ベビータウン

離乳食・食事

専門家/メーカー

【9~11ヶ月頃の食事】自分で食べたがるけどママの助けが必要な時期

2002.05.20

乳児期後半はお乳の卒業を視野に入れて本格的に離乳食に進める大切な時期ですね。

だからママは食べ物の形や量、種類に気をとられがち。
でも、ちょっと違う方向から赤ちゃんの食べる姿を見てみましょう。
赤ちゃんは食べて遊んで眠って成長していきます。
食べる力は生きる力が育つこともあるのですね。

そんな視点で見てみると、ホラ!
食卓で見せる赤ちゃんのいろいろな行動はたくましい成長の証。
ちょっぴりお行儀が悪くてもいいじゃない!
毎日の食卓はとても面白い時間になりますよ。

協力 東京家政大学ナースリールーム 
(監修 佐々木聡子/東京家政大学児童学科准教授)

この頃の赤ちゃんの食べる姿

食力の基本になるのが、赤ちゃんの摂食機能の発達です。ママが赤ちゃんの摂食機能を理解できると、食事タイムはとても心地よい時間になります。

「ママに食べさせてもらい」ながらも「自分で食べたくなる」時期。スプーンを自分で持ちたがり、ポトンと床に落っことしたり、お皿をトントン叩いたり。まるでスプーンをおもちゃにしているみたい!

そう、この時期、赤ちゃんにとってスプーンはおもちゃと一緒。いじってなめて、叩いて落としながら、スプーンって何だろう?この食べ物はどうやってお口に入れればいいんだろうと一生懸命「探索」しているのです。

この頃のママのココロ

ママにすればスプーンは食具(食事をする道具)です。食べ物をのせて口に入れるものなのに、ひっくり返すし、なめるし、落とすし、お皿を叩くし。ママには赤ちゃんがいたずらしているとしか映りませんね。

「だめ!」を連発したり、スプーンを取りあげたくなるのがこの頃のママのココロというものです。

でも、赤ちゃんの成長に欠かせないのが探索行動。五感をフルに使って食べ物の性質やスプーンの扱い方を知ろうとするのが、この頃の赤ちゃんの学習の仕方と理解しましょう。スプーンやお皿、フォークで遊ぶのは、食力がたくましく育っている証拠とうれしくなるはず!

ナースリールームのある日のメニュー

  • シチュー(発達に合わせてゴハンと別盛りのこともあります)
  • 味噌汁
  • 煮 豆
  • 切り干し大根の煮物
  • フキの煮物
  • お 茶
  • 煮物はうまみが口の中に広がるように汁を多くしてあります。

食力を育てるママのワザ

これぞ典型!9~11ヶ月ころのお食事グラフティ

その1

ママと赤ちゃんと2つのスプーンを用意しましょう。
赤ちゃんはきっと、ママがもつスプーンに興味を示して持ちたがります。持たせてあげると、あれこれいじってママが「ちょうだい」と頼んでも返してくれないもの。こちらは赤ちゃん用にして、ママは赤ちゃんの口に食べ物を運ぶもう1本のスプーンを確保しておきましょう。

その2

食べ物をスプーンに入れて手渡してあげましょう。
スプーンは食べるときに関係があるもの、必要なものとして気になりはじめても、まだ使いこなせないのがこの時期ですが、「無理」と決めつけずに「食べてみる?」と、スプーンに食べ物を載せて手渡してあげましょう。チャレンジが赤ちゃんの食力を育てます。

その3

ママが口にスプーンを運んで食べさせます。
この時期、赤ちゃんの摂食機能の発達は、「食べるようになる」ではなく「食べたくなる」のです。食具を使って食べるようになるのはもう少し先のこと。赤ちゃんにまかせておくと赤ちゃんのおなかはすいたまま。ママが様子をみながら食べ物を口に運んであげましょう。

その4

食卓、床、洋服が汚れてもいい対策をたてましょう。
まだスプーンを握って口の中に入れることはできません。スプーンを落としたり、食べ物が入っているのにトントンテーブルを叩いたりして、食卓も洋服も床も汚れます。食卓や床に新聞などを敷いたり(そのまま捨てられます)、エプロンを着せて汚れ対策を。「まだ無理」と禁止するより、汚れ対策バッチリでたくましい食力を育てましょう。

赤ちゃんがかんしゃくを起こすわけ

ココロの育ちからいうと、この頃は「依存期」。食事タイムでは、ママと向き合って1対1で食べさせてもらう時期です。「自分が食べる」と頑張るのはもう少し先の1歳児になってから。ママが食べさせようとすると、素直に口をあけてパクパク食べますよ。

この時期ママが犯しやすい失敗は、赤ちゃんの自主性を重んじすぎること。赤ちゃんにまかせたままにしておくと、思うようにスプーンを使えないし、食べ物は口に入らないし、おなかはいっぱいにならないし、ご機嫌は斜めに。かんしゃくを起こす子もいます。

ママ、食事タイムに赤ちゃんが怒るのは、実はうまく食べることができないから。スプーンを持たせながら、ママはタイミングよく、食べ物を赤ちゃんの口に入れてあげるのが、カシコイ解決法です。

あわせて読みたい記事

関連用語集

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

9~11ヶ月頃は卒乳を視野に入れて本格的に離乳食を進める時期。赤ちゃんは食べて遊んで寝て成長します。食べる力は生きる力。そんな風に見ると食卓で見せる赤ちゃんの行動はたくましい成長の証ですね。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」