ベビータウン

おでかけ

体験/アドバイス

赤ちゃんとのおでかけ全般についてのアドバイス

2016.03.02

おでかけ全般のコツ

先輩ママたちは、どのような工夫をしておでかけしているのでしょうか。
まずは、おでかけ全般で共通するコツについてみていきましょう。

ポジティブな気持ちでいる

「赤ちゃんと一緒だから楽しい」など、前向きな気持ちが大切だという声が多数ありました。ママが不安そうにしていたら赤ちゃんは余計に泣きやすくなってしまうので、周囲に配慮しつつも「赤ちゃんは泣くものだ」と、ある程度割り切る気持ちも必要だそうです。赤ちゃんと過ごす貴重な時間。ぜひ、積極的に楽しんでくださいね。

謙虚な気持ちでいる

子連れだから迷惑かけて当たり前という態度をとったり、マナーを守らないでいると、周囲の反発をまねいてしまいます。子どもが騒いだときは一言お詫びするなど、自分が相手を思いやる行動をとっていると、周りも親切にしてくれることが多くなるという意見もありました。

子連れにやさしい場所と時間を選ぶ

ラッシュの時間を避けたり、子連れが多い場所に行くようにするなど、赤ちゃんと一緒におでかけしやすい時間と場所を選ぶと良いようです。子連れが多い場所だと、子どもが多少騒いでも迷惑になりにくいですし、授乳室やおむつ替えの設備が整っている場合も多いですよね。でかける前に、ネットや口コミでリサーチしておくというママが多数いらっしゃいました。

ゆとりのあるスケジュール

赤ちゃんと一緒のおでかけは、子どもの体調やご機嫌を優先させることが多いので、予定通りになかなか進みません。スケジュールにはゆとりをもたせたほうが、イライラしないでおでかけを楽しむことができるようです。

あやしグッズを用意する

荷物はできるだけ少なくしたいとはいえ、飲み物おかしお気に入りのおもちゃなど、赤ちゃんのご機嫌が良くなるグッズは必需品だそうです。スマホで動画を見せるのも効果があるようですね。

大人二人以上ででかける

パパが一緒ならば、荷物をもってもらったり、交代で抱っこができたりするので、スムーズにおでかけができるようです。ママ友おばあちゃんと一緒のおでかけも、ママがトイレに行くときに見てくれて、とても助かったとの声が多くありました。

私はこう思った!
(先輩ママのコメント集)

ポジティブな気持ちでいる

  • 「外に出て、親子共々気分転換したい!」「いかに、この状況を楽しめるようにするか」と考えれば、何事も創意工夫するのが楽しくなって、アイディアが生まれてくる。要は、発想の転換!家に引きこもるのではなく、是非どんどん外に出てほしい。世の中、言われるほど子どもにつらくあたる人はいませんよ。

    (東京都/2歳児と6歳児のママ)

  • それを「しんどいことだ」と思ってしまうと、出かけることも億劫になるよね。私はスリングで出かける時、冬はくっついててあったかいからうれしかった。ずっと密着している安心感は、おうちでの抱っことは違うもの。

    (兵庫県/10歳児以上のママ)

  • 迷惑をかけないように配慮しつつ、赤ちゃんは泣くものだとある程度は割りきる!

    (山口県/1歳児と6歳児のママ)

謙虚な気持ちでいる

  • 赤ちゃん連れだから特別に優しくしてもらえるとかはないし、それを期待してはいけない。優しくしてもらえたらありがたいと考えるくらいでちょうど良いと思うこと。過度の期待をしている人に限って不満が多くて損しているように思う。

    (京都府/4歳児のママ)

  • 周りに迷惑をかけないようにしている。レストランで料理が届くまでに騒ぎそうになったら、シールや音の出ないおもちゃを渡したり、食べこぼしはキレイに片づけたり。こちらが気をつけて行動していると、相手が助けてくれたり、声をかけてくれたりするので、おでかけが楽しくなった。

    (愛知県/1歳児のママ)

  • 子連れだからこそ謙虚にする。

    (広島県/1歳児のママ)

子連れにやさしい場所と時間を選ぶ

  • ファミリー向けの施設や家族連れが多いお店に行く。そのほうが気持ち的に安心できる。

    (栃木県/0歳児のママ)

  • とにかく下調べ!授乳室があるか、赤ちゃんOKか、口コミは?などチェックして、子連れでも大丈夫そうなところに行くようにする。

    (熊本県/0歳児のママ)

  • 電車に乗る時はラッシュ時刻は避ける。

    (大阪府/0歳児のママ)

  • なるべく空いている平日の午前中に出かけると、人が少ないし移動しやすいです。

    (岐阜県/1歳児のママ)

ゆとりのあるスケジュール

  • あれもしたい、これもしたいと欲張らず、子どもの体調や機嫌を優先して楽しく過ごせるようにしています。まだ0歳なので、大人のスケジュールに合わせようとしても難しいかなと思っています。

    (栃木県/0歳児のママ)

  • 赤ちゃんのいるときは、あれもこれも・・・と思わず、最低限の予定をこなし、時間のかかる用事や買い物は一人の時に行う。

    (富山県/3歳児と5歳児のママ)

  • 時間に余裕をもって出かけること!電車内でぐずってしまっても、いったん電車を降りてあやす時間があるくらい、気持ちにゆとりをもった状態で出かけるようにしています。

    (東京都/0歳児、2歳児と6歳児のママ)

あやしグッズを用意する

  • ジュースやおやつ、絵本、おもちゃなど、ぐずり対策グッズを用意しておくこと。

    (京都府/1歳児と4歳児のママ)

  • なるべく荷物を減らす。でも、ぐずったときに気をひくためのグッズはある程度持っておくとラクです。おすすめは、磁石タイプのミニお絵かきボードとミニ絵本とミニシールブック。これでダメならスマホで動画ですが、ほぼこれで上の子でもヒマをつぶせます。

    (香川県/1歳児と4歳児のママ)

  • 赤ちゃんが家で遊んでる時やごきげんな時の動画をスマホで撮っておいて、どうしてもグズって困った時に見せる。自分の動画に興味津々になってとりあえず泣き止みます。

    (大阪府/2歳児のママ)

大人二人以上ででかける

  • バスにのるのはパパといる時のみ。ベビーカーをたたむ可能性があるときは、荷物はなるべく減らす、買い物もあまりしない。子どもが寝てから、すいている各駅停車に乗る。満員電車にのる必要のあるときは、もちろんパパと一緒で、抱っこひもも併用する。

    (神奈川県/2歳児のママ)

  • 家族の協力!外出はできるだけ家族ででかけて、自分のトイレの時などは赤ちゃんを家族に預けていました。

    (埼玉県/2歳児と9歳児のママ)

  • なるべく手助けしてくれる人がいるときに出かけていました。一人で子どもを連れてでかけるのはなかなか大変でしたので…。

    (熊本県/2歳児と4歳児のママ)

  • ママ仲間が赤ちゃんのおでかけについてどのようなことに悩んでいるかのデータも合わせてご覧ください!こちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

先輩ママたちは、どのような工夫をしておでかけしているのでしょうか。先輩ママたちのおでかけ全般で共通するコツをご紹介します。自分が出かけるときにどのような準備をすればよいかなど、参考にしてください。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」