ベビータウン

育児にかかるお金

消費税10%になる前に!お得におむつをまとめ買い

2019.08.07

3%からスタートした消費税も徐々にあがっていき、2019年10月からはついに10%になります。長期間ストックできるものは、増税前にまとめ買いをしておきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。今回は育児用品のなかでもまとめ買いをする人が多い、「おむつ」を買うときに注意しておきたいポイントやお得な情報についてご紹介します。

取材協力:ユニ・チャームunicharm

2019年10月から消費税がアップ!

2019年10月1日から消費税が8%から10%にアップします。同時に幼児教育・保育の無償化を含む改正子ども・子育て支援法も実施されます。赤ちゃんのいるママやパパにとって幼児教育・保育の無償化は嬉しいことですが、やはり消費税アップで家計の負担が増加することは見逃せないものですよね。少しでも負担を減らしたいと、高額なものを増税の前に購入したり、ストックできるもののまとめ買いを検討する方も多いのではないでしょうか。

ただし、今回の消費税アップは今までと少し違って「酒類・外食を除く飲食料品」「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」は、「軽減税率」が適用されて消費税が8%のままだということ。外食やお酒以外の食べ物については、焦ってまとめ買いする必要はありません。

消費税が上がる前に買いだめするのがお得

食品以外の洗濯洗剤やシャンプー・トイレットペーパーなど、日常的に使っているもの、長期期間ストックできるものは、買っておけば必ず使うものなので、まとめ買いをしておく方が多いようです。赤ちゃんがいる家庭では、消費量の多いおむつやおしりふきもぜひ買いだめしておきたいですね。

おむつ替えは月齢や赤ちゃんによってバラつきはありますが、1日に平均10枚くらい使うと仮定すると、1ヶ月に300枚。おむつを卒業する時まで続くことを考えると、かなりの量になります。
例えば1パック60枚入り1,500円のおむつだとしたら、8%の時は1,620円(税込)だったのが、10%だと1,650円(税込)。1ヶ月5パック買うとしたら、増税前に買ったほうが月150円、おむつを3年間使ったとすると150円×12ヶ月×3年で5,400円お得になります。さらにおしりふきのことも考えると、もっと大きな金額になりますね。また、おむつの卒業が近い方もトイレトーニングパンツ、夜のおしっこ夜用(おねしょ用)パンツなど、通常のおむつ以外の購入を、この機会に検討してみても良いかもしれません。

おむつ購入後は、ベビータウンポイントがもらえるキャンペーンに参加するとさらにお得!

2019年7月1日(月)~9月30日(月)の増税前に「ママ・パパ応援キャンペーン」と題して、ユニ・チャームのベビータウンポイント対象商品についているシリアルナンバーを登録すると、お得にポイントがもらえるキャンペーンが行われています。

期間中にシリアルナンバーを登録すると、マイページのスタンプカードにスタンプが貯まっていきます。毎月スタンプが5つ以上貯まったら、アンケートへの回答権をゲット。アンケートに回答すればキャンペーンへの応募は完了です。
キャンペーンに応募するともれなくベビータウンポイントを10ポイントプレゼント。さらに抽選で、最大10,000ポイントのベビータウンポイントが総計25,250名に当たります。

抽選は7月、8月、9月と3回あるので、ベビータウン対象商品を購入した際は、ぜひこのお得なキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか。

ママ・パパ応援キャンペーンについてもっと詳しく知りたい方はこちら>>

おむつは子どもの成長を予測して、賢くまとめ買いしよう!

消費税増税前におむつをまとめて買いしておくとお得なことをお伝えしましたが、注意しておきたいのは、どのサイズをどれくらい買うかです。おむつは、赤ちゃんの体にあったサイズをつけてあげることが大切なので、まとめ買いをする時は成長を予測すると良いでしょう。でもはじめての子育てだと、どのようなスピードで赤ちゃんが成長するか、全く想像がつかないという方も多いですよね。

赤ちゃんの成長は個人差があるので一概には言えませんが、だいたいのイメージをつかむのに参考にできるのが、厚生労働省が10年ごとに行う「乳幼児身体発育調査」。身長と体重の統計データを参考にすると、生まれてから生後6ヶ月頃までは急激に成長するけれど、その後徐々に成長がゆるやかになるなど、今後の赤ちゃんの成長がイメージしやすくなります。母子手帳に載っていることも多いのでチェックしてみてください。おむつは、基本的には体重を目安にしてサイズを選ぶので、体重の増え方を確認して、Sサイズを〇パック、Mサイズを〇パック買おうなどと、計画を立てると良いでしょう。

(厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査」を元に作成)

例えば、平成22年の「乳幼児身体発育調査」を参考にすると、男の子の場合、生後1ヶ月の赤ちゃんの体重の中央値が4,130g、3ヶ月~4ヶ月未満が6,630gなので、この頃まではSサイズ(対象体重:4~8kg)は使えそうだな、少なくても3ヶ月はSサイズが使えそうだから月300枚として900枚分は買っておこう。その先のMサイズは…というように、予想が立てやすくなります。

消費税が10%に増税される前に賢くまとめ買いをして、できるだけ出費は控えたいもの。ただし、おむつは成長を予測して、購入するサイズを考えることが大切です。厚生労働省の調査結果などを参考に、上手にお買い物しましょう。購入後はお得なキャンペーンに参加して、ぜひベビータウンポイントをゲットしてくださいね。

「ママ・パパ応援キャンペーン」の対象になっているおむつについて詳しく 知りたい方はこちら

あわせて読みたい記事

関連用語集

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

2019年10月から消費税が10%にアップ!長期間ストックできるものは、増税前にまとめ買いをしておきたい方も多いですよね。まとめ買いをする人が多い、おむつを買うときに注意しておきたいポイントやお得な情報をご紹介します。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」