ベビータウン

離乳食・食事

専門家/メーカー

赤ちゃんが飲んでうれしい飲み物って?

2013.04.10

離乳食が始まると、日に日に食べたり飲んだりできるものが増えていく赤ちゃん。食の成長とともに心も成長して、なんでも自分でやりたがり出すのもこの頃ですね。赤ちゃんの栄養と気持ちを満たしつつ、ママが困らない便利な飲み物について考えてみましょう!

取材協力:和光堂wakodo

赤ちゃんにとって
飲み物とは?

離乳食が始まるまでは、ママの母乳やミルクだけで成長する赤ちゃん。それだけで生後5ヶ月くらいまではぐんぐん成長するから不思議ですね。母乳やミルクは栄養はもちろん、それ自体に水分が含まれていますが、汗っかきの赤ちゃんには白湯や薄い麦茶などで水分補給が必要ですね。

離乳食が始まって、固形物をとるようになると、さらに意識した水分補給の重要性が高まってきます。人間は体重の半分以上を水分が占めていて、大人でも体重の約60%、赤ちゃんは70~80%。

大人も同じですが、水分は食事を食べやすくすることはもちろん、汗やおしっことして失われていく分を補給するために大切な役割があります。

赤ちゃんの飲み物に対する
ママの気持ちは?

離乳食が進むと、赤ちゃんは食事の種類だけでなく、いろいろな飲み物を飲めるようになってきます。でも甘いジュースはくせになりそうだし、ジュースばかり飲んでご飯を食べなくなったらという心配もあります。

一方で好き嫌いが出てくるのもこの頃。ママたちはできれば好き嫌いは少なく、飲み物からも栄養がとれたらな、と思いますよね。

飲み物に対する
赤ちゃんの気持ちは?

離乳食がスタートしている赤ちゃんは、お座りができたり、そのうちはいはいを始めたりと、体の発達が著しい時期。行動範囲が広がり、好奇心が旺盛になってきます。

初めはママに食べさせてもらっていた離乳食も、スプーンを自分で持ちたがったり、自分でやりたい気持ちがどんどん出てきます。飲み物も同じで、吸い口やストローで飲めるようになってくると、マグを自分で持って飲みたがったりしませんか? 倒してもこぼれにくくできているベビー用のマグならまだしも、おでかけのときに与えた紙パックなどを持ちたがることも。力加減がわからず思わずギュッとつかんでしまったら…、ストローや穴から大噴出!

そんな経験、きっとみなさんもありますよね。食べこぼしやあふれる飲み物もわが子の成長の過程とはいえ、毎度のこととなるとちょっとママは辟易してしまうかも。

月齢別の離乳食の進め方はこちら

ベビータウンが
オススメする
赤ちゃん飲料はコレ!

おいしく飲めて安心な赤ちゃん用の飲み物はママにとっても強い味方。特に野菜をとらせたい朝食時はもちろん、できればおやつの時間でも野菜をとらせたいと思うママにも最適です。おでかけのときにもママバッグに入れておけば、いつでも飲ませてあげられますね。

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

離乳食が始まるまではママの母乳やミルクだけで成長する赤ちゃん。離乳食の始まりと一緒に飲み物からも栄養を補給開始!赤ちゃんにもママにもうれしい飲み物って?赤ちゃんとママの気持ちから飲み物を紹介します。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」