ベビータウン

おふろ・スキンケア・衛生

専門家/メーカー

赤ちゃんのあせもを予防するには?

2017.06.07

ジメジメした梅雨の時期、気温も湿度も高くて汗がたくさんでてくるので、あせもが気になってくるママも多いのではないでしょうか。高温多湿の中では、大人も汗をたくさんかきますが、赤ちゃんはもっとたくさんの汗をかきます。しっかりとした知識を身につけて、あせもを予防してあげたいですね。今回は、あせもができる原因や、あせもの予防方法、病院を受診するのはどのタイミングがよいのかなど、専門の先生にお話を伺いました。

取材協力:ユニ・チャームunicharm

取材協力・監修

医学博士 佐藤徳枝先生

医療法人社団 
佐藤皮膚科小児科クリニック 院長
(病児保育室こどもデイケア 
プリムラ併設)
日本小児科学会専門医
日本小児科医会 
地域総合小児科医療認定医

佐藤皮膚科小児科クリニック

赤ちゃんは
あせもができやすい?

Q:「赤ちゃんが汗をかきやすいのはどうしてですか?

佐藤先生:汗は汗腺からでるのですが、この汗腺の数が大人も赤ちゃんも同じ数あるんです。大人と赤ちゃんでは体の表面積が全く違うのに、汗腺の数が同じということは、それだけ赤ちゃんの汗腺は密集しているということ。しかも代謝が活発なので、赤ちゃんはとても汗っかきなんですね。

Q:あせもの原因は何ですか?

佐藤先生:たくさん汗をかいたことによって、汗腺に汗が詰まって皮膚炎をおこした状態があせもです。汗の成分は尿酸やアンモニアなどが含まれているので、汗が汗腺の出口である汗孔に長い時間たまっていると、皮膚を刺激して炎症をおこしてしまいます。

Q:あせもができやすい場所は?

佐藤先生:汗をかきやすいところや蒸れやすいところはあせももできやすいです。具体的には、額や首、腕、股、おむつのウェスト部分です。おむつかぶれと一言でいいますが、おしっこやうんちが触れないところがかぶれたら、あせもであることも多いのですよ。

あせもを予防するには?

Q:あせもを予防するためにはどうすればよいですか?

佐藤先生:大切なのは皮膚を清潔にして、保湿をすること。石けんをしっかりと泡立てて、こすらないようにきれいに洗って、しっかりすすぎます。シャワーだけだと、どうしても洗浄剤が残ってしまうので、夏場でも体を洗った後、湯船に入ったほうがきれいに洗浄剤が落ちてお肌に良いですよ。肌のためだけでなく、親子のコミュニケーションをとる良い場所だったり、代謝もよくするのでおすすめです。

お風呂から出た後は、すぐに保湿をしましょう。きちんとスキンケアをして、肌の乾燥を防いでおくと、バリア機能が高まってあせもができにくくなります。生後2~3ヶ月になると、特に乾燥しやすいので、しっかり保湿を。肌からアレルゲンになる物質が入ることがアトピーの原因になることもあるので、新生児のうちからきちんと保湿をしておくことは、アトピーの予防にもなりますよ。

保湿剤はスプレータイプや乳液、クリーム状のものなどいろいろあります。どれを選ぶかは季節や子どもの肌質にあわせてあげてください。あまり保湿をしなくてもしっとりした肌の赤ちゃんもいるし、逆に乾燥肌の赤ちゃんもいるので、ママが自分の子どもの肌質を知っておくことが大切です。

服は通気性がよく、汗を吸収しやすい肌触りの良いものを選びましょう。汗をかいたらこまめに着替えるのも良いですね。

Q:あせも予防のために汗はあまりかかせないようにしたほうがいいですか?

佐藤先生:人はすべての汗腺から汗がでるというわけではなく、活動している汗腺と活動していない汗腺があります。活動している汗腺を「能動汗腺(のうどうかんせん)」といい、2~3歳頃までに完成するといわれていますが、空調の効いた室内でばかり過ごしていると能動汗腺が活性化しません。しっかり汗をかく機会はつくってあげましょう。人は汗をかくことで体温調節をしているので、汗をかいて、能動汗腺を活性化させることは大切なことですよ。

また、汗には肌にうるおいを与える天然保湿因子や、細菌やウィルスから肌を守り自然免疫を強くしてくれる抗菌ププチドや免疫部グロブリンという成分も含まれています。

あせも予防のことだけを考えてしまうと、汗はとても悪いものだと思ってしまいがちですが、汗をかくことには良いことがたくさんあるんです。あせもをこわがって涼しい部屋にばかりいるのではなく、子どもはたくさん運動して、たくさん汗をかいてのびのびと育って欲しいと思います。あせも対策は汗をかかないようにするのではなく、汗をかいた後に清潔にしてあげることを心がけましょう。

あせもが
できてしまったら?

Q:あせもができてしまった場合、どうすればいいですか?

佐藤先生:あせもには、皮膚の浅い部分に汗が詰まってできる透明な「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」、皮膚の少し深い部分にできる赤い「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」、赤ちゃんにはほとんどできることのない、皮膚の深い部分にできる「深在性汗疹(しんざいせいかんしん)」の3つに分かれます。

一般的にあせもと呼ばれているのは、紅色汗疹のことなのですが、新生児は水晶様汗疹ができることもあります。水晶様汗疹は清潔にしてきちんと保湿しておけば、2~3日で自然によくなります。紅色汗疹も、少しポツポツとできた程度ならば、きちんと洗って保湿しておくだけで良くなることも多いです。それでも良くならなず、赤ちゃんの機嫌が悪かったり、手であせもをすぐに触ろうとするようならば受診してくださいね。

あせも予防で大切なのは、汗をかいたらそのままにしないで清潔にして保湿をきちんとすること。すぐにお風呂に入れないときは、濡れたタオルでやさしく拭き取るだけでも効果があるそうです。汗をかくことは保湿や抗菌の作用、体温調節など、良いことも多いので、汗をかくこと自体を嫌がらないで、その後どのようにケアしてあげればいいかを考えたほうがよさそうですね。衣服も汗を吸収してくれ、通気性の良い、肌触りの良いものを選びましょう。腰や股のあたりなど、おむつをつけている部分もあせもができやすい部分なので、おむつを選ぶときも汗をきちんと吸収してくれたり、肌触りのよいものを選んであげると良いですね。

「ムーニーマン汗スッキリ」についてもっと詳しく見たい人はこちら

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう