ベビータウン

ねんね

体験/アドバイス

赤ちゃんの寝る姿勢の悩みを解決するアイディア

2006.02.01

寝かせる姿勢で
悩まずにすむコツ

前号でご紹介した「ママたちのねんねの悩み」で、65%のママが「夜寝ているとき、泣いていなくても赤ちゃんが心配になる」と答えていました。
そのほとんどが「息をしていなかったらどうしよう」、「うつ伏せになっていないか心配になる」と言った「乳幼児突然死症候群(SIDS)」や、ママが寝ている間の事故を意識した内容でした。赤ちゃんの寝る姿勢を気にするママは、うつ伏せになっていないか心配で、夜に何度も起きて仰向けに戻すことに神経質になっている様子がうかがえました。
ただ、赤ちゃんによっては自然とうつ伏せを好む子もいるため、ママたちはどのように安心感を手に入れようとしているのでしょう?

グッズを使う

うつぶせ寝を防ぐパッドタオルを使って、ママが見ていられない間の寝返りを防ぐ工夫をしたり、寝相が悪く動いてしまってベッドから落ちないための柵など、便利グッズを利用している人も少なくありません。

寝ている間の危険な要素を回避する

うつ伏せになっても、呼吸ができていれば問題はないはずです。そのため、顔が沈まないような寝具の堅さを選んだり、顔まわりに窒息しそうなものを置かないことや、赤ちゃんが動いたときにぶつかってケガをしないような寝具の配置などに気を配るママも。

子どもを観察する

ママが寝る前に子どもの状態を確認している、という声が多数。子どもの寝癖を知るために、寝返りができるようになった頃によく観察して、癖を知ったうえで上記のようなグッズを使ったり、うつ伏せでも顔がちゃんと見えていれば安心、など、子どもをよく見て知ることで安心感が得られるようです。

私はこうした!
(先輩ママのコメント集)

グッズを使う

  • 箪笥とベッドとで囲まれた空間に寝かせ、どこに転んでも敷布団があるようにする。さらに頭などを打っても痛くないように座布団や枕で囲む。

    (岡山県/一男のママ)

  • うつ伏せ寝も、転がるのも、その子の好みだろうから、よっぽどひどくならない限りは放っておいても大丈夫だと思った。布団をはぐのは、スリーパーや、厚手のパジャマでカバー。

    (兵庫県/一男のママ)

寝ている間の危険な要素を回避する

  • 硬めの敷布団を使って、窒息しそうな物を置かないように気をつければ、寝返りできる子どもならうつぶせ寝でも大丈夫ということを聞いていたので。

    (兵庫県/一男のママ)

  • 赤ちゃんの顔に窒息するような物がなければ、どんな格好でも気持ちよさそうに寝てくれていたので、それはそれでいいと思う。

    (愛知県/二女のママ)

  • 首が据わっていればどんなに工夫しても自分で体勢を変えるので意識せず、でも布団などが顔に掛かっていないように気を配っています。

    (新潟県/二男のママ)

子どもを観察する

  • その時々で大人も寝る姿勢が変わることもあるように、子どもも自然な姿勢で良いのではと思います。うつぶせになってしまったらそれでもいいかなと。ただ、ちゃんと寝ている子どもを放置しないで、時々見てあげることが大事かと思います。

    (東京都/一男のママ)

  • うつ伏せになっても、自分で頭を動かしていたので心配しなかったし、病院の先生に聞いても、自分で頭が動かせるなら、突然死の心配はないと言われたから。寝返りをうつようになってからは、得意の方に私が寝て、布団から落ちないようにしたから。

    (茨城県/一女のママ)

  • 子どもが4・5ヶ月の頃からうつ伏せに寝ることが多かったので心配した事もありましたが寝返りを良く観察すると「上手だなぁ」と感心してしまい。心配することもなくなりました。

    (東京都/一男のママ)

  • 赤ちゃんが寝たいように寝させている(お陰で寝てる間は部屋中大移動w)。ただ、冬場は寝冷えしないよう気を付けてる(それで自然と夜中などに目が覚めてチェックしている)。また、寝る前などに呼吸しにくい体勢で寝ていないかもチャンとチェックしている。

    (福岡県/一女のママ)

  • その子にあった寝かせ方をすればいいと思います。疲れますが。上の子は、私が仰向けで寝て、その上に乗っかって寝てたりしましたし。下の子は抱っこして前向き(子どもの背中を胸につけ)の状態で良く寝ました。変な格好で…。

    (千葉県/一女一男のママ)

  • 寝方が変わったときにその格好を覚えておいて、抱っこで寝たあと布団に降ろすときに同じ姿勢で寝かせていたため、悩まなかった。

    (愛知県/一女一男のママ)

  • 寝返りをしだした頃、必ずうつぶせになって眠るのでSIDSを心配したけれど、戻しても戻してもまたうつぶせになるので、根負けした。夫も、「好きにさせてやるしかないよ。何かあっても仕方ない」と理解してくれたので、気が楽になったし、何より、ふと気付けば夫も子どもと同じように常にうつ伏せ寝だったので、DNAのなせる業だと妙に納得してしまった。現在も自由にさせている。

    (愛知県/一男のママ)

  • 赤ちゃんの表情を見ていれば分る。嫌な姿勢ならぐずる。色々な姿勢を試すうちに、しっくり来る姿勢がある。どんな姿勢でも寝付かない場合も、焦らず、赤ちゃんに時間を割いてあげる。そうすれば、大抵疲れて寝てくれる。コツというか、根気!

    (東京都/一男のママ)

  • ママ仲間がねんねのどんなことで悩んでいるかのデータも合わせてご覧ください!こちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしようムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしよう

ママが寝ている間の事故を意識し、赤ちゃんの寝る姿勢を気にするママは多いようです。うつ伏せになっていないか心配で、夜に何度も起きて仰向けに戻すことに神経質になっているママも。寝かせる姿勢で悩まずにすむ、先輩ママたちのコツや体験談をご紹介します。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」