ベビータウン

離乳食・食事

専門家/メーカー

【1~2歳の食事】食べたいから食べる!夢中で食べる時期

2002.06.20

1才のお誕生日が過ぎたら、赤ちゃんは、”子ども”に。
そろそろ幼児食へと進みます。
この時期、残さず食べる・好き嫌いなく食べる・スプーンを使いこなしてお行儀よく食べる、など食事のしつけが気になりだすママもいるのでは?

でも、1~2才は、「自我」が芽生えて「食べたいから食べる」「何でも自分でするのダ」の自己主張が盛んなお年頃。
ママの目には「困ったちゃん」と映る言動が増えますがそれもこれもからだと心、脳がどんどん成長している証。

1~2才児の発達をタダしく理解できると食事タイムはストレスのない平和なひとときに!

協力 東京家政大学ナースリールーム 
(監修 佐々木聡子/東京家政大学児童学科准教授)

ナースリールームのある日のメニュー

  • カレー味シチューライス
  • 味噌汁
  • 煮 豆
  • 切り干し大根の煮物
  • フキの煮物
  • ワカメとシラス和え
  • お 茶
  • 器も1人ずつお盆にセットするのではなく、お席に着いてから配膳で~す。大人っぽいね。でもテーブルの下には汚れ対策のシートが敷いてあります。手づかみ食べがメインで、スプーン使いが上手でないので、これは欠かせないのです。

「困ったちゃん」カタログ
~お行儀の悪さは
たくましい食力の証拠~

手づかみ食べ

肉団子もご飯もポテトサラダも、しばしば手づかみで食べちゃう!手はベトベト、食べ物はぐちゃぐちゃ。きれい好きママは、オーマイゴッド!

でもね、ママ

「自分で食べるのダ!」が1~2才児。でも、スプーンやフォークはまだ上手には使いこなせないので、何でも手づかみで食べちゃうのです。手づかみ食べは、子どもの「自分で食べたい」意欲を満足させる最適の食べ方なんです。

シチューに手を入れる

スプーンを投げ出し、シチュー皿に手を入れて、じゃがいも、にんじんをつまみだす。これって食べてな~い、遊んでる!ママはキレそうになるかも...

でもね、ママ

子どもは一気に目覚めてくる好奇心のままに、いろいろな食べ物を探索しているんです。やわらかさ、固さ、ベトベト、ツルツルなど、食べ物の性質を知るには、スプーンが介在するより手づかみが一番。手で触れる感触から、食べ物のかたさなどを知ろうと学習しているのです!

口から出してまた入れて

肉団子を半分にちぎってあげようとするとイヤ!まるごと口に入れて「オエッ」。口から吐き出したと思ったら、また食べてる。ママの食欲は見事に減退するね。

でもね、ママ

これは、自分の口に合った一口量を学んでいるんです。はじめは全部口に押し込んで噛むことも飲み込むこともできずにお皿に吐き出したり、また口に入れたりしながら、自分に合った一口はどのぐらいかがわかっていくのです。

ご飯をテーブルにあける

スプーンでご飯をうまくすくえない。ママが手伝おうとした瞬間、茶碗をひっくり返してご飯をテーブルにあけて手づかみで食べてる。ヒト様には見せられないかも。

でもね、ママ

1~2才児には食事は格闘技のレベル。一生懸命に夢中になって、自分の力で食べようとするけなげな姿なのです。食べ物と格闘しながら、やがてスプーンやフォークを使いこなすことができるようになるのです。

「ダメ」&「イヤ」

ママが食べさせようとすると「イヤ」、片づけようとすると「ダメ」。食事時間なのに「いらない」。食事時間は長引くし、乱れるし、忙しいママはプッツンしそう。

でもね、ママ

食事だけでなくいろいろな場面で「イヤ」「ダメ」「ボクが」「自分で」を連発するのが1~2才児の特徴。ママと一体だった赤ちゃん期を卒業して、自我が芽生えはじめた成長の証です。それに、この時期の食欲は本能的。食べたいから食べるし、食べたくないときは食べないのです。

食力を育てるママのワザ

小さくしすぎない

1才3~4ヶ月まではまるごと口に入れていた食べ物も、2才頃には自分の一口分がわかってきます。子どもの口に合うように食べ物を全部小さくしてあげると、一口量を自分で学ぶチャンスがなくなってしまいます。歯で噛み切れる食べ物は、大きいまま食卓へ出しましょう。

メニューは自然に

全部手づかみで食べられるようにする必要はありません。手づかみで食べにくいものはスプーンですくう、コップから飲むなどの学びのチャンスを作ってあげましょう。ぽろぽろこぼれるチャーハン、手づかみ食べできないスープなども入れて。メニューは自然でいいのです。

食事時間はおおらかに

食欲が本能的なこの時期は、おなかがすいていれば食べますがすいていなければ食べません。空腹がポイントなので、食事時間にはあまりこだわらないで。おなかがすいていても食べたくなければ食べないことも。食べるのは子ども自身です。1食ぐらい抜けてもいいぐらいおおらかに。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

関連用語集

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

1歳の誕生日をすぎるとそろそろ「幼児食」の始まり。この頃子どもの食事のしつけが気になりだすママもいるのでは?でも1、2歳の頃は「自我」が芽生える時期でもあります。この頃の発達を理解してお食事タイムはストレスなく進めましょう。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」