ベビータウン

母乳育児・授乳

専門家/メーカー

母乳にもっと近づきたい!母乳と粉ミルクの違いを徹底分析

2008.10.08

赤ちゃんにとってもっとも理想的な栄養は母乳ですね。
できれば母乳で育てたいと思っているママが大半。
でもいろいろな事情でおっぱいをあげられないこともあります。
育児用粉ミルクでも母乳と同じように健やかに育てたいというママの気持ちにこたえて、育児用粉ミルクはどんどん進化しているのです!

取材協力:和光堂wakodo

母乳やミルクの役割とは?

ママのおっぱいや育児用粉ミルク(以下粉ミルク)はどんな役割を持っているのでしょう?それは赤ちゃんにとって、完全栄養食であること。つまり、他の食品をとらなくてもそれだけですくすく育つものということです。

離乳食が始まる生後5ヶ月頃までは、赤ちゃんのごはんは母乳ミルクだけ。それなのにすごいスピードですくすくと育って、体重も身長も生まれたての頃よりぐんと大きくなり、寝返りをしたりおすわりができるようになってきますね。

ママのおっぱいには赤ちゃんがある時期まで育つために必要なものがすべて含まれています。そして粉ミルクは、ママの母乳に少しでも近づくように日々研究と改良が重ねられているのです。

粉ミルクの基本成分は
法律で決められている!?

あまり知られていないことですが、粉ミルクの基本となる成分と分量は、健康増進法の中の「乳児用調製粉乳たる表示の許可基準」(以下許可基準)で定められているのです。

粉ミルクは完全栄養食であるおっぱいをあげられないときに与えるものだから、粉ミルクだけでも赤ちゃんが生きていけるように作られていなければならないからです。

では許可基準の成分を見てみましょう。

乳児用調製粉乳たる表示の許可基準

  標準濃度の熱量
(100ml当たり)
熱量 60~70kcal
  100kcal当たりの組成
たんぱく質
(窒素換算係数6.25として)
1.8~3.0g
脂質 4.4~6.0g
炭水化物 9.0~14.0g
ナイアシン 300~1500μg
パントテン酸 400~2000μg
ビタミンA 60~180μg
ビタミンB1 60~300μg
ビタミンB2 80~500μg
ビタミンB6 35~175μg
ビタミンB12 0.1~1.5μg
ビタミンC 10~70mg
ビタミンD 1.0~2.5μg
ビタミンE 0.5~5.0mg
葉酸 10~50μg
イノシトール 4~40mg
亜鉛 0.5~1.5mg
塩素 50~160mg
カリウム 60~180mg
カルシウム 50~140mg
0.45mg以上
35~120μg
ナトリウム 20~60mg
マグネシウム 5~15mg
リン 25~100mg
α-リノレン酸 0.05g以上
リノール酸 0.3~1.4g
Ca/P 1~2
リノール酸/
α-リノレン酸
5~15

粉ミルクの成分で最近よくみるDHAやヌクレオチド、オリゴ糖などが許可基準に入っていないのは、各メーカーの研究によって母乳を参考に配合されているものだからです。

母乳の成分は100%解明されているわけでないため、許可基準の成分は赤ちゃんが育つために最低限必要な範囲で、母乳に近づける成分の配合は各メーカーの企業努力によるものなのです。

赤ちゃんに牛乳じゃ
なぜダメなの?

粉ミルクの基本成分が法律で決められているとはいえ、おっぱいをあげられないとき、なぜ大人が飲んでいる牛乳ではなく、粉ミルクでなければいけないのでしょう?牛の赤ちゃんは牛のママの牛乳で育ちますが、牛の母乳(牛乳)と人間の母乳では成分が異なっているのです。

ヒトとウシの母乳の成分の比較

動物種 体重が
2倍になる
までの日数
全固
形分
(%)
たんぱく質(%) 脂質(%) 糖質(%) ミネ
ラル
(%)
エネ
ルギー
(kcal)
ヒト 100 12.0 1.1 3.5 7.2 0.2 65
ウシ 47 12.7 3.2 3.3 4.5 0.7 61

※出展:足立達,伊藤敞敏,最新食品加工講座 乳とその加工,建帛社,1987, より作成

人間のママの母乳は牛に比べてたんぱく質が少なくて糖質が多いのですね。なかでもたんぱく質の成分比率はさらに異なっています。

全たんぱく質に対する各成分の割合

成分 牛乳 人乳
全たんぱく質 100% 100%
カゼイン 78% 30%(~40%)
ホエイ 22% 70%(~60%)
ホエイの内訳 β-ラクトグロブリン 10% -
α-ラクトアルブミン 4% 17%
ラクトフェリン 痕跡 14%
血清アルブミン 1% 4%
免疫グロブリン 2% 10%
リゾチーム 痕跡 4%
その他のたんぱく質 4% 2%
非たんぱく態窒素 4% 20%

牛乳生まれの粉ミルクが
努力していることは?

粉ミルクの主原料は牛乳です。上記のように牛乳と人間のママのおっぱいでは成分が異なるので、人間の母乳の成分に近づけるようにさまざまな技術で加工していくのです。

特に注目したい違いが、「β-ラクトグロブリン」と「ラクトフェリン」。

β-ラクトグロブリンは牛乳には10%も含まれているのに、人間の母乳には全くない成分。これを人間の赤ちゃんが飲むと、消化吸収が悪くなると言われています。

一方、ラクトフェリンは牛乳にはほとんど含まれていないけれど、ママの母乳には14%もあるもの。特に初乳に多い成分ですので、赤ちゃんに必要な成分だと考えられています。

それぞれの動物は、体の性質も生きる環境も異なるため、生きるために必要となる成分が異なっています。牛にあって人間にない成分は人間には不要なもののはずで、牛になくて人間にある成分は足してあげた方がよいことは容易に想像されますね。

ベビータウンが
オススメする
育児用粉ミルク

母乳についてはまだまだわかっていないこともあります。それは赤ちゃんやママだけでなく、人間の誕生や成長の神秘そのもののようです。研究が進められるにつれどんどん進化していく粉ミルク。未来はどんなものができていくかも楽しみですね。

記事をシェアしよう!

あわせて読みたい記事

ベビータウン会員になると、
ベビー用品についているポイントを集めて
ステキな景品と交換できます!!

  • 育児アンケートに答えるだけで、
    ポイントやプレゼントがもらえちゃう!
  • お子様の月齢にあわせた
    育児のアドバイスメールが届きます!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう