチンは感染症を予防するためのもので、原因となる病原体(細菌やウイルスなど)を元につくられた薬そのものを指します。予防接種は病気を予防するために、ワクチンを接種して体の中に免疫をつくる医療行為のことをいいます。免疫をつくることで、その病気にかからないようにする、もしくはかかったとしても軽くすむようになります。赤ちゃんは抵抗力が弱く、体力もないため感染症にかかると重症になることが多いですし、後遺症が残ることもあるので、積極的に予防接種を受けるようにしましょう。

予防接種の種類

予防接種は制度上、定期接種と臨時接種・新臨時接種(現在のところ対象となる疾病はありません)、任意接種の4つに分けられています。
また、使用するワクチンは成分の違いによって、生ワクチンと不活化ワクチンに分けられます。
それぞれの違いについて理解しておきましょう。

定期接種

国が「受けるように努めなければならない」としている予防接種で、決められた期間内ならば、基本的に無料で受けることができます。また、万が一、重篤な副反応がでてしまった場合も、予防接種と副反応の因果関係が認められれば国の補償があります。

任意接種

医師と相談のもと保護者や本人の希望によって受けるものです。基本的に自費になりますが、自治体によっては補助がでる場合もあります。“任意”というのはあくまでも制度上のくくりです。かかると重症になる可能性のある病気の予防のためのもので、小児科医の専門団体である小児科学会では多くの任意接種を薦めています。副反応についての補償制度は定期接種とは別になります。

ワクチンの種類

ワクチンの種類 生ワクチン
主なワクチン BCG・MRワクチン(風しん・麻しん)・水ぼうそう・おたふくかぜ・ロタウイルスなど
他の予防接種との間隔 4週間
性質 ●生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもの
●これを接種することによってその病気にかかった場合と同じような免疫ができます。
●接種後から毒性を弱めた病原体の増殖が始まるため、発熱や発疹などの軽い症状がでることがあります。
●充分な抵抗力ができるまでに約1ヶ月が必要です。

ワクチンの種類 不活化ワクチン
主なワクチン 4種混合・ヒブ・肺炎球菌・B型肝炎・日本脳炎・インフルエンザなど
他の予防接種との間隔 1週間
性質 ●細菌やウイルスを殺し抵抗力をつくるのに必要な成分を取り出してつくったものです。
●ワクチンが元の病気そのものをおこすことはありません。
●体内で病原体が増殖しないため何度か接種し免疫をつくる必要があります。

副反応ってこわいもの?

ワクチンは病気の原因となるウイルスや細菌の毒素を弱めてつくられていたり、他に免疫力を高めるための成分が加えられています。したがって予防接種では、軽い病気にかかったような状態になりますし、免疫力を高める成分は体に炎症を起こします。そのときに、熱がでたり、接種部位が腫れるなどの症状がでたりすることがあり、これを副反応といいます。ほとんどの場合は治療の必要もなく、自然と治ってしまうようなものです。
とはいえ、残念ながら重篤な副反応が全くないというわけではありません。そのため、ママたちの中には、予防接種がこわいものだという印象をもって敬遠している方もいるかもしれません。しかし、日本のワクチンは厳格な審査のもと、製造、販売されているので安全性はかなり高いもの。後遺症が残るような重篤な副反応がでる確率は、伝染病にかかる確率よりずっと低いのです。副反応をやみくもに怖がるのではなく、副反応のリスクと、感染症にかかった場合のリスクを両方理解し、赤ちゃんに一番良い方法を選んであげましょう。そうすれば、おのずと予防接種を受けたほうがよいという結論がでてくるのではないでしょうか。

同時接種って大丈夫?

2種類以上のワクチンを同じ日に接種することを同時接種といいます。沢山の予防接種を効率良く行うために必要と医師が判断した場合は、同時接種が行われます。同時接種により重篤な副反応が増えることがないことが確認されていて、今は多くの子どもたちが予防接種を同時接種で受けています。

予防接種のスケジュール

予防接種は、病気にかかる前に受けることが大前提です。その病気にかかりやすい年齢など医学的な根拠を元に推奨されている期間がありますので、ぜひその期間内に受けるようにしましょう。また、ワクチンの種類によって、他の予防接種を受ける際にあけなければならない期間もあります。それらを守って、病気にかかりやすく重症化しやすい病気から、早めに接種するようにしていきましょう。流行状況などそれぞれの置かれている状況も違いますので、優先順位についてはかかりつけの先生に相談してくださいね。

受けておきたい予防接種:早見表

*多くのワクチンは標準的な接種期間を外れた場合でも接種は可能です

予防接種 ヒブ (インフルエンザ菌b型) 定期
ワクチンの種類 不活化ワクチン
標準的な接種期間 初回接種:生後2ヶ月〜7ヶ月未満
4〜8週間の間隔で3回
追加接種:3回目接種後7ヶ月〜13ヶ月あけて1回
注意事項 初回を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。
生後2〜7ヶ月未満:初回接種3回、追加接種1回
生後7ヶ月〜1歳未満:初回接種2回、追加接種1回
1〜5歳未満:1回で接種は終了

予防接種 小児用肺炎球菌定期
ワクチンの種類 不活化ワクチン
標準的な接種期間 初回接種:生後2ヶ月〜7ヶ月未満
27日以上の間隔で3回
追加接種:3回目接種終了後60日以上の間隔をあけて、生後12ヶ月〜15ヶ月で1回
注意事項 初回を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。
生後2ヶ月〜7ヶ月未満:初回接種3回、追加接種1回
生後7ヶ月〜1歳未満:初回接種2回、追加接種1回
1〜2歳未満:2回
2〜5才未満:1回

2013年11月より7価ワクチン(7種類の肺炎球菌に予防効果のあるワクチン)から13価ワクチン(13種類の肺炎球菌に予防効果があるワクチン)に切り替わりました。過去に7価ワクチンを受けた人は続きを13価ワクチンで行います。

予防接種 4種混合(DTP+IPV)定期
<ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ>
ワクチンの種類 不活化ワクチン
標準的な接種期間 I期 初回接種:生後3ヶ月〜12ヶ月
20〜56日の間隔で3回
I期 追加接種:I期3回接種終了後、生後12ヶ月〜18ヶ月の間に1回
II期 11歳でDT(ジフテリア・破傷風)ワクチンを1回接種
注意事項 三種混合(DPT)と単独不活化ポリオワクチンから開始した場合でも、4種混合に変更可能となりました。その場合は不活化ポリオワクチンの接種回数が合計5回以上とならないように注意が必要です。

予防接種 ヒトパピローマウイルス定期
<子宮頸がん>
ワクチンの種類 不活化ワクチン
標準的な接種期間 中学1年生となる年度に接種します。2種類のワクチンどちらかを受けることになります。
サーバリックスについては、1回目の接種を行った1か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を行います。
ガーダシルについては、1回目の接種を行った2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を行います。
注意事項 接種した場所以外に、体の広い範囲で持続する痛みを訴える副反応報告が複数あり、「適切な情報提供ができるまでの間は、積極的な接種勧奨を一時的に差し控える」方針となっています。自治体からの案内や広告などはされていませんが、定期接種として受けることは可能です。

予防接種 BCG(結核)定期
ワクチンの種類 生ワクチン
標準的な接種期間 生後5ヶ月〜8ヶ月に1回
注意事項 乳幼児は結核に対する抵抗力が弱く、重い後遺症を残す可能性があるので早めの接種が必要です。

予防接種 麻しん(はしか)・風しん混合(MR)定期
ワクチンの種類 生ワクチン
標準的な接種期間 I期:1歳〜2歳の間に1回
II期:5〜7歳の間に1回(小学校入学前の1年間)
注意事項 1〜2歳にかかる可能性が高いので1歳になったらできるだけ早く受けましょう

予防接種 水ぼうそう定期
ワクチンの種類 生ワクチン
標準的な接種期間 初回接種 生後12ヶ月〜15ヶ月
追加接種 1回目接種後6ヶ月〜12ヶ月まで経過した時期
注意事項 伝染力がとても高い病気です。2014年10月1日から定期接種になりました

予防接種 日本脳炎定期
ワクチンの種類 不活化ワクチン
標準的な接種期間 I期初回:3歳に2回
I期追加:4歳に1回
II期:9歳に1回
注意事項 北海道は現時点では任意接種になります。

予防接種 おたふくかぜ任意
ワクチンの種類 生ワクチン
標準的な接種期間 1歳以降に1回、5歳〜7歳未満で1回
注意事項 4歳以降にかかる可能性の高い病気です。まれに髄膜炎や難聴など、重い後遺症が残る場合もあります。

予防接種 B型肝炎任意
ワクチンの種類 不活化ワクチン
標準的な接種期間 生後2ヶ月以降4週間隔で2回 
その20〜24週間後に1回
注意事項 日本ではウイルスを保有している母親から新生児への感染予防だけが重点的に行われていますが、世界中の多くの国では定期接種になっています。

予防接種 ロタウイルス任意
ワクチンの種類 生ワクチン (経口)
標準的な接種期間 初回は生後8-15週未満
※使用するワクチンによって接種回数が違います。
注意事項 「ロタリックス」「ロタテック」の2種類のワクチンがあります。
「ロタリックス」:接種回数は2回 (生後24週未満までに完了)
「ロタテック」:接種回数は3回 (生後32週未満までに完了)

予防接種 インフルエンザ任意
ワクチンの種類 不活化ワクチン
標準的な接種期間 生後6ヶ月以降 毎年 秋〜冬に2-4週間あけて2回 (13歳以上は1回)
注意事項 乳幼児がかかると重症化しやすいうえ、脳症などの合併症を起こす可能性もあります。

予防接種で気をつけること

予防接種を受けるとき、実際にどのようなことに注意しておけばよいのでしょうか?
早速見ていきましょう。

予防接種当日の注意点

予防接種は体調の良いときに受けるのが大原則です。普段と変わったところはないか、注意深く観察してあげてください。少しでもおかしいなと思ったときは、無理をせず、かかりつけの先生に相談して接種するかどうか判断をしてくださいね。
また、次のような場合は、予防接種を受けることができなかったり、医師との相談が必要になってきたりしますので、注意してください。

予防接種を受けられない場合

  • あきらかに発熱(37.5℃以上)している
  • 重篤な急性疾患にかかっている
  • その日受ける予防接種に含まれる成分でアナフィラキシーを起こしたことがある
  • (BCGの場合)予防接種、外傷などによるケロイドを起こしたことがある
  • 予防接種を受けようとする病気にかかったことがある(一部例外もあります)、または現在かかっている
  • その他医師が不適当な状態と判断した場合

予防接種を受ける際、注意が必要な場合

  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発達障害などで治療を受けている
  • 予防接種を受けて2日以内に発熱、発疹、じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられた場合
  • 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことがある
    ※そのとき熱があったか、受けるワクチンの種類などで条件が異なります
  • 過去に免疫不全の診断をされたことがある。もしくは親近者に先天性免疫不全症の方がいる
  • (インフルエンザワクチンの場合)卵、鶏にアレルギーがある
  • (BCGの場合)家族に結核患者がいて、長期に接触があった、もしくは過去に結核に感染している疑いがある

予防接種を受けた後の注意点

予防接種を受けた後は、次のことに注意してください。

  • 予防接種後30分くらいは医療機関でお子さんの様子を観察するか、お医者さんとすぐに連絡をとれるようにしておきましょう
  • 生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間、副反応がでていないか注意して観察しましょう
  • 接種した場所は清潔を保つようにしましょう
    ※入浴はOKですが、接種した部分をこすらないようにしましょう
  • 当日ははげしい運動はさけましょう
  • 接種後、接種した場所に異常な反応があったり、体調の変化があった場合は、すぐにお医者さんに相談しましょう。

95%以上の人が予防接種を受けることで、その病気をなくすことができるといわれています。予防接種は自分や子どもを病気から守るだけではなく、日本や世界中の病気をなくしていくためにも大切なものなのです。ぜひ正しい知識を身につけて、安全でゆとりのある予防接種プランをもってくださいね。

 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • ムーニー Sサイズサンプルプレゼント実施中!
  • ダノン&ユニ・チャーム スマホアプリ「カタリナ」でママが選んだ人気商品をお得に買えるキャンペーン実施中!