ベビータウン

おねしょ

専門家/メーカー

ママにできる、子どものおねしょ対策7箇条とは?

2018.11.07

昼間はおむつはずれしていても、夜におねしょをしてしまうのは、昼と夜ではおしっこの仕組みが少し違うから。だからトレーニングでは治せず、子どもの体の成長を待つしかありません。そこで、子どもが健やかに成長して、おねしょを自然に卒業できるために、ママにできることについて、おねしょの専門家の先生に教えてもらいました。どれもむずかしいことではなく、今日からすぐできることばかりです!
おねしょをしてしまう仕組みについて詳しくはこちら>>

取材協力:ユニ・チャームunicharm

取材協力

池田裕一先生
昭和大学藤が丘病院 小児科 診療科長

夜尿症、小児の排尿障害、小児の腎臓病を専門とし、2002年から昭和大学藤が丘病院小児科でおねしょ・おもらし外来を担当。また小児科HP上におねしょ・おもらし相談室を開設し、おねしょやおもらしでお困りの数多くの保護者からの質問に回答。2009年にカリフォルニア大学サンフランシスコ校(CA,USA)に客員研究員として渡米した後、2011年に帰国し現職着任。いままでの経験をもとに、「おしっこトラブルどっとこむ」を立ち上げる。2017年、「おしっこトラブルどっとこむ」の姉妹サイトとして、子どもの睡眠障害などについて詳しく解説する「すいみんトラブルどっとこむ」を立ち上げる。夜尿症学会常任理事、第29回日本夜尿症学会 大会長。
おしっこトラブルどっとこむ

昔からの言い伝えられているおねしょ対策は本当?

おねしょを治すために、昔からさまざまな対策や方法が考えられてきましたが、医学的に効果が証明されている方法は意外と限られているそうです。池田先生にうかがいました。

池田先生

昔から言われているおねしょ対策に、『夜中にお子さまを起こしてトイレに行かせる』、『夜は水分を一滴も飲まないようにする』、『オムツをやめてパンツにする』などがありました。しかし、これらの方法は一部では正しいのですが、時期や方法などを間違えると悪影響になることが懸念されます。また、言い伝えられている方法がすべてのお子さまに当てはまるとは限りません。だからむやにこれらのことを実践することはやめましょう。
昼間のおむつがはずれていても4歳まではおねしょがあっても不思議ではありませんが、5歳頃までに自然におねしょを減らしていくために、どのお子さまにも共通する、普段の生活でできる改善点の方が重要です。
以下に示すような生活改善をしても、5歳をすぎても夜のおもらしが月に1回以上3ヶ月続く場合『夜尿症』と診断されます。生活指導や治療で改善できるものがほとんどですから、小児科の先生に相談してみましょう。

普段の生活でできる7つのおねしょ対策

おねしょ対策は特別なことをするのではなく、日常の生活の改善にポイントがあるようです。それについて池田先生に教えてもらいました。

1:夕食から就寝までの時間をなるべくあける

池田先生

おねしょ対策で最も大切なことは、夕食から就寝までの時間を、できれば3時間以上あけることです。食事などで摂取した水分が尿として膀胱に貯まるためには、約3~4時間かかるからです。
夕食から就寝までの時間が十分にあけられると、寝る前にトイレでたっぷりとおしっこが出て、夜間に作られるおしっこの量が減少します。おねしょ対策のなかで最も効果がある方法です。

2:夕食時や夕食後に糖分を含んだデザートや果物などの摂取は控える

池田先生

塩分はもちろんですが糖分、特にフルーツなどに含まれる果糖などにも利尿作用(おしっこを増やすはたらき)があります。このことは、寝入りばなの夜尿症に強く関連していると考えられています。夕食後の甘いものをやめただけで、おねしょが改善したお子さまもいるそうなので是非実践してみてください。

3:早寝早起きを実践する

池田先生

寝つきの良い環境をつくり、夜更かしを避けましょう。朝はなるべく早く、できれば6時に起床させましょう。夜尿症のお子さまは睡眠が深いだけでなく、本来睡眠が浅くなる明け方にかえって深くなってしまう特徴があります。
寝つきが悪く、寝起きも悪いのもおねしょのお子さまの特徴です。睡眠リズムを整え、寝つきや寝起きを良くすることでおねしょも改善されます。

4:夕食後はコップ一杯程度の水分に抑える

池田先生

夕食後から夜寝るまでの間は、コップ一杯程度の水分に抑えることが大切です。飲み物は糖分やカフェインを含まない、お水や麦茶などが適しています。さらに寝る前におっしこが出るように、布団に入る前のトイレに行く直前にお水を一口飲ませてあげることも大切です。特に夜間のおしっこの量が多いタイプのお子さまには、とても効果があります。

5:夏の暑い時期は熱中症対策を優先する

池田先生

ここ数年の日本の夏は猛暑が普通のことになり、暑さによる熱中症への対策が欠かせません。気温や湿度が高いときに、おねしょを心配するあまりに水分を控えさせることはやめましょう。熱中症はお子さまの命に関わることなので、おねしょ対策よりも脱水防止を優先してください。ただし、夜間によほど暑い部屋で寝ていない限り、お子さまが熱中症にかかるのは昼間がほとんどです。昼間の汗をかいているときに十分に水分をとらせておくようにしましょう。夜はのどが渇いているようであれば水分をとらせてあげても大丈夫ですが、涼しい部屋で眠れるようであれば、上記のように、夕食後はコップ1杯程度にしておきましょう。

6:冬場は寒さ対策を万全に

池田先生

冬はおねしょをしやすい季節です。夏場と違って汗をかく量が減り、体が冷えることで膀胱の緊張が高まるからです。
まずは、寝る前に体を十分温めてからお布団に入るようにしましょう。そのためには、夕食後にお風呂に入り、比較的温かめの湯船にゆっくりと浸かることが大切です。さらに体が温まったら、冷えないうちにお布団に入るようにしましょう。
また、地域や住宅のタイプによっては、布団乾燥機や、湯たんぽ、電気毛布などであらかじめお布団を温めて、夜中から明け方の寒さを防ぐ工夫も必要かもしれません。
寝際に体がほってって布団をはいでしまうお子さまには、深く寝入った後の0時~午前1時頃に湯たんぽを入れたり、電気毛布の電源をつけてあげるようにするとよいでしょう。

7:昼間のおしっこをがまんすることで、膀胱の容量を増やす

池田先生

夜に何回もおねしょをする、昼間もおしっこが近いお子さまの場合、膀胱が小さいケースがあります。こうしたお子さまの場合には膀胱をきたえることが必要です。昼間にたくさん水分をとって、トイレを少しがまんすることで、膀胱を大きくし、おしっこを溜める容量を増やすことができます。

おむつや夜用キッズパンツを上手に利用しましょう

昔からの言い伝えで、「夜におむつをしているとおねしょが治りにくい」「紙おむつより布おむつの方が濡れた感じがわかって、おねしょ卒業が早くなる」などがありましたが、これらは全く根拠がないと、池田先生はおっしゃいます。

池田先生

おむつをしているからといって、おねしょを長引かせることにはなりませんし、おねしょとおむつに関連性はありません。昼間のおむつがはずれている子どもが夜におむつや夜用キッズパンツをして寝るかどうかは、子どもの意思に任せるのが一番です。親が無理におむつをはずそうとすると、そのことが親子ともストレスになって、睡眠リズムが崩れる原因にもつながってしまいます。4歳ごろのお子さまには自我や自分の意思がありますから、本人が『おむつをはいて寝たい』と言えばそうさせてあげてください。

また、紙おむつを使っているか、布おむつを使っているかは、おねしょとは何ら関係はありません。そもそもおねしょは眠っているときにするので、濡れた感じにも気づかず眠っている可能性が高いです。紙おむつにするか布おむつにするかは、親御さんご自身の考えなので、親御さんがストレスなく育児やおねしょ対策ができる方法を選べばよいと思います。

おねしょ対策に大事な睡眠について詳しくはこちら>>

おねしょ対策とは規則正しい生活と睡眠のリズムをつけることなのですね。最近は子どもの就寝時間が遅くなっていると聞くこともありますが、おねしょ対策のためにも、早寝早起きや、夕食から就寝までの時間を空けることなど、意識してあげたいですね。おねしょだけでなく、子どもの健やかな成長全体にも効果がありそうです!

おねしょ対策に役立つ、夜用キッズパンツはこちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

昼間のおむつはずれとは違って、おねしょはトレーニングでは治せないもの。そこで、子どもが健やかに成長して、おねしょを自然に卒業できるために、今日からママにできることについて、おねしょの専門家の先生に教えてもらいました。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」