ベビータウン

遊び・あやし

調査/レポート

赤ちゃんのぐずり泣き・夜泣き、みんなどうしてる?

2014.02.05

赤ちゃんは泣くことでママにいろいろなことを伝えようとしているとはわかっていても、おむつを替えてもおっぱいをあげても泣きやまないとママは困ってしまいますね。そんなぐずり泣きや夜泣きの悩みはみんなも一緒のはず。みんながどれくらい悩んでいるかアンケートしてみました。

アンケートには860名のベビータウン会員が協力してくれました。
みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!
(アンケート実施期間2013年12月11日~12月17日)

赤ちゃんの昼間の
ぐずり泣きは
どう感じている?

赤ちゃんの昼間のぐずり泣きに悩んでいるママは65%以上。悩んでいないというママも4分の1ほどいましたが、大半のママは悩みに感じているようです。(グラフ1)

悩んだと答えたママたちにその理由を尋ねたところ、「他の家事などができない」「ずっと抱っこなどをしていなければならない」という理由が上位を占め、赤ちゃんがぐずっている間、ママたちが赤ちゃんにつきっきりで四苦八苦している様子がうかがえます。(グラフ2)

悩んだ理由の「その他」の回答では「赤ちゃんが泣くと上の子も泣き出す」や「双子だから」など、複数の子どもを持つママの悩みも多く見受けられました。

昼間の赤ちゃんのぐずり泣きで困ったり悩んだりすること(したこと)はありますか?

困ったり悩んだりした理由は?

赤ちゃんのぐずり泣きが
へっちゃらなママは?

一方、悩まなかったママたちの理由を尋ねたところ、最も多かったのが「赤ちゃんが泣くのは当たり前だと思ったから」(グラフ3)。「あやすとすぐに泣きやんでくれた」とか「原因のわからないぐずり泣きをほとんどしなかった」など、幸運にも手のかからない赤ちゃんだった理由もありましたが、悩んでいないからといって赤ちゃんがぐずり泣きを全くしなかったからではなく、ママそれぞれの感じ方の違いのようですね。

困ったり悩んだりしない理由は?

赤ちゃんの夜泣きは
どう感じている?

昼間のぐずり泣きと同様にママたちを悩ませるのが夜泣き。昼間のぐずり泣きよりも悩んでいるママが少なかったのは少し意外でしたが、夜泣きは生後半年以降ぐらいから始まると言われているので、まだ未経験のママも少なくなかったかもしれませんね。それでも半数以上のママが悩みと感じていました。夜泣きはママの睡眠不足の原因にもなるので、経験したママの悩みは深いものですね。

そんなときに活躍してほしいのがパパなのですが、夜泣きの対応を誰がしているかに対しては、なんと7割が「ほとんどママがしている」と答えていました。「だいたいママでときどきパパ」と合わせると9割以上! 「ほとんどパパ」は1人もいませんでした…。

おっぱいや添い乳で対応するママが少なくなかったり、仕事で疲れているパパをいたわるママの気持ちの表れかもしれませんが、昼間がんばっているのはママも同じなので、パパにももう少しがんばってもらえるといいですね。

赤ちゃんの夜泣きで困ったり悩んだりすること(したこと)はありますか?

赤ちゃんが夜泣きしたときに、泣きやませる役割は?

原因のわからないぐずり泣きで悩んでいるのはみんなも一緒。赤ちゃんにご機嫌になってもらうために、ママ仲間はいろいろなことを試しています。次号では、みんなの泣きやませ方法についてご紹介します。お楽しみに!

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

関連用語集

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしようムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしよう

赤ちゃんは泣くことでママにいろいろなことを伝えようとしているとはわかっていても、おむつを替えてもおっぱいをあげても泣きやまないとママは困ってしまいますね。そんなぐずり泣きや夜泣きの悩みはみんなも一緒のはず。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」