ベビータウン

おふろ・スキンケア・衛生

歯磨きの習慣は子どもの成長にあわせて

2002.12.20

歯がはえたら始まる歯磨きのお世話。
赤ちゃんの成長に合わせて焦らず、無理強いせずに。
こんな工夫で歯磨きを楽しい習慣に。

基本講座歯磨き習慣のリードは
赤ちゃんの成長に合わせて

最初はきれいなガーゼでふいてあげる

初めて歯がはえるのはだいたい生後6ヶ月ごろ。1歳ごろまでに下の前歯2本、上の前歯2本の計4本がはえてきます。はえ始めのころの手入れは、きれいにふいてあげること。お湯でしぼったガーゼや、ぬらした綿棒で歯の表面についた汚れをふきとってあげます。

ガーゼを指に巻きつけて

抱っこしてふいてあげましょう

口の中に何かを入れられるのは嫌いという赤ちゃんも多いんです。なにしろ初めての経験ですからね。しっかり抱っこして赤ちゃんが安心できる姿勢で、ふいてあげると次第に慣れていきます。

お風呂のあとに髪の毛をふく、体をふくなどの動きに
組みこんであげるとイヤイヤが出にくい

赤ちゃん用歯ブラシでこする

歯が4本ぐらいはえたら歯ブラシを使います。やっぱりママが抱っこしてあげるといいでしょう。赤ちゃんが嫌がらないうちに短い時間できりあげるのがコツ。あまり強くこすらないようにするのも大切です。

1歳児前半はママの膝に寝かせて磨いてあげる

1歳半ごろまでに手前の奥歯が上下左右4本はえてきます。前歯は歯の表と裏側を、奥歯は歯のかみ合わせの部分をきれいにするのがコツ。

ママのひざに頭を乗せて磨いてあげます

抱っこでは奥歯が見えにくいので、ママのひざに頭を乗せ、ママがのぞき込みながら磨きます。嫌がり対策は、歯磨きのときだけ、この姿勢をさせるんじゃなくて、ふだんのスキンシップ遊びから慣れさせること。頭をひざに乗せて、ママの口をおなかに当ててブーブーするとか「にゃんこゴロゴロ」などと体をくすぐったりしながら、寝転ぶ姿勢に慣れると効果あり。

一度に全部きれいにしなくてもいい

時間が長くなると嫌がる赤ちゃんも。きちんと磨くのは1日に2本ぐらいにしてあとは軽く磨き、4~5日サイクルで全部の歯をきれいにしてあげるという発想でいくと、お互いに気楽。

1歳児後半は真似したい発達を大事に

2歳ごろまでに糸切り歯上下左右4本がはえて、全部で16本がはえそろいます。ママの真似をしたいのがこのころ。自分で歯ブラシを持つ、自分で磨く、こんな自己主張が出てきたら積極的にさせてあげます。

まねっこが好きだからママも一緒に。テレビの子ども番組を活用しながら、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせてやらせ、仕上げはママ用の歯ブラシをもう1本用意して。

ママのおひざで仕上げ磨き

仕上げ磨きをママがします

自分でしたいココロを大切にしたいけれど、まだ遊びのレベル。きれいには磨けないので仕上げ磨きはママが。やっぱりママのひざに赤ちゃんの頭を乗せた姿勢で磨きます。

声かけしながら磨きます

お口をあけてね、歯ブラシを入れますよ、歯をきれいにしようね、などママは必ず声をかけましょう。これから起きることを予告していってあげると、赤ちゃんは安心するものです。

2歳児はお手本を見せながらリードを

2歳から3歳ぐらいまでの間に後ろの奥歯4本もはえて、20本全部の歯がはえそろいます。歯磨き習慣を本格的につける時期ですね。自分でしたがる発達を大切にしながら、ママがお手本をみせましょう。でもまだまだママの仕上げ磨きは必要です。

ぶくぶくうがいで仕上げ

ブクブクうがいの習慣もつけてあげます

自分でカップを持って、水を口にふくみ、ブクブクうがいができるようになります。最初はゴックン飲み込んでも大目にみてあげて。だんだんにブクブクのあとにパッと水を吐き出すことができるようになります。

ステップアップ講座歯磨きQ&A

  • 歯磨き粉は使うの?

    汚れは歯ブラシだけで十分取れるので、無理に使わなくても。2~3歳になって子ども用の歯磨き粉を使うと楽しく磨けます。量は歯ブラシの長さの3分の1ぐらいで十分。たくさん使うと泡だけできれいに磨けたつもりになるので気をつけましょう。

    おやつを食べたらお口をキレイに

  • 毎食後歯磨きするの?

    理想的だけれど現実的には無理ですね。虫歯は虫歯菌の繁殖が原因。虫歯菌は夜寝ている間に活躍するので、夕食後や夜寝る前に磨きましょう。ただ、眠くなるとぐずりがち。歯磨き嫌いの原因にもなるので、まだお目々ぱっちりの時間帯にしましょう。朝食や昼食、おやつのあとは歯磨きが無理でも、お水やお茶を最後に飲ませて口の中をきれいにする習慣をつけましょう。

  • きちんと磨けているか心配。

    食べ物のカスに虫歯菌がくっついてできるプラーク(歯垢)が虫歯の原因。歯磨きは歯垢をとるのが目的ですが、かなりていねいに磨かないととれません。市販されている歯垢液(磨き残しが赤く染まる)でチェックしてみても。

  • 奥歯に歯ブラシが届きにくい。

    口を大きく開けないと奥歯は見えにくいし、歯ブラシも届きにくいですね。でも、赤ちゃんが大きく口を開けるようになるのは2歳すぎないと無理かも。それまではママの指で赤ちゃんの口を広げながら磨いてね。

  • 歯医者さんにはいつごろから行くの?

    1本でも歯が生えたら虫歯になる可能性があります。1歳を過ぎたら、できれば半年に1回ぐらい小児歯科で定期健診を受けるといいですね。

  • フッ素はぬったほうがいい?

    フッ素を歯の表面にぬると虫歯になりにくいのです。1年に数回定期的にぬるのが理想的です。小児歯科で相談してみてください。最近は1歳半健診や3歳児健診で歯の健診をしてフッ素塗布を行う自治体もあります。

  • 歯が黒くなると虫歯?

    黒くなるのはかなりの進行状態です。その前に白く濁ります。その段階で治療を受けるとそれ以上進まないですみます。小児歯科の定期健診を受けていると早期発見できますよ。

ワンポイントアドバイス虫歯の原因がわかれば
虫歯は防げる

  • 虫歯の原因は虫歯菌の感染

    パパやママの口中にいる虫歯菌を移さない対策が大事。口と口でチュッとキスをする、食べ物を口の中で冷ましたり柔らかくしたりして与える、同じ箸やスプーンで与えるなどはしないでネ。

  • 虫歯の原因は虫歯菌の繁殖

    虫歯菌の繁殖を防ぐのが歯磨き。歯磨き好きにするには赤ちゃんのSOSに気づいて。口を広げるママの指が食い込んで痛い。歯磨きの力が強くて歯茎が痛い。唾液がたまって苦しい。こんな様子がないか、気をつけてネ。

  • 虫歯の原因はお菓子のだらだら食い

    甘い物、とくに歯にべったりつく飴やチョコは大敵? いいえ、困るのはだらだら食いでいつも口の中が汚れていること。おやつはきちんと時間と量を決めて食べさせましょう。お菓子は袋のままじゃなくお皿に適量を入れて!

  • 虫歯の原因は歯質が弱いこと

    歯質には個性があって、歯磨きをていねいにしても虫歯になりやすい場合が…。パパやママがそうなら赤ちゃんも似ているかも? 小児歯科で早めにフッ素塗布を受けるなど積極的に対策をたてましょう。

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

初めて歯がはえるのはだいたい生後6ヶ月ごろ。歯がはえたら始まる歯磨きのお世話。赤ちゃんの成長に合わせて焦らず、無理強いせずに。こんな工夫で歯磨きを楽しい習慣になります。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」