スマートフォンサイトはこちら

ようこそゲストさん!
ステキな会員特典がいっぱい

 

ようこそゲストさん!

 

メニュー

着替えの基礎知識

小さくてかわいい赤ちゃんのウェア。お祝いでもらうことも多いけれど、「サイズと季節が合わず着せられなかった」ということも少なくないようです。逆に1日に何度も替える肌着は「足りなかった」という声も。いつどんなものが何枚ぐらいあるといいか知っておくと賢くそろえられます。

INDEX

 
 

赤ちゃんの肌着

肌着の種類

「汗を吸い取るための短肌着」+「温度調節の肌着」+「ウェア」が基本の重ね型です。
温度調節のための肌着は丈の長さや形によって、いくつかの種類があります。プリントのかわいい肌着も多く、暑い季節は家の中では肌着だけでウェアを兼ねても大丈夫です。

短肌着

赤ちゃんの体にフィットして汗を吸い取る短肌着。寝かせたままで着せ替えできるよう、前を打ち合わせるひもで結ぶ形が主流です。肌に直接触れるので、素材や縫製のいいものを選びましょう。洗い替えも含めて3〜5枚ぐらいは必要です。

 

長肌着

短肌着に重ねる長肌着は、足の先までおおう着物型。あんよの動きが少なくおむつ替えの回数の多い新生児期向き。足をバタバタ元気に動かすようになると、すそがはだけやすくなります。1〜2枚。

 

コンビ肌着

長肌着のすそが二股に分かれたタイプ。足の動きが活発になってくる2,3カ月頃から重宝します。膝がやや外向きに開く、生後間もない時期の赤ちゃんの足の形に沿うラインです。すその内側はスナップ止めなのではだけにくくおむつ替えもスムーズ。

 

前開きボディスーツ

体にほどよくフィットし、あんよを出すボディスーツは足さばきもよく、ウェアと重ね着してももたつきません。股下はスナップ止め。前開きは寝かせたまま着せ替えできるので低月齢の赤ちゃんでもOKです。

 

ボディスーツ

Tシャツのように頭からスポッとかぶせて着せるボディースーツ。肩口が大きく開くので慣れてくればすばやく着せられます。海外製のウェアなど、色やデザインのかわいいものも多く夏はウェアなしでこれ1枚でも。

 

ショートオール

股ぐりが立体的になっていて、その多くは丈が短めになっているのが特徴の肌着。ほどよいフィット感もあり、カバーオールなど足の分かれるウェアのインナーとしても便利です。

 

ベビータウンサポーターガイド

 

赤ちゃんのアウター

アウターの種類

月齢の低いうちは上下一体となったつなぎタイプが主流です。赤ちゃんの動きを妨げず、着せ替えや抱っこもラクにできます。たっちやあんよができるようになったら、Tシャツ+パンツ、といった動きやすいスタイルに。

ツーウェイドレス

ボトムス部分のスナップを留め替えて、筒型のドレススタイルと、足の分かれるカバーオールスタイルの両方で着せられるツーウェイドレス。生後すぐから6カ月頃までと長い期間使えて経済的です。肩から足先までのスナップを外せば、身ごろが大きく開くので寝かせたままでの着せ替えもラクラク。

 

カバーオール

Tシャツ+パンツが一体になったようなつなぎ型。ツーウェイドレスに比べ、ややスリムなシルエットなので、抱っこのときももたつかず、おでかけにも適しています。ボトムス部分のスナップを外せば寝かせたままでのおむつ替えもOK。サイズが細かく設定されているので、赤ちゃんの成長と季節に合わせて選びましょう。

 

足つきカバーオール

カバーオールにソックスがついたようなつま先まですっぽりと覆うタイプです。保温性が高いので寒い日のおでかけに重宝します。海外のウェアに多いタイプで、おしゃれママ達に人気です。

 

ボディスーツ

夏場に活躍するボディスーツ。サイズ70〜のものが多く、案外季節と実際のサイズが合わないこともあるので気をつけて。ゆったりシルエットのものでも中には短肌着を着せて汗を吸いとれるようにしましょう。

 

セパレート

Tシャツにショートパンツやサロペットなどを合わせるセパレートのウェアを着せると、ぐっとおしゃまに見え、コーディネイトも楽しめます。ねんねを卒業した頃からのおでかけスタイルにも。上下が別々だと、ミルクをこぼしたりおもらししたりしても、汚れたアイテムだけ取り替えればいいので便利です。

 

ベビータウンサポーターガイド

 

ベビーウェアの選び方

ベビーウェアを選ぶポイント

まず赤ちゃんの着心地のよさを優先しましょう。肌にやさしい素材や縫製のしかたかどうかをチェック。肌着などは特に何度も洗濯するので、丈夫なものを選ぶとよいでしょう。また、赤ちゃんの成長は早いので、サイズと季節が合わず、せっかく用意したのに着せられなかった、ということも。季節ごとの月齢、サイズを確かめて肌着、ウェアを用意しましょう。

素材

肌着は綿100%が基本。生地の編み方などで厚さや手触り、伸縮性などに違いがあります。薄手のフライス素材を中心にそろえていきましょう。また、多少値段は高くなりますが、アレルギーが気になる赤ちゃん用に、より低刺激なオーガニックコットンなどの素材を使ったものもあります。

サイズ

生まれてから1年間、著しく成長する赤ちゃん。だからベビーウェアのサイズ表示は10センチ刻みになっています。一番小さい新生児用は50センチ。メーカーやデザインによって若干ばらつきがあるものの、月齢とサイズの関係はだいたい下記の通りです。月齢に当てはまる季節を考えて、「サイズ70の夏物」というようにお祝いのリクエストをする手も。

サイズ表示 基本寸法 月齢
身長 体重
50 50cm 3kg 新生児
60 60cm 6kg 3ヶ月
70 70cm 9kg 6ヶ月
80 80cm 11kg 12〜18ヶ月

デザインタイプ

ねんねの頃は着替えやおむつ替えのしやすい前合わせのタイプ、動きが活発になってくる3カ月頃からは体にフィットするタイプ、と成長に合わせてデザインを選んでいきましょう。また、小さいうちはえりやリボンなど飾りが肌に触れると刺激になることも。なるべくシンプルなデザインのものを選びましょう。

着替えのしやすさ

寝かせたまま着替えさせる時は、スナップやひもで肩から足先まで大きく開くタイプがおすすめです。首がすわり、体を起こせるようになったら肩あきのシャツ、たっちできるようになるとパンツなどもすばやく着せ替えできて便利です。赤ちゃんの体型や好みでも着せやすいタイプは異なるのでいろいろ試してみるといいでしょう。

ベビータウンサポーターガイド

 

ベビーシューズ

ベビーシューズとは

小さくてかわいい赤ちゃんのシューズ。大人顔負けのおしゃれなものや高級ブランドのものなどいろいろありますが、実際にたっちして歩くようになったら、未発達な骨や筋肉をやさしく包んでフィットする、機能的なシューズを履かせましょう。

ベビーシューズを選ぶポイント

「すぐに大きくなるから」と言って大きめサイズをはかせると転びやすく足のトラブルの原因にも。ジャストサイズのシューズを選びましょう。つま先は広がって指がきつくないもの、逆に細いかかとはしっかりと支えるデザインを。また、大きく開いて脱ぎ着しやすい形が便利です。赤ちゃんによって足の形は異なるので、できれば売り場できちんと試し履きしてぴったりフィットするシューズを選ぶのがベストです。

 

ベビータウンサポーターガイド

 

ベビータウンのサポート企業

特典いっぱい★会員になろう

 
  • ムーニー マザーズセレクション大賞2年連続受賞!
  • ムーニー Sサイズサンプルプレゼント実施中!
  • ダノン&ユニ・チャーム スマホアプリ「カタリナ」でママが選んだ人気商品をお得に買えるキャンペーン実施中!