ベビータウン

保育園・幼稚園・教育

調査/レポート

保育園・幼稚園への通園の悩み【2009年版】

2009.08.05

ママとベッタリ過ごしている赤ちゃんの時期は意外と短くて、保育園なら早くて0歳から幼稚園でも3歳頃から通い始める子がほとんど。
わが子の成長はうれしいものだけれど親子にとって初めての通園は戸惑いもありますね。
一足先に通園を経験しているママたちに悩みをアンケートしてみました!

アンケートには3405名のベビータウン会員が協力してくれました。
みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!
(アンケート実施期間:2009年6月10日~6月17日)

みんなの通園の状況は?

半数以上の回答者が通園経験あり

今回の回答者は7割弱が専業ママ、約2割が何らかのお仕事をされているママ、約1割が産休・育休中のママでした。そのうち48%がまだ子どもを通園させた経験のない小さな赤ちゃんのママで、半数以上がすでに子どもの通園経験のある先輩ママ。

保育園と幼稚園の比率はほぼ同じで、それぞれ全体の3割でした(両方通わせた人もいるため重複もあり)。

幼稚園は私立が主流

通園させている保育園や幼稚園が公立か私立か尋ねたところ、保育園はほぼ半々でしたが、幼稚園では8割が私立でした。実際の施設数では、全国の保育園は公立が52%、私立が48%、幼稚園は公立が40%、私立が60%(平成19年度)なので、保育園はほぼ施設数と同等比ですが、幼稚園についてはベビータウン会員は私立を選ぶ傾向が高めのようです。

保育園の待機経験者は14%

保育園に通園させているママに、希望の時期から入園できたか尋ねたところ、「希望通りの時期に希望の保育園に入れた」人は4分の3(75%)。待機した経験のある人が14%、待機はしなかったけれど希望とは違う保育園になった人が11%でした。地域差はあると思いますが、全体の4分の1ものママが希望通りに子どもを預けられないのが現状のようです。

通園で何が大変?

費用の負担が一番。働くママは時間の制約?

私立幼稚園に通わせている家庭が多いせいか、通園で最も大変だと感じることは「費用の負担」。入園費や月々の保育料だけでなく、後述するように園で決められた準備品を揃えるのにもかなりお金がかかるようです。

また、送り迎えや役員・行事の参加など、時間的な制約がかかることを大変だと感じるママも少なくありません。特に働いているママからは「朝は自分の準備もあるし、ぐずっても子どもを連れて行かなければいけないから出かけるまでが大変」と出勤前にも一仕事あったり、「保育園の行事が多くて全部出るのはむずかしい」など、やはり仕事と育児の両立に悩むコメントが多数寄せられました。

通園についてママ自身が大変だと感じることは?

こんなにある!? 通園で決められているものたち

以下の持ち物の中で、保育園または幼稚園で既定のものが決められていたものは?

右のグラフは保育園と幼稚園でそれぞれ決められている持ち物です。幼稚園は私立通園者が多いためか、身に着けるものはほとんど規定のものがあるようです。決められたものがあった方が、考えなくて済むという気楽さもありますが、成長が速い子どもたちのものですから、サイズ替えもあるでしょうし、やはり費用はかかりそうですね。

送り迎えはどうしている?

保育園はマイカーで、幼稚園は通園バス

通園の主な方法は?

ママたちが負担に感じている送り迎えについて、実際にはどうしているのか尋ねたのが右のグラフです。

保育園のママは半数以上がマイカー使用。こちらも地域差があると思いますが、もしかしたらママやパパの通勤もマイカーで、出勤前に送っている人も多いのかもしれませんね。

幼稚園はやはり私立が多いためか、約半数が通園バスを利用しています。通園バスを希望するママも少なくありませんでしたから、バスがあることが幼稚園選びの基準になっている可能性もありますね。

通園にかけている時間は10分以内

では交通手段は問わず、通園にどれくらいの時間をかけているのでしょう? 最も多かったのは保育園では約5分で31%、幼稚園では約10分で33.3%。10分以内までの人が保育園では約70%、幼稚園では61%。この差は幼稚園のほうが保育園よりも施設数が少ないことが主な理由と考えられますが、保育園に子どもを通わせているのは働くママがほとんどなので、便宜性をより重視し、幼稚園の場合は若干時間がかかっても、保育内容で選んでいるママもいるのかもしれませんね。

通園グッズには
どんな手間がかかる?

袋物を手作りしているママが多数

保育園や幼稚園によっては、特定の通園グッズをママの手作りで指定しているところもあります。そうでなくても費用削減のためや、オリジナリティを出したり、他の子の持ち物と区別がしやすくするために手作りしているママもたくさんいるようです。 ママたちはどんなものを手作りしているのでしょう?

ほとんどが袋物で、右以外の「その他」の回答でも特定のものを入れる布袋が多く、通園にはいろいろな入れ物が必要なことがうかがえます。

袋以外では、イスにのせる座布団や、防災頭巾などもありました。

通園用グッズで手作りで準備されたものは?

すべての持ち物に名前入れが必要

冒頭の大変だと思ったことのランキングでは8位(22%)だった持ち物の名入れですが、あらためてどう思ったか尋ねると7割以上のママが「面倒だと思った」と答えています。身に着けるものから、おはしやお道具など子どもたちのすべての持ち物に名前を書かなければならないので、膨大な数になりますね。

名入れの手段は「手書き」が最も多く約8割いましたが、複数回答で「(通販などにある)名入れシールなどを利用した」と答えた人も約半数。パソコンを使ってオリジナルの名前シールを作っていたママも多く、面倒だからこそ少しでも手間を省いてかわいく名入れする方法を模索しているようでした。

通園グッズの名前入れについてどう感じましたか?

通園は子どもたちにとっての社会デビュー。
晴れの舞台を準備万端にしてあげるためにママにもすることがたくさんあるからそれだけに大変なこともありますね。

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしようムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしよう

保育園なら早くて0歳から、幼稚園でも3歳頃から通い始める子がほとんど。わが子の成長はうれしいものだけれど親子にとって初めての通園は戸惑いもありますね。一足先に通園を経験しているママたちに悩みをアンケートしてみました!出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」