ベビータウン

おむつ・おしり

調査/レポート

旅行や帰省中の「軟便(ゆるうんち)モレの悩み」どうしている?

2017.09.13

赤ちゃんを連れて旅行や帰省するときに、軟便(以下:ゆるうんち)モレしたらどうしようと、心配している方も多いのではないでしょうか。すぐに家に帰れない状況でモレてしまうと、後始末などいろいろと大変なことも多いですよね。今回は先輩ママ達に、どのようにして旅行や帰省中のゆるうんちモレ対策をしたかなどについて伺いました。ぜひ参考にしてください。

アンケートには958名のベビータウン会員が協力してくれました。みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!
(アンケート実施期間 2017年6月28日~7月5日)

取材協力:ユニ・チャームunicharm

ゆるうんちモレ、どんなときに起こった?

旅行中や帰省中にゆるうんちがモレたことがあるか伺ったところ、「ある」と答えた方が50.3%、「ない」と答えた方が49.7%と、ほぼ半数に分かれました。さらに「ある」と答えた方に、ゆるうんちがモレて困ったかどうかたずねたところ、「すごく困った」「少し困った」を合わせると95.4%となりました。ゆるうんちがモレてしまうと、少なからず負担に感じることが多いようです。

ゆるうんちがモレた場所については、「車の中」と答えた方が圧倒的に多く74.2%でした。電車、飛行機、バス、船の中といった他の乗り物の中と答えた人との差が大きいのは、よく使う交通手段として「車」をと答えた方が83.9%と、利用している人数が圧倒的に多いことが理由として考えられます。また、走行中はチャイルドシートからおろせないので、おむつ交換の間隔があいてしまいがちなことも影響しているかもしれませんね。よく使う交通手段を「電車」と答えた人は、車の1/3程度の27.8%なのに対して、ゆるうんちがモレた場所を「電車の中」と答えた人は6.4%でした。電車は、新幹線や特急に多目的室やおむつ交換台があることが多く、おむつの交換がしやすい環境なのが影響していそうです。

ゆるうんちモレ、どんなことで困った?

ゆるうんちがモレて困ったこととして一番多かったのは、「赤ちゃんの洋服が汚れてしまった」で93.5%。おむつに一番近い赤ちゃんの服は、ゆるうんちモレからは回避できそうにありません。着替えは必ず用意しておきたいものです。また、着替えがあっても、すぐに洗えないと洋服にシミが残ってしまうのではないかと、心配になるという声もありました。続く「着替えやおむつを替えるスペースの確保が難しかった」は39.3%。公共のトイレや大規模な商業施設、新幹線などにはおむつ交換台があることがほとんどで、おむつ替えをする環境は整ってきています。しかし、小規模な飲食店やお店のトイレにはおむつ交換台がなかったり、電車も在来線にはトイレがないことが多いなど、まだまだ苦労している方が多いようですね。「乗り物のシートやチャイルドシートなどが汚れてしまった」38.9%については、洗いにくいので後処理が大変という意見が多くありました。

ママの声

ショッピングモールでゆるうんちモレがあり、服が汚れてしまって、顔などにうんちが付かないように服を脱がせないといけなくて困りました。その後、おばあちゃんに服を買って貰えたのはラッキーでした。

(えっちゃん)

モレても、車を停めてすぐにおむつを替えてあげれば酷くはならないけれど、タイミングが合わず車を停められず、すぐに替えてあげることができず、車の中の臭いがすごいことになりました。

(えーり0005さん)

チャイルドシートにうんちがついてしまって後始末が大変でした。洗えない部分についてしまい、ひらすら洗剤を付けた濡れぞうきんで拭いて拭いて、除菌消臭スプレーをかけまくり、クタクタになりました。洗えないものにモレるのが一番困る。

(美佐男さん)

お友達の車でブリブリブリ~。抱っこしていたので私の洋服にもついてしまいました。普段は着替えをあまり持ち歩いていなかったのですが、その日はたまたま持っていてすぐに交換してあげられました!着替えやタオルは多めに持ち歩こうと決意したエピソードです。

(Rii-chanままさん)

観光船で無人島へ。船から降りておむつ交換しようと抱っこ紐をはずしたら、母のズボンにうんちを発見。抱っこ紐が食い込んでいてはみ出た様子。子どものおむつや着替えは余分にあったが、母の着替えはなく、半泣きでした。父や上の子が泳いでいる間、次の船まで待つしかありませんでした。

(りくママ0307さん)

何か臭いなと思っていたらうんちがモレていて、子どもの服も私の服も汚れていました。レストランで食事中だったので、周りの方に臭わないよう、見えないようトイレへ行くのが大変でした。私は上着があったのですが、子どもの着替えを用意していなかったので、車にあるバスタオルを巻いて家に帰りました。それからは必ず子どもの着替えを多めに車につんでいます。

(くるりんさん)

帰省先の義実家で、シーツにうんちがモレてしまいました。急いでシーツを取って、布団にしみてないか確認。自分の家ではないし、よけいに焦りました。

(ひーちゃんママ0122さん)

ゆるうんちモレ対策は?

ゆるうんちがモレると、やはりいろいろと大変なことが多いようです。具体的に、どのような対策をしているのかについて伺ったのが下のグラフです。

もっとも多かったのは「着替えを多めに用意する」で72.2%。モレて困ったことについての質問でも「赤ちゃんの洋服が汚れてしまった」が一番多かったので納得の結果ですね。タオルやビニール袋、おしり拭きなどの「グッズを多めに持っていく」も48.0%と高い数字になりました。どうしても、モレを100%防ぐのは難しいので、もしもの時に備えて準備はしっかりしておきたいものです。

2番目に多かった答えは「おむつを正しくつける」で57.3%でした。最近の紙おむつはとても優秀ですが、正しくつけないとせっかくの機能が十分に活かされません。必ず股のギャザーはしっかりと立てておむつをつけることを忘れずに。テープタイプの場合は、ウエストのテープの端が折れたりしないように気をつけて、お腹周りに指が一本入ってやや抵抗があるくらいの場所で留めるのがベストです。さらに25.1%の方が答えた「うんちモレしにくそうなおむつを選んでおく」のも良いですね。サイズがあっているか、うんちモレがしにくい工夫がされているおむつかなどをチェックしてあげましょう。

「赤ちゃんの下にシートやタオルを敷いておく」9.9%は、チャイルドシートや電車の座席など、洗いにくいものが汚れることを防ぐのに効果的だそうです。中でも、使い捨てのおむつ替えシートや新聞紙など、捨てられるものだとさらに後処理が楽で良いという意見が多くありました。

ママの声

やはり着替えを持っていくしかないですね。どんなにしっかりとおむつをつけても、絶対大丈夫ということはないですし、着替えがあれば安心できます。

(やいこ0007さん)

おむつのギャザーをしっかりたてること。こまめにおむつの汚れチェックを行うこと。

(megkさん)

モレることを防ぐより、モレても大丈夫なように着替えを多く用意したり、ベビーカーの下にタオルや紙などを敷いておく。意外と紙が便利だった。すぐ捨てられるので。汚れた服を入れる袋も必需品。市販のパンが入っていた袋は、臭いがモレにくいのでおすすめ。

(みかちゃん0018さん)

おむつはいつもよりこまめにかえます。またテープタイプよりパンツタイプの方がモレにくいのでいつもはテープですが、お出かけのときはパンツタイプを着用させています。

(znczさん)

しっかりとしたおむつを選ぶのはもちろんですが、念のため寝るときにシーツの上に大きめのバスタオルを敷いておくと、気持ち的に楽です。

(まいママ0058さん)

こまめにおむつ替えをする。またおむつ交換台があるトイレの近くを通ったときには、なるべく替えておく。車のチャイルドシートに乗るときはおむつ交換したあと。

(ミカンさん)

旅行先や帰省中のゆるうんちモレは、家でモレた時よりもママたちの負担が大きくなりがちです。できるだけモレずにすむように、おむつはゆるうんちモレしない工夫がされているもので赤ちゃんの体に合ったサイズを選び、ギャザーを立てて正しくつけてあげましょう。さらに、モレてしまった時のために、着替えやおむつ、おしり拭きなどは多めに用意しておくと安心です。万全の対策をして、ぜひ旅行や帰省を楽しんでくださいね。

ゆるうんちモレしにくいおむつについてもっと詳しく見たい人はこちら

記事をシェアしよう!

ベビータウン会員になると、
ベビー用品についているポイントを集めて
ステキな景品と交換できます!!

  • 育児アンケートに答えるだけで、
    ポイントやプレゼントがもらえちゃう!
  • お子様の月齢にあわせた
    育児のアドバイスメールが届きます!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう