ベビータウン

その他

体験/アドバイス

出産準備品「ベビーソープ選び」のコツ

2015.01.07

ベビーソープ選びのコツ

大人よりもずっと角質層が薄い赤ちゃんの肌は、とってもデリケート。
ママ達はベビーソープを選ぶのにも、いろいろなことを考えて選んでいるようです。

いろいろ試す

ベビーソープも、サンプルなど、いろいろ試して決めたほうが良いという意見が多数ありました。ママが実際に使用して、ヒリヒリしないか試すのも良いですね。目にしみにくい石けんも多く売られていますが、本当にしみにくいのか、自分が体感したほうが安心できそうです。ベビーソープはもちろん大人も使えるので、少量のものをいくつか買って、いろいろ試して一番良いものを赤ちゃんに使って、他はママとパパで使うなんてこともできますね。

使いやすさを考える

慣れないうちは赤ちゃんを一人でお風呂にいれるのって、大変ですよね。使いやすさは重要です。赤ちゃんを片手で支えながら、もう片方の手で石けんを泡立てるのは大変なので、ポンプを押すと泡が出てくるタイプのものがとても便利だそうです。他にも、目に入ってもしみにくいベビーソープや、洗い流さなくて良い沐浴剤も人気でした。

成分をチェックする

弱酸性のものが良い、保湿力が高いものが良い、無添加が良いなど、ママのこだわりがあり、成分をチェックして購入する場合も多いようです。ネットなどには、必要以上に不安を煽る情報が載っていることもあるので、神経質になりすぎないようにすることも大切ですが、どのような成分が入っているものなのか、知っておくことは良いことですね。

私はこう思った!
(先輩ママのコメント集)

いろいろ試す

  • まず必ずサンプルを試す。ベビーソープが合わなくて湿疹が出ることもあります。

    (神奈川県/1歳児と4歳児のママ)

  • 妊娠中にメーカーのサンプルを収集しておいて、実際に使用してみてから、赤ちゃんに合ったメーカーを選ぶと良いと思います。

    (千葉県/1歳児のママ)

  • 最初、メジャーな商品を買いましたが、冬場で乾燥しがちだったこともあり、肌荒れして病院に行くはめに。試しに自分で使ったところ、あかぎれっぽい部分にしみて痛かったので、子どもにかわいそうなことをしたと反省。今使っているものは大型店にサンプルが置いてあり、私のささくれにつけてもしみなかったものです。以降それを使っています。できれば事前に自分の肌(敏感そうな部分)を洗ってみることをおすすめします。

    (山形県/1歳児のママ)

成分をチェックする

  • 成分を見て、赤ちゃんに本当によいものかどうか自分で確認すること。

    (徳島県/0歳児と5歳児のママ)

  • 弱酸性や、赤ちゃんに使えると表記してある商品が良いと思います。

    (神奈川県/3歳児のママ)

  • 裏の成分表示をみて、納得できるものを選ぶべき。

    (滋賀県/2歳児のママ)

使いやすさを考える

  • 昔からある石けんタイプのものが良いだろうとはじめ固形のものを購入しましたが、ひとりでお風呂にいれるときに泡立てるのが大変でした。産院では泡で出てくるベビーソープを使っていたのでそちらに変えたところ、子どもが嫌がる前にさっと洗うことができるようになりましたので、私は泡で出るタイプをおすすめします。

    (愛知県/0歳児のママ)

  • 沐浴用で、すすぎの不要なものが楽です。沐浴を卒業して、ベビーソープなら、大人と一緒に使えるような無添加商品のほうが、風呂場もスッキリすると思います。

    (広島県/10歳児以上のママ)

  • 目にしみにくい泡タイプがおすすめ。

    (福岡県/0歳児のママ)

  • ママ仲間が出産準備品についてどのようなことに悩んでいるかのデータも合わせてご覧ください!こちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

大人よりもずっと角質層が薄い赤ちゃんの肌は、とってもデリケート。ママ達はベビーソープ(ベビー石鹸)を選ぶのにも、いろいろなことを考えて選んでいるようです。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」