ベビータウン

ねんね

体験/アドバイス

寝かしつけの悩みを解決するアイディア

2006.02.01

寝かしつけで
悩まずにすむコツ

赤ちゃんがぐっすり眠った顔を見ないと、安心して眠ることができないママ。
でもママが睡眠不足で体調を崩しては元も子もありません。
悩みを克服した多くのママが「気の持ちよう」と答えていました。

では、具体的に、寝かしつけの悩みを克服したママたちのコツは?

生活のリズムを作る

これは大人も同じですが、毎日決まった時間に起きて寝る習慣をつけることは大事なことのよう。そのために、昼間はなるべく遊ばせたり、お昼寝の時間を短くして夜眠くなるようにさせたり、夜は「お風呂→授乳→お布団」と、決まった生活パターンを心がけることで、赤ちゃんが寝るようになったというママが多数。

スキンシップで安心感を与える

これが大変、と感じているママもいるかもしれませんが、添い寝をしたり、添い乳でおっぱいをあげながら寝かせたり、背中をとんとんしてあげたり、おなかや足をマッサージしてあげたりと、ママとのふれあいで安心して眠りに入らせるのは常套手段!?

環境を整える

子どもがまだ遊びたそうでも電気を消して暗くするおにいちゃん、おねえちゃんがいるおうちは赤ちゃんが寝る邪魔をさせないパパが遅くに帰ってきても赤ちゃんのいる部屋の電気は点けないようにするなど、「暗くて静か」という睡眠にはあたりまえの環境が、意識しないと意外と難しいのが現代の生活のよう。また、ママが穏やかな歌をうたってあげたり、音楽をかけたり、胎動の音がするおもちゃで音を聞かせるという方法も見受けられました。

イライラしない

そして最も多かったのが、寝てくれないからといってママがイライラしないこと。「寝てほしい」と思っていたときにはなかなか眠らなかった赤ちゃんが、ママが気にしないようにしたとたんに寝るようになったという声が本当にたくさんありました。そのためには、上記のように音楽を聴いたり、歌を歌うことがママ自身の気分転換にもなるかもしれませんね。

私はこうした!
(先輩ママのコメント集)

もともとは寝かしつけに悩んでいたけれど、解決したママたちの体験談を集めてみました。

生活のリズム派

  • 寝る前にしっかりと遊んであげて、だんだんと寝る雰囲気を作った。
    毎日寝かせるまでが育児っていう感じで疲れるけど、だらだらと寝ないなーって思うよりは寝る前1時間くらいは真正面から遊んであげて、一緒に寝ようって言う感じ。

    (千葉県/一男のママ)

  • あまり昼間寝かせない。かわいそうかもしれないが昼間寝グズっていても泣かしたまま放っておく。夜泣き喚かれるより昼泣き喚く方が近所にも迷惑でない。
    あと親が規則正しく早寝早起きを毎日していると子どもにも早く伝わります。

    (大阪府/二男のママ)

  • 昼間はなるべく外に連れ出して、いっぱい遊んであげて、お風呂に入ったらすぐ眠らせるようにしました。それでもダメなときは抱っこで外に連れて行ったり、車に乗せて10分くらいドライブしました。結構車のドライブは大人も楽なので助かりました。車に乗ってしばらくすると寝付いてしまい、そっと布団まで連れて行き寝かせれば大丈夫でした。

    (栃木県/一男のママ)

  • 生活リズムを一定にし、全部のお部屋の電気を消す!(寝る時間なんだとわからせる)。ひとりでねんねできたら、褒める(大好きなぬいぐるみ等を使って)。また明日たくさん遊ぼうねと声かけをする。

    (北海道/一女のママ)

スキンシップ派

  • よく赤ちゃんを観察し、泣き方やぐずり方を感覚で感じるようにした。
    抱き癖など考えず抱っこしたり、授乳時間の間隔は関係なくおっぱいをあげるようにした。

    (神奈川県/一女のママ)

  • 最初は抱っこ、少し大きくなると、添い寝で、足の裏をさすったり、眉間をさする。1歳頃になると、寝ぐずりがほとんどなくなった。

    (兵庫県/二男のママ)

  • 最初は、寝かしつけに本当に時間がかかり、寝たと思って布団に下ろしたらすぐに泣いて起きてしまい、えんえんと同じことの繰り返しでした。ある時、主人の母に添乳の事を教えてもらい、それからは結構うまくいってます。

    (佐賀県/一男のママ)

  • 抱っこの寝かしつけは大変なので、最初から布団に置いて寝かせる様にしていた。おしゃぶりをして布団にいれ、胸のあたりをとんとんして寝るまで続けた。それでも寝ないときはラッコスタイルで背中をとんとんするとよく寝てくれます。

    (千葉県/一女のママ)

  • おっぱいを飲みたいだけ飲ませてあげたらすんなり寝るようになった。もし起きてしまってもトントンしたりすればすぐ寝た。泣いたから抱き上げたら余計に泣いたので、泣いてもしばらくは様子をみてトントンして、5分待ってもだめならしっかり目を覚まさせてまた寝かしつければよく寝る。

    (埼玉県/一男のママ)

  • 布団の冷たさが原因と思い、タオルケットにくるんで寝かしつけ、布団におろすと起きない。添い乳で寝かせる。授乳後寝ない時には、縦抱きしてママがスクワットする。ほどよいゆれで眠くなることがある。眠りに入ったら、横抱きにして、ママも座ってゆらゆらし、眠りが深くなるまでまつ。このとき、タオルケットに包むといい。布団に着地するまでママの胸を赤ちゃんから離さない(ずっと密着させる)。夏は、添い乳で寝ない場合は、眠くなるまで赤ちゃんが動くのを添い寝で見守っていた。何もしなくても疲れて寝ちゃうことがあった。とにかく電気は暗くした。

    (東京都/一男のママ)

  • 下の子では、抱っこで寝かせずに、布団ごと揺すって寝かせました。それだと抱っこで寝かせても布団に置くと泣くっていうのがなくなったので、楽でした。(ゆりかごラックでは長時間寝るのは良くなさそうなので、夜寝る時はそうしてました。)

    (大阪府/二女のママ)

環境を整えた派

  • 一緒に横になって絵本を読んであげているうちにウトウトして眠ってくれる。また、エンヤの歌を流しておくと、眠くなるらしい。それでもなかなか寝ないときは、横で寝たふりをしたり、飽きるまで遊ばせたりしている。

    (栃木県/一男のママ)

  • 家族みんなで今から寝るよ~という状態にすると子どもも自然と寝てくれるようになりました。(例:寝る前に必ず本の読み聞かせをする。電気をすべて消す等)根気よく続けたら子どもが自然と身体で覚えてくれた感じがしました。

    (福岡県/三男のママ)

  • 首がすわるころまでは、ゲップが下手だったようで、苦しいのかすぐに泣いておきてしまっていたのが、傾斜マクラにしたらよく眠るようになりました。

    (神奈川県/一女一男のママ)

  • 結局母乳が出なかったので、おなかがすいて起きてたようで、おっぱいのマッサージに通ってから、寝るようになった。それと同時に、徐々に自分にも子育ての自信がついてきて、気持ちの落ち着きも、よかったのではないかと思う。

    (東京都/一男一女のママ)

イライラしない派

  • 赤ちゃんはなかなか自分で寝られないものだ、とわりきっている。寝不足にならないよう、ベビーと同じようなサイクルで睡眠をとるようにしている。

    (北海道/一男のママ)

  • 1番目・2番目の子のときは寝てくれないのがすごく悩みでしたが、3人目ともなると、子どもなんてほっといてもいつかは必ず寝るのがわかっているから、部屋を暗くして「おやすみ」で寝かしつけ完了です。

    (愛知県/三女のママ)

  • 気にしなくなったら、自然に寝てくれるようになった。ママの「寝てくれ」という気持ちが伝わると、逆に寝てくれないような気がする。

    (東京都/一女のママ)

  • 寝ない、寝ないと思うといらいらするし、時間がたつのが遅いので寝るのに時間がかかるように思うが、あまり深く考えずいつか寝ると思いのんびり抱いてると、時間がたつのが早く、わりと早いこと寝てくれたように思える。

    (大阪府/一女一男のママ)

  • 寝ない夜は、無理に寝かせようとするのをやめて、「起きていたいんだ」と諦めて、パパと協力して赤ちゃんに付き合うことにした。パパの協力があるから出来ること。

    (埼玉県/一女三男のママ)

  • 自分が疲れたら一旦布団に赤ちゃんを置いて、少し泣かせてからでも、気を取り直して気長に付き合う。

    (香川県/三男のママ)

  • 「寝かしつけ」というと‥何となく寝させるために何かをすることだと思い、寝つきが悪いときなどは抱っこしたりもして見ましたが、うちの子の場合はお父さんとお母さんが寝室にいて静かにしていれば、スーッと自分で寝て行くことに気づいたので悩まなくなりました。

    (愛知県/一女のママ)

  • 「一生寝ないわけはない、いつかは寝るもんだ」と夫に言われて、開き直った。どうしても寝てくれなかったり泣いてても、添い寝しながら自分が先に寝てしまうこともしばしばあったなぁ…。

    (埼玉県/一男のママ)

  • ママ仲間がねんねのどんなことで悩んでいるかのデータも合わせてご覧ください!こちら

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしようムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしよう

赤ちゃんがぐっすり眠った顔を見ないと、安心して眠ることができないママ。でもママが睡眠不足で体調を崩しては元も子もありません。寝かしつけの悩みを克服した先輩ママたちのコツや体験談をご紹介します。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」