ベビータウン

おふろ・スキンケア・衛生

楽しくて大変な「お風呂のお世話」

2002.11.20

お風呂空間はベビー&ママ&パパのボディコミュニケーションの場ピカピカに洗いあげるのも大事だけれど裸のおつきあいも十分に楽しもうネ!

基本講座どうして毎日お風呂に
いれるの?

産院で習う赤ちゃんのお世話といえば授乳にオムツ&着替え、そしてお風呂が定番。「毎日お風呂にいれましょう」とどの育児書にも書いてあるしうまれたて赤ちゃんから1歳児になっても2歳児になっても、ずっといれ続けているけれど、どうして毎日なの?自分のやり方でいいの?こんな疑問もわきますよね。

答えは「お風呂の目的」を探るなかにある…

お風呂の目的は?

  • 赤ちゃんの口周りを見て!

    ミルクやゴハンで汚れていない?
    食事タイムのたびにふくけど、お風呂で総仕上げ。

  • 赤ちゃんの手を見て!

    自分でなめて、いろんなものを触って、ゴハンをコネコネしたあともある。
    お風呂で洗おう!

  • 赤ちゃんの頭のにおいをかいでみて!

    新陳代謝の激しい成長期だから頭皮は汚れがち。シャンプーは必須だね!

  • 首筋、腕の内側、膝のウラをチェック!

    ぷっくり赤ちゃんにはくびれがいっぱい。汗がたまるくびれのお掃除はお風呂で。

  • 皮膚面積は小さいのに汗腺の数は大人と一緒!

    超過密汗腺だから、赤ちゃんは汗っかき。お風呂で洗い流そう。

  • 赤ちゃんのおしりはバッッチイ!

    おしっこしてウンチして、1日1回お風呂でていねいに洗ってスッキリきれいに。

答えは「体の清潔を守ること」です

ステップアップ講座赤ちゃんの成長で変わる
お風呂のテクニック

1ヶ月ごろまでの赤ちゃん

  • お湯の中に落としそうで怖い。

    ベビーバスの底にママの肘をつけると安定します。産院を退院したその日から、お風呂は日課。上手に赤ちゃんの体を支えられるか不安なママ、ベビーバスの底にママの肘をしっかりつけて腕を安定させて支えると赤ちゃんの体も安定します。

  • 顔にお湯がかかってしまう。

    大丈夫。赤ちゃんのルーツはお魚さん!赤ちゃんはつい最近まで羊水の中にいて、お魚さんと同じだったんだからちょっとぐらいお湯がかかっても大丈夫!

  • 頭の骨が薄くて髪の毛が洗えない。

    頭皮には脂がいっぱい。コシコシ洗って。うまれたて赤ちゃんの前頭部は、骨が薄くてピコピコしているのが当然(ママの産道を通るとき小さくなるために)。でも、こわれたりしないから大丈夫。ここの頭皮は脂肪がいっぱい。黄色いカサブタにならないようにシャンプーつけてコシコシ洗いましょう。

1ヶ月~3ヶ月ごろの赤ちゃん

  • 顔も石鹸で洗うの?

    ママはどうしてる? 洗顔石鹸をふんわり泡立てて力を入れずにソフトに洗っているでしょ。赤ちゃんの顔もママと同じように洗ってあげるのが原則。ママの手のひらで石鹸を泡立てたら、こすらずやさしいタッチで洗います。でも、石鹸が目に入りそう、固形石鹸を泡立てるのは大変!というときは液体石鹸を!泡が出てくるタイプもおすすめです。顔専用のガーゼをぬらして石鹸を含ませてふいてあげます。どちらの場合もすすぎが大切。ぬらしたガーゼでトントン叩くように石鹸を落としてあげましょう。すすぎはシャワーでもOK!(ぬるい&湯量がソフトなのが条件) 赤ちゃんはついこの間まで、羊水の中にいたんだもの…。

  • 大きい湯船に入れてもいい?

    湯船とお湯がとことん清潔ならOK。汚いお湯を飲みこんだりするのは防ぎたいから湯船を洗い、きれいなお湯に入れ替えて清潔な家庭用お風呂ならOK。両手でしっかり赤ちゃんを抱いてママも湯船に入れますね。

4ヶ月以降の赤ちゃん

  • お風呂に入れるのはひと仕事。

    首がすわったらパパの出番です。なぜか、首がすわらないうちは赤ちゃんの扱いを怖がるパパが多いけれど首がすわったらもう大丈夫。パパの太い腕の中でゆ~らりゆらり。パパにも赤ちゃんと裸のおつきあいを楽しんでもらいましょう。

  • 耳に水が入りそうで怖い!

    耳に水が入っても奥まで入る心配はないから大丈夫! 中耳炎の原因になることもありません。それより、水が入らないように耳を強く抑えるのはやめて! 手を離したときに圧力がかかって鼓膜に影響を与えることも…。生まれるまで羊水の中にいた赤ちゃんは、耳栓なんかしてなかったでしょ。

  • お風呂あがりの耳のお掃除が苦手。

    耳たぶと耳の入り口だけを綿棒で軽くふいてあげればOKです。綿棒を赤ちゃんの耳の中まで入れて「お掃除」する必要はありません。これなら怖がりママも不器用ママもできるでしょ。耳垢はたまればコロンと自然に出てきます。綿棒を奥まで入れて傷つけるほうが怖い…と覚えておいてくださいね。

  • お風呂あがりのスキンケアは?

    顔もおなかも手足もぜ~~んぶ、ベビー用のスキンケアローションをたっぷり振りかけて、十分に保湿してあげましょう。赤ちゃんの肌はとても薄いので水分が蒸発しやすく乾燥肌に傾きがち! 湿り気が少なくなるとカサカサ&赤くなりやすいのです。ローションの上に保湿クリームを塗ってあげると、もっとグッド!

1歳児の赤ちゃん

  • 体を洗うよりも遊んでばかり。

    赤ちゃんの成長を発見できるよ。手ですくったお湯はなぜ流れて落ちるの?あわ立てた石鹸はいろんな形になるよ。お風呂空間は不思議がいっぱいで赤ちゃんの知的好奇心を刺激します。遊びを楽しむ姿から赤ちゃんの成長を発見できるよ。

  • お風呂あがりにパジャマを着たがらない。

    汗がひくまで裸で大丈夫。汗をかいたままパジャマを着せちゃうとかいた汗が冷えてかえって風邪をひきます。汗がすっかりひいてからパジャマを着せるのがコツ。おむつも同じ、おしりの汗をタオルで拭いて、すっかり汗がひいてから当てると、さらさらおしりにおむつが気持ちいいんです。

ワンポイントアドバイスお風呂空間の事故を防ぐ

  • 蛇口に頭をぶつけないように。
  • お湯の温度は必ず確かめる(沸きすぎて高温のことも)
  • シャワーのお湯は適温に(やけどが怖い)。
  • 片時も目を離さない。湯船で足をすべらせ溺れることも。
  • 使わないときは浴室にカギをかける。少量の水も危険。

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

お風呂空間は赤ちゃんとママ&パパのボディコミュニケーションの大切なところ。ピカピカに洗いあげるのも大事だけれど、赤ちゃんとの裸のおつきあいも十分に楽しもう!出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」