ベビータウン

お祝い・行事

調査/レポート

地域別赤ちゃんお祝い行事

2005.05.01

「赤ちゃんに幸あれ!」と、誕生や成長を祝う行事。
全国的には知られていないけれど地域や一族に伝わる、さまざまな行事についてベビータウン会員のママたちにお話をうかがいました!
伝統でなくても真似してみたいおもしろい行事もありましたよ!

みんなの行事アンケートデータはこちら

地域ならではの行事は
どんなのがある?

アンケートで「みなさんの地域に伝わる、赤ちゃんや子どもの成長を祈る伝統行事はありますか?」との問いに、いろいろな回答が寄せられました。回答数が多く、地域色がありそうなものを以下ご紹介します。

  • 以下はベビータウン会員からの回答内容をそのまままとめたものです。
    正式な行い方やしきたりとは異なる場合もあります。
  • 初山参り

    埼玉県や群馬県にお住まいの方が多く回答されていました。

    7月1日ごろ、富士山の山開きにあわせて、その1年に生まれた赤ちゃんが浅間神社でお祓いを受け、健やかな成長を祈って赤ちゃんのおでこに朱印をおしてもらうそうです。

  • みつめのぼたもち

    関東地方にお住まいの方から多く回答されていました。

    生後3日目に、赤ちゃんが産まれたことを知らせるためにご近所にぼたもちを配るそうです。これをやると母乳の出がよくなると言われている地域もあるようです。

  • 稚児行列

    なぜか愛知県の方からばかりでしたが、多数寄せられていました。

    そもそもは全国的に、お寺や神社の祭礼の際に、子どもたちが衣装を着て練り歩くという行事があるようです。たまたま今回のアンケートでは、祭礼が行われた神社仏閣が愛知県に多かったのでしょうか?「小学生になるまでに3回参加すると、災いがふりかからずに成人できる」という言い伝えがあるようです。

  • 大蛇山祭り

    福岡県大牟田で有名な大蛇山の祭礼。

    竹や紙で作られた大蛇の山車が町を行列するお祭りで、子どもを大蛇にかませると、1年間健康で過ごせるというならわしがあるそうです。

いろんな地域で
「将来占い」!?

今回のアンケートで各地で行われていたけれど、みんなやり方が違っていたおもしろい行事をご紹介します。

主に初誕生の際に行われていて、いろいろな生活用品を並べて、赤ちゃんがどれを選ぶかによって、将来どんな子どもになったり、どんな職業に就くかなどを占うという行事です。正式な行事名は不明ですが「えらびとり」と言われているところが多かったです。

では、みんなはどんな道具で占ったのでしょう?

ペンネーム みるっちさん(大阪府)
何の道具を使った?
その意味は?

物差し → デザイナー

筆 → 物書き

※他にもありましたが忘れました…

子どもは何を選んだ? 何回やっても物差しを選びました
ひとこと 地元の伝統かは不明ですが、私が1歳のときもやったそうです
ペンネーム だいきっきさん(東京都)
何の道具を使った?
その意味は?

筆 → 勉学の道にすすむ

そろばん(実際には計算機で代用) 
→ 理系の道にすすむ

わらじ → 体育会系の道にすすむ

はさみ → 器用になる

おちょこ → 酒飲みになる

定規 → 几帳面になる

お財布 → お金持ちになる

子どもは何を選んだ? お財布を選びました!
ひとこと パパの実家・福岡の方式でやりました
ペンネーム yaccoさん(福岡県)
何の道具を使った?
その意味は?

電卓 → 会計士

そろばん → 商売人

わらじ → 体育会系の道にすすむ

筆 → 書道家か画家

鉛筆 → 物書き

定規 → 設計士

1万円札 → お金持ち

子どもは何を選んだ? 筆と鉛筆を両方同時に取りました
ひとこと 道具は厳密に決まっていないような気がしたので、意味も自分で解釈しました
ペンネーム みにばらさん(広島県)
何の道具を使った?
その意味は?

米 → 農業

お金 → お金持ち

電卓 → 税理士

鉛筆 → 物書き

サングラス → スポーツマン

ぬいぐるみ → テーマパークで働く

子どもは何を選んだ? 鉛筆
ひとこと 道具は決まっていなかったので、そこいらにあるもので適当にこじつけました(^_^)。ママの実家・鳥取の行事と聞いています
ペンネーム ショコラさん(愛知県)
何の道具を使った?
その意味は?

そろばん → 計算に強い子どもになる

筆 → 読み書きがよくできる子どもになる

財布 → お金持ちになれる

子どもは何を選んだ? 財布
ひとこと パパの実家・岡山の行事
ペンネーム ゆづこうさん(福岡県)
何の道具を使った?
その意味は?

物差し → 頭の回転が速く計算が得意な子どもになる

筆 → 文章が上手な子どもになる

お金 → お金持ちになれる

子どもは何を選んだ? お金
ひとこと 地元・福岡の行事です
ペンネーム ゆう・きままさん(鳥取県)
何の道具を使った?
その意味は?

そろばん → 商売人

筆 → 学者

お金 → サラリーマン

子どもは何を選んだ?
ひとこと ママの実家・広島でやっていましたが、実母の出身地・島根の行事かもしれない
ペンネーム まほママ(神奈川県)
何の道具を使った?
その意味は?

筆、そろばん、定規
→ 上記3つは「読み書き計算がよくできる子どもになる」、職業なら商人?

裁ちばさみ → 裁縫が上手になる

六法全書 → 弁護士

くし → 美容師

子どもは何を選んだ? 裁ちばさみ
ひとこと 六法全書とくしは現代風にアレンジして付け加えました。パパの出身地・長野県に伝わる行事
ペンネーム ゴッホさん(広島県)
何の道具を使った?
その意味は?

米 → 食べ物に困らない

そろばん → 勉学にたける

1万円札 → お金に困らない

子どもは何を選んだ? そろばん
ひとこと ママの地元・広島の行事です
ペンネーム ゆとみゆさん(埼玉県)
何の道具を使った?
その意味は?

そろばん → 商才のある人になる

鉛筆 → 文才のある人になる

定規 → 地位の高い人になる

※他にもありましたが忘れました…

子どもは何を選んだ? そろばん
ひとこと パパの実家・福岡の行事のようです
ペンネーム りょうちゃんママ(愛知県)
何の道具を使った?
その意味は?

電卓 → 商売人

ボール → スポーツ選手

絵本 → 学者や教師

子どもは何を選んだ? 電卓
ひとこと 東京の友人がしていたのでおもしろそうでやってみました
ペンネーム マッキーさん(広島県)
何の道具を使った?
その意味は?

筆 → 文字や文章を使う仕事

辞書 → 頭を使う仕事

財布 → お金に困らない

そろばん → 商才にたける

子どもは何を選んだ?
ひとこと 地元・広島の行事
ペンネーム noronoroさん(沖縄県)
何の道具を使った?
その意味は?

炊いた白米 → 一生食べるものに困らない

千円札 → お金に不自由しない

はさみ → 手先が器用になり、その道の職につく

電卓 → 計算が得意で、その道の職につく

筆 → 芸術関係にたける

  • 電卓は本当はそろばんを使うようです
子どもは何を選んだ? 電卓
ひとこと 地元・広島の行事

なんだか楽しそうな行事ですね。
道具の種類も解釈も、時代の流れや家族の思い入れで変化しているようです。

みなさんも自己流でやってみてはいかがでしょう?

お祝い行事でこんな体験!

ここまでは、アンケートで地域や家庭の特色が見えつつ、回答数が多かったものをご紹介してきました。

つぎに、他にはあまり見られなかった体験をされたママに、お話をうかがいました。

お祝いなのに「おばけ」?

ともぷうさん(大阪府):5歳の男の子と1歳の女の子のママ

パパの実家・奈良のある地域では、さまざまな伝統行事が残っています。94歳になる大おばあちゃんが今でも元気に指揮をとってくれています。まず、妊娠中の帯祝いのときは、腹帯を巻くだけでなく、お赤飯を炊いて、ご近所に5合ずつ20軒くらいに配りました。パパから「1軒につき5合」と聞いたとき、最初は絶対まちがいだと思い「そんなにどうやって炊くのよ!」って言ったら、パパの実家には大きなかまどがまだあって、ちゃんと炊けるんです(笑)。
そして長男が生まれ、初誕生の際には「おばけ」と呼ばれるお披露目の行事がありました。子どもの頭に白い三角布をつけさせるので、本当におばけみたいなんです。そしてパパの実家に親戚縁者を40名以上お招きして、尾頭付きのお膳を用意してお披露目の大宴会をしました。もう結婚披露宴なみで、出席してくださった方々には引き出物も贈るんです。東京に住んでいるパパのいとこまで来てくれて、それはもう盛大。また、箕(農業用のザルのようなもの)に入れたお金をまいて、子どもに拾い集めさせます。将来お金に困らないようにということのようです。長男はいわゆる本家の跡取りにあたるため、特に盛大だったようで、長女のときはもう少し人数は少なかったですが「おばけ」はやっていただきました。
都会の核家族で育った私には、最初はビックリして大変だなと思いましたが、今ではこんな経験はめったにできないと思い、おもしろくてしかたないです(笑)。
こうした費用はすべてパパの実家が負担してくれますので、出産のお祝いでいただいた現金はすべてパパの実家に渡していますが、それ以上のことをしてもらっているとありがたく思っています。

おびやあけの真っ最中に震災が!

ジゴロウさん(神奈川県):2歳の男の子と、6ヶ月の男の子のママ

私の実家の新潟では「おびやあけ」という、産後の床上げをする行事があります。男の子なら出産後20日目、女の子なら21日目にやるもので、それまでは産婦はゆっくり体をやすめて養生する、ということになっています。授乳以外には寝たきりの生活から、普通の生活に戻りますよ、という区切りに、赤ちゃんのお披露目もかねて親戚を呼んでお食事会をするのが通常のようです。私は2人の子どもは両方里帰り出産でしたので、上の子のときもやりました。
ところが、次男のおびやあけの日に、ちょうど去年の新潟中越地震が起きたのです。実家でこぢんまりと、仕出し弁当をとっておびやあけをしようと、私の父が夕食代わりの仕出し弁当を取りに行って戻ってきたときでした。私は次男をお風呂に入れてあがったばかりのときにグラッと。とっさに次男に覆い被さり、父と母は長男を抱えて私の側に寄り添い(パパは仕事があったので、神奈川の自宅にいました)みんなでしばらくじっと固まっていました。幸い家族にけがはありませんでしたが、停電で家の中は真っ暗。一時避難所に行きましたが、家も無事だったこともあり帰宅しました。でも電気は停まったままなので、車の中で家族5人で仕出し弁当を食べてのおびやあけとなりました。
あのとき父は、一瞬もうダメだと思ったそうですが、そんな素振りはみせずに私たちを抱え、ずっと「大丈夫だぞ」と言い続けてくれていました。そんな父が頼もしく、あらためて親のありがたみを感じたおびやあけの1日でした。

ジゴロウさんご一家は無事で本当によかったですね。
お祝いの行事は赤ちゃんの健やかな成長を祈るとともに家族にとって忘れられない思い出にもなりますね。

昔からの伝統行事を楽しむともぷうさんも素敵です。
子どもにまつわるさまざまな行事は時代とともに形式は変わることはあっても子どもを思う親の気持ちは変わらないのだな、とあらためて感じますね。

あわせて読みたい記事

関連用語集

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

赤ちゃんが生まれたとき成長を祝うためのお祝いはすると思いますが、地域によってはその地域ならではの伝統行事があったりします。いったいどのようなお祝い方法があるのか見てみましょう!出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」