ベビータウン

遊び・あやし

専門家/メーカー

おてて遊びが脳の発育を促す!?

2013.11.20

「赤ちゃんはたくさんの宝物をにぎって産まれてくる」。
そんな言い伝えがあるくらい、 産まれたての赤ちゃんは大事そうにお手々をギュッとにぎっていますね。
どんな宝物なのかは素敵な謎ですが、お手々が発育にとって重要なカギをにぎる場所であることは間違いありません。
もしかしたらにぎっていたのはそんなカギなのかも!?

取材協力:(株) 千趣会BELLE MAISON

生後3年間の経験が
赤ちゃんにはとっても大事

未熟な状態で産まれる人間の赤ちゃん

産まれたての人間の赤ちゃんは、ほかの動物よりもずっと未熟だということ、知っていますか?

ほかのほ乳類の動物の赤ちゃんは、産まれてからすぐに立ち上がることができたり、自分の力でおっぱいを吸いにいくことができます。でも人間の赤ちゃんはなんにもできませんね。

ではいったい、どのようにして、高度な思考能力が育っていくのでしょう?

赤ちゃんの成長と脳の機能の発達

生まれたばかりの頃 生後2ヶ月ごろ以降 生後8ヶ月以降
  • 生きる上で必要な、身体上の機能のコントロール
    • 息をする
    • 鼓動を打つ
    • 反応する(反射)
  • 視覚の発達(色の識別など)
  • 聴覚の発達(音や言葉の識別など)
  • 記憶機能の発達
  • 判断する機能の発達

日ごとに発達する赤ちゃんの脳

産まれたときは未熟でも、人間の赤ちゃんはみるみるうちに言葉が話せるようになったり、複雑なものごとを理解したり、行動ができるようになります。このことに大きく関連しているのが、脳の神経細胞の発達です。

人間の脳の神経細胞は2歳までに成人の60%、6歳までになんと90%できあがってしまうと言われています! からだの発育は思春期以降までまだまだつづくことを考えると、脳はものすごく短期間に発達していることがわかります。

たとえば、おとなになってから外国語を学ぼうとしてもなかなか覚えられないのに、赤ちゃんは2歳から3歳くらいでほとんどの子どもが普通におとなと会話できるようになります。この速度にはおとなは逆立ちしてもかないませんね。

脳の発達には刺激が必要です

すごい速度で発達する素質をもっている赤ちゃんの脳。でも放っておいて発達するわけではありません。脳の発達には、外からの刺激が必要です。それは見たり、聞いたり、さわったり、味わったりと、赤ちゃんの五感のすべてにかかわること。刺激といっても、インパクトのある何かをするということではなく、まっさらな赤ちゃんにとっては、まわりにあるすべてのものが脳への刺激となります。ママが話しかけたり、おっぱいやミルクを飲ませたり、いろいろなものを見せたり、触らせたりすることで、脳の神経回路がつながっていくのです。この神経回路のつながりが、脳の発達といわれることなのです。

考える力は8ヶ月ころからついてくる!

さまざまなことを吸収していく赤ちゃん。では、人間らしい「考える力」はいつ頃ついてくるのでしょう? ものごとを記憶したり、判断できるようになるのは、生後8ヶ月ころからと言われています。判断といってもこのころはまだ言葉は話せないので、表現の方法は泣いたり笑ったりぐずったり、という程度。たとえば、人見知りが始まるのもこの時期。これは初めて会った人を「この人はママとは違う」ということが「判断」できている証拠なんですよ。

かわいいお手々が
秘めたすごい力!

手のひらにはたくさんの神経が通っている

<ペンフィールドのホムンクルス>
脳の中にあるカラダの動きや感覚を
つかさどる部分の比率

理科の教科書にこんな絵が出ていたことを覚えていませんか? これはカナダの脳外科医・ペンフィールドのホムンクルスと呼ばれるもので、脳の中にある体の動きや感覚をつかさどる部分の比率を、人間のからだの大きさにおきかえたもの。手や口が異常に大きくなっているのは、手や口がからだのほかの部分に比べて敏感で、脳にはたらきかける割合が大きいということ。

目をつぶってモノにふれたとき、手のひらだとそれが何か想像することができますが、ほかの部分でさわってもよくわからないですよね。赤ちゃんがなんでもなめたがるのも口や舌の感覚が鋭敏なため。手や口にはたくさんの神経が通っているからできることなんです。

手指を鍛えると、脳の発達が促される!

たくさんの神経が通っている手指。それを小さなころから鍛えることは、単に手先が器用になることだけでなく、脳の発達にもつながっていること、わかっていただけましたか?

手指で細かいことができるようになることは、おはしを持ったり、絵や文字を上手に書けるという、社会生活をふつうに送るためにももちろん必要。それだけでなく脳が発達するということは、見たり聞いたりした外部からの刺激を、自分の頭のなかで感じたり考えて、自分なりの思考におとしこむ、つまり意見をもったり、感情を豊かにすることにもつながるのです。

指先の細かい動きは「ファインモータースキル」と呼ばれ、赤ちゃんの成長で注目されている分野の1つです。

ファインモータースキルとは?

指先などの微細運動能力のことで、脳の中枢神経の発達と密接に関わりがあり、特に幼児期にめざましい発達をみせる機能です。ファインモータースキルに対して、立ったり座ったりするなどのからだの大きな動きのことを「グロスモータースキル」と呼んでいます。

赤ちゃんの「ギュッ」
とする力を育てよう!

赤ちゃんはふれたものをなんでも「ギュッ」とつかみます。その理由はもうおわかりになったと思います。なんでもつかんでみることで、手から一生懸命「これはなに?」「どんなさわりごこち?」と情報を集めているのです。

最初はママの指をにぎることから始まりますが、成長に合わせてだんだんといろいろなものをさわらせてみましょう。そのことで手指ができることも、ただにぎることから、つかんだり、つまんだりと、からだの成長との相乗効果で複雑なこともできるようになります。

ベビータウンが
オススメする
子どもの手指の発達に
役立つ優良おもちゃ

ギュッとママの指をにぎる赤ちゃんの小さなお手々。あまりの愛おしさにずっと放したくない気分にさせられますね。でも、赤ちゃんはママの手以外にも必要なものがたくさんあります。手指は脳の発達に重要、といっても、勉強ができる子を育てよう、ということではありません。脳の発達は賢さだけでなく、情緒の発達にも密接につながっています。人の心を理解したり、コミュニケーションを豊かにするきっかけにもなります。そのためには上質なおもちゃを与えるだけでなくママがいっしょに語りかけながらあそぶこともとっても大事なことなのです。

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう