ベビータウン

保育園・幼稚園・教育

調査/レポート

育児の悩みを分析!「保育園・幼稚園への通園の悩み」

2013.02.06

赤ちゃんが生まれると、ママにはお世話という仕事だけでなく赤ちゃんを社会や集団生活に溶け込ませる役割も出てきますね。
第1段階が保育園や幼稚園への通園です。
そのための準備もいろいろ必要です。
一足先に通園を経験している先輩ママたちの実態と悩みをアンケートしてみました!

アンケートには818名のベビータウン会員のママが協力してくれました。
みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!
(アンケート実施期間:2012年12月12日~12月18日)

みんなの通園の状況は?

今回は通園がテーマだけに、末子の年齢が3歳以上のママからの回答が最も多く、すでに2人以上子どもがいるママたちからたくさん回答をいただきました。

半数以上の回答者が通園経験あり

今回の回答者は66%が専業ママ、18%が何らかのお仕事をされているママ、15%が産休・育休中のママでした。2009年の調査よりも、休職中も含めて若干お仕事を持っているママが増えています。すでに子どもの通園経験のある先輩ママは全体の55%でした。

保育園の通園経験者が28.5%、幼稚園の通園経験者は34.5%と、専業ママの比率が高いためか幼稚園への通園者の方がやや多く見受けられました(保育園と幼稚園の両方の重複回答もあり)。

幼稚園は私立が主流

通園させている保育園や幼稚園が公立か私立か尋ねたところ、保育園はほぼ半々でしたが、幼稚園では8割が私立で、2009年の調査とほぼ同等でした。実際の施設数では、全国の保育園は公立が48%、私立が52%(2010年度)、幼稚園は公立が38%、私立が62%(2012年度)と、世の中全体で私立の比率が増加傾向にあります。

ベビータウン会員が通う保育園はほぼ実際の施設数と同等比ですが、幼稚園についてはベビータウン会員は私立を選ぶ傾向が高めなのも2009年と同様でした。

保育園の待機経験者は14%

保育園に通園させているママに、希望の時期から入園できたか尋ねたところ、「希望通りの時期に希望の保育園に入れた」人は4分の3(76%)。待機した経験のある人が14%、待機はしなかったけれど希望とは違う保育園になった人が10%で、2009年とほとんど一緒でした。地域差はあると思いますが、全体の4分の1ものママが希望通りに子どもを預けられない状況があまり変化していないということですね。

通園で何が大変?

送り迎えの手間が大変と感じる働くママ

通園で最も大変だと感じていることについて、2009年の調査では「費用」をあげたママが最も多かったですが、今回は僅差ながら「送り迎えの手間」が1番。保育園に通わせているママの方が送り迎えの手間と答えた傾向が高かったので、働くママの比率が前回より若干増えたためかもしれませんね。

通園にかける時間は、保育園では5分が最も多く、幼稚園では10分でした。通園の手段は保育園ではマイカーが最も多く、次いで自転車、一方幼稚園では通園バスが最も多く、時間がかかっても幼稚園のように専用バスがあるとママの心理的な負担感は少ないようです。

お子さまを保育園や幼稚園に通園させることで、ママ自身が大変だと感じることはどんなことですか?(複数回答可)

費用の負担感を感じる幼稚園ママ

通園で大変だと感じる2番目が「費用」。こちらは幼稚園に通うママに多い傾向が見られました。前述のように私立比率が高かったためと考えられますが、下の左グラフのように幼稚園では身に着けるものはほとんど規定があるようです。それらの購入費も含めるとママたちの負担感もうなずけますね。

託児目的の保育園では、規定のものでなくても赤ちゃんの昼間の時間の大半のお世話をしてもらうため、準備するものがとても多くなっています。それが下の右のグラフです。おうちで使っているものとほぼ同じ種類の育児グッズを、保育園用にも揃えなければならないということですね。

幼稚園で規定のものが決められていたもの(複数回答可)

保育園からの完全指定品以外で、実際に購入したもの(複数回答可)

通園にいくらかけられる?

保育園や幼稚園の通園や通園にかかるグッズなどの費用に、月々いくらぐらいかけられるかを尋ねてみました。もちろん私立派と公立派では入園や月々の月謝が異なりますし、公立の保育園の費用は収入によって異なるので回答にも幅がありましたが、最も多かったのが2万円台で、次いで3万円台。公立の幼稚園で月々約2万円、私立では約5万円と言われていますので、私立幼稚園に3年間通わせるのは、家計をあずかるママたちにとっては負担感が大きそうですね。

月々でかけられる、保育園や幼稚園(園に納める費用)と、通園に関連する子ども用品の費用の合算

通園グッズには
どんな手間がかかる?

袋物を手作りしているママが多数

保育園や幼稚園によっては、特定の通園グッズをママの手作りで指定しているところもあります。通園経験のあるママの約8割が手作りで何らかの通園グッズを作ったと回答しています。

何を作ったかの内訳がこのグラフです。2009年とほぼ同様の傾向で、「その他」の回答で多かったのも、選択肢に含まれていない特定のものを入れる袋、座布団などでした。

お子さまの通園用グッズで手作りで準備されたものはありますか?(複数回答可)

通園は始まる前は準備が、始まってからは費用や送り迎えなどいろいろ大変なことがあるようですね。
具体的に何がどう大変なのか、予めわかっているとうまく乗り越えられるかもしれません。
次号では、大変だったことの先輩ママたちの生の声や通園グッズ準備についてアイディアについて先輩ママたちの育児の知恵=いくぢえをご紹介します。お楽しみに!

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう