ベビータウン

子どもの病気・からだ

調査/レポート

風邪やインフルエンザの季節、どんな対策をしている?

2018.01.10

風邪やインフルエンザ真っ盛りの季節。この冬(2017〜2018年)は、早い時期からインフルエンザが流行し始め、ワクチンが不足しているというニュースもありました。子どもがインフルエンザにかかると重篤になることもあるので、ママとしては心配になりますね。そこで、家族が風邪やインフルエンザにかからないように、どんな対策をしているかアンケートしました。気になる除菌アイテムの取り入れ方など、ママ仲間の対策は?

アンケート実施期間: 2017年10月18日~10月24日
アンケート対象:ベビータウン会員(回答者数=2568名)

取材協力:ユニ・チャームunicharm

風邪やインフルエンザの予防のために何をしている?

「手洗い、うがい、マスク」は常識

風邪やインフルエンザにかかる前の対策として、ママ自身がやっていることと、子どもにさせていることについて聞いたのが下のグラフです。ママ自身は「うがい」「マスクの着用」が最上位でした。「外出からの帰宅時に、普通の石けんやハンドソープでの手洗い」と「外出からの帰宅時に、除菌効果のある石けんやハンドソープでの手洗い」は合わせると9割近くなるので、やはり「手洗い、うがい、マスク」は風邪対策の常識となっているようです。
一方、子どもにさせていることでは、「睡眠や休息を十分にとる」「体を冷やさないように、衣服や室温に気を使う」が最上位だったのは、ベビータウン会員の子どもはまだ赤ちゃんが多く、うがいやマスクはまだ早いからかもしれません。
インフルエンザの予防接種は、ママが50.5%と約半数、子どもも44.4%と半数近くが10月時点ですでに受けていました。
いずれにしても、多くの項目を選んでいる人が多く、さまざまな対策をして風邪をひかないように気をつけていることがわかります。

風邪などの対策に除菌アイテムを使っている?

半数以上が除菌アイテムを意識的に取り入れている

10年ほど前に、新型インフルエンザが大流行して以来、さまざまな場所で消毒液や除菌アイテムを見かけるようになりました。今では公共の建物やビルなどの入口や、トイレの手洗い場に手指を消毒するものが置いてあることが当たり前のようになっていますね。また、家庭用にもたくさんの除菌アイテムが販売されています。そこで、風邪などの対策として除菌アイテムを取り入れているかを聞いた結果が下のグラフです。
「風邪やインフルエンザ対策を意識して除菌アイテムを使っている」という人は9%でしたが、「風邪やインフルエンザ対策に限らず、広い意味で除菌アイテムを使っている」を含めると半数以上の家庭で除菌アイテムを取り入れていました。食器洗いや洗濯洗剤などさまざまな家庭の必需品でも「除菌」をうたっているものが多いため、「除菌アイテムは特に意識して使っていない(たまたま買ったものに除菌効果があるかも)」と答えた人のように、特に意識はしていないけれど、知らないうちに除菌アイテムを使っている人もたくさんいる可能性が高いですね。

どんな除菌アイテムを使っている?選ぶ基準は?

ノンアルコールのウェットティッシュは半数以上が使用

除菌アイテムを取り入れている人に、どんなものを使っているかを尋ねたところ「除菌効果のあるノンアルコールのウェットティッシュ」と答えた人が52.5%と半数以上で最多数。「除菌効果の高いアルコールタイプのウェットティッシュ」は27.4%と5位でした。同じウェットティッシュでも、ママたちには刺激が少ないノンアルコールタイプが人気のよう。
1位から5位までの上位のアイテムは、汚れを拭いたり、汚れを洗ったりと、本来の目的が他にある商品で除菌もできるもの。一方、6位以下の下位はスプレーやジェルなど「除菌するためだけ」のものでした。興味深いのは、ウェットティッシュではノンアルコールタイプの方が人気だったのに、除菌専用のスプレーやジェルではアルコールタイプの方が人気だったこと。専用品には効果が高そうなものを求める気持ちが表れています。
「その他」の回答では「部屋に置くだけで除菌できるもの」がほとんどでした。

赤ちゃんや手肌へのやさしさも大事

さまざまな除菌アイテムの中から使っているものを選んだ基準について聞いてみました。ダントツで多かったのがやっぱり「赤ちゃんが使っても安心なもの」で、次いで「除菌や消毒効果がありつつ、肌へのやさしさがあるもの」。ウェットティッシュでノンアルコールタイプの人気が高かった理由はここにありそうです。赤ちゃんを守るために除菌したい、けれどより安心に使いたいというママのやさしい気持ちがよくわかりますね。

除菌アイテムを使う理由、使わない理由は?

除菌アイテムを取り入れている人が多い中、少数派ながら除菌アイテムを敬遠している人もいました。それぞれの理由を聞いてみました。

除菌アイテムを使っているママの理由

子どもも私もインフルエンザにかかると仕事を休まなくてはいけなくなるので、できるだけかからないようにしたいため

(熊本県・匿名希望さん)

外出すると子どもがいろんなものを触り、その手を口に入れたりするから

(千葉県・かあさん)

まだ子どもが小さいので、インフルエンザの予防接種もできないし…。どこから菌をもらってくるかわからないので、子どもが触るものなど、意識して除菌するようにしています

(三重県・匿名希望さん)

本当に除菌されているのか目には見えないですが、対策しているという気持ちでいたい

(北海道・匿名希望さん)

いろんな菌がたくさん流行る季節だから、予防したい

(群馬県・匿名希望さん)

風邪をひきたくないからです。一人が風邪をひくと、家族みんなにうつって大変なので

(広島県・匿名希望さん)

抵抗力がまだあまり高くない子どもや、睡眠時間をしっかり確保できない夫にとって、少しでも風邪やインフルエンザから守るためには、ちょっとした心がけだけでなく、外から菌を持ち込ませないための工夫が必要だと思うから

(神奈川県・匿名希望さん)

手洗いだけでは安心できないのでアルコール消毒をしている。今後も、外出先等でも使うだろうから子どもに教えるためにも

(徳島県・匿名希望さん)

子どもが幼稚園に通うようになってから、子どもも自分も病気にかかりやすくなったため(幼稚園で感染してくる)、以前より意識が高くなりました

(埼玉県・匿名希望さん)

娘が10ヶ月になるまでに2回入院をしていて、体が弱いため風邪をなるべくひかせないようにしたいと思ったから除菌アイテムを使っています

(岐阜県・くとぅーんさん)

除菌アイテムを使わないママの理由

手洗いうがい、予防接種でいままでインフルエンザになってないため

(北海道・匿名希望さん)

すべての菌を除菌していたら免疫力のない子どもになってしまうから

(島根県・匿名希望さん)

除菌は大切な菌も殺してしまうかな?と思っています

(山梨県・くりぃさん)

除菌しても一時的なものだと思ってるため

(東京都・匿名希望さん)

毎回使えればいいが、毎回の外出のたびや家の中で意識して使う自信がないため。また毎回使うよう心がけていても、使い忘れてしまうことがあれば毎回してきたことに意味がないと思ってしまうから

(大分県・匿名希望さん)

まだ赤ちゃんなので、どんなものを使えばいいのかわからない

(北海道・ぴーぷにさん)

効果が目に見えないので

(石川県・momoevianさん)

どれを使ったら良いかわからないし、どれが効果が1番良い商品なのかわからないので

(大阪府・みーちゃんさん)

家族全員で心がけたい、風邪&インフルエンザ対策についてはこちら>>

風邪などウィルスは目に見えないから、知らないうちに感染してしまうものです。除菌の効果も目に見えないから使わない人もいれば、使うことで安心を手に入れたい人も。対策はそれぞれですし、「これだけやっておけば絶対大丈夫」ということがないのも事実です。だからこそ、基本的な「手洗い、うがい、マスク」は抑えつつ、目に見えない菌から家族を守ろうとしているママたちの努力が見えてきました。ママ仲間の行動を参考に、みなさんも風邪の季節を乗りきってくださいね。

赤ちゃんにも安心して使えるタイプ、しっかり除菌できるタイプなど、さまざまなタイプから選べるウェットティッシュはこちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

この冬はインフルエンザワクチンが不足しているというニュースも。子どもがインフルエンザにかかると重篤になることもあります。そこで、家族が風邪やインフルエンザにかからないように、どんな対策をしているかアンケートしました。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」