ベビータウン

ワーキングマザー

調査/レポート

働くママの「育児と仕事の両立」【2010年版】

2010.09.01

男女共同参画などの言葉をよく耳にしたり、昔に比べれば育児休業制度が充実したりしていますが、働くママにとって仕事と育児の両立は今でも並大抵のものではありません。
今は専業主婦のママたちも一度は働いたことがあったり今後復帰を考えている人も少なくありません。
ママたちは、仕事と育児の両立にどんな悩みを抱えているのでしょう?

アンケートには1939名のベビータウン会員のママが協力してくれました。
みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!
(アンケート実施期間:2010年7月14日~7月21日)

今の仕事を続けたい?
機会があったら
仕事をしたい?

仕事を続けたい/したいママが8割以上

現在働いているママに、今の仕事を続けたいか尋ねたところ、「絶対続けたい」が28.7%、「できれば続けたい」が56.9%で、85.6%のママが「続けたい」と答えていました。3年前の2007年に同様のアンケートを取ったときは7割でしたから、仕事を続けたいママが1割以上増えたことになります。

現在は専業主婦のママもほとんどに就業経験があり、機会があったらまた仕事をしたいかの質問にやはり8割以上の人が「仕事をしたい」と答えており、「是非したい」という人が最も多く46.4%を締めていました。

仕事を続けたい/したい理由は?

働くママ・専業ママにそれぞれ仕事を続けたい理由、仕事をしたい理由を聞いてみました。

働く理由はそれぞれだけれど、ほとんどの人が「世帯収入を増やしたい」と経済的な理由をあげています

働くママたちは次いで、「家にずっといることが性格的に向いてない」と自己分析。

働くママ、専業ママとも多かったのが「仕事をすることで、家事や育児のストレスが解消されると思うから」。仕事と育児の両立は大変でも、それぞれにかかるストレスを一方が解消してくれるというメリットを多くのママが感じているようです。 ママとしての家庭、仕事人としての職場と両方の場があることが、ママへの癒しにもなるのかもしれませんね。

専業ママ:仕事をしたい理由/働くママ:現在の仕事を続けたい理由

働くママが辞めたい理由は?

少数派ながら、働くママの中には現在の仕事を辞めたいと考えている人もいます。その理由を尋ねたのが下のグラフ。

2007年には29.5%しかいなかった「現在の仕事そのものに魅力を感じなくなった」という人が43.1%と増加。業務内容は千差万別なので一概には言えませんが、仕事もそれぞれ大変ですから、育児との両立で無理をしてがんばるほどの魅力を仕事に感じなくなったママが増えてしまったのでしょうか。

逆に、2007年には半数以上の人があげていた「現在の業務内容では育児との両立が難しいから」という人は37.3%に減っていました。職場や働き方もそれぞれですが、以前に比べれば少しずつママでも働きやすい職場が増えているのかもしれませんね。

働くママが現在の仕事を辞めたい理由

仕事をしたいのに
キビシかったり、
壁になるのは?

保育園は依然として足りていない?

仕事を続けたい/したいママたちに、現在それが可能な状況かを尋ねたところ、7割以上の働くママたちが可能な状況と答えた一方で、専業主婦のママはわずか16.5%。専業ママでは「なんとも言えない」人も多いものの、半数近くの人が「仕事をするのはキビシイ状況」と答えています。

その理由を尋ねたのが下のグラフです。

驚くことに、働くママでも「子どもを預ける保育園が見つからない」と答えている人が最多数で、これは専業ママも同様に最多数の回答でした。現在就業中の人ですら保育園に預けられていないとなると、これから探さなければいけないママが不安になるのももっともです。

働くママで保育園が見つかっていない人は、おそらくおじいちゃん・おばあちゃんなどの協力を仰いでいると想像できますが、専業ママでそれができない人はさらに働くことがキビシイと感じています。

また、景気の影響で、働きたいと思っても仕事が見つかるか不安という専業ママも多く見受けられました。

働くママにとって今後の課題が学童問題。保育園では夕方まで預かってくれますが、小学校にあがると低学年のうちは帰宅が早いため、その後に預かってくれる学童保育が必要ですが、その数もまだ足りていないようですね。

仕事をしたいのに状況がキビシイ理由

子どもと過ごす時間が確保できなくなったら…?

働くママに、これから先、仕事を続ける上で壁となると感じることについて聞いてみました。

一番多かったのが「子どもと過ごす時間のやりくり」。どんなに忙しくても、子どもとの時間だけは確保したい、できるだけ一緒にいてあげたいというママたちの気持ちが伝わってきます。

仕事の時間のやりくりは何とかなっても、なんとかならないのが子どもとの時間。

ある程度結果が予想できる仕事はなんとかしてやりくりしても、子どもたちが何を望み、その日に何をするかは親にも予想ができないことって多いですよね。子どもがどんな状況でも対応してあげたい、でも経済的には仕事を続けなければならないというママたち。

そんな壁を感じずに働ける環境や方法ってないものなのでしょうか。

これから先、仕事を続ける上で壁になると感じること

仕事と育児の両立が困難になったら?

働くママたちに、もしも仕事と育児の両立がこれ以上難しいと感じたら、どのような行動をとると思うかを尋ねたのが下のグラフです。

「働くこと自体を諦める」と答えたママが最多数で、若干比率は減ったものの2007年と同様でした。子どもが何より一番大事。でも働く意志や経済的な理由があるのに、仕事を諦めざるを得ないのはとても残念なこと。そうならない環境が求められますね。

ただ、仕事の分担や職種変更など、職場になんらかの働きかけをしようと考えているママたちは微増ながら2007年より増えています。ママたちの意欲が向上し、職場も働くママたちの声に耳を傾けつつあるのかもしれませんね。

仕事と育児の両立が困難になったら?

仕事を続けるうえで
思うことは?

働くママたちに、両立のための制度や環境、世の中の風土について思うことを聞いてみました。

育児休業制度は1歳まででは足りない!?

国が定める育児休業制度は原則子どもが1歳になるまで。これについては、「1歳まででは足りないと思う」というママが最多数で58%。

1歳頃は最も病気をしやすい時期なので保育園からのお呼び出しも多く仕事に身が入らないことも。職場によってはプラスαがありますが、法律でももうちょっとあるとうれしいですね。

育児時間短縮勤務制度も3歳まででは足りない!?

国が定める育児時間短縮勤務制度は原則子どもが3歳になるまで。これについても、「3歳まででは足りないと思う」というママがほぼ半数の49.9%。

勤務形態はフレックス制があったり職場によって異なりますが、働くママだけでなく介護などで勤務時間調整を求める人も増えてきていますから、在宅勤務などを含めて流動的な働き方ができる職場が理想ですね。

保育園や託児施設はまだまだ足りない!?

お住まいの地域での保育園や託児施設の数について尋ねたところ「全く足りていない」が31.8%、「あまり足りていない」が37.5%と、合計すると7割近くが足りていないと答えています。前述の「仕事をしたいのにキビシイ理由」でもあげましたが、国が待機児童対策を始めて久しいのに、保育園の数はいつになったら充足するのでしょうね…。

職場の環境は働くママに寛大!?

ママ自身の職場の働くママに対する風土について尋ねたところ、「とても寛大」が18.3%、「まあまあ寛大」が41.3%と6割近くが寛大な職場で働けているようです。一方で15%のママが「寛大でない」と働きづらさもまだあるよう。すべての職場で育児が仕事の壁にならない日が望まれます。

世の中はまだ働くママへの理解や支援が少ない!?

社会一般の働くママに対する理解や支援について尋ねた結果は「理解があると思う」が21.3%と、「どちらとも言えない」の33.3%よりも低い数字。「理解がないと思う」が45.4%と最も多いのが残念でなりません。

パパの育児に対しての理解や支援はさらにない!!

一方、パパが育児をすることに対しての社会一般の理解や支援については、「全く理解がない」が18.7%、「あまり理解がない」が43.4%で合計すると62.1%が「理解がない」と答えています。「理解がある」と答えたママはわずか16%。育児をしたいパパや共働きの家庭が増えるなか、パパの育児に対する足かせが世の中にはまだまだ色濃くあるのですね。

2010年の5月に発表された国立社会保障・人口問題研究所の「全国家庭動向調査(2008)」では「妻は家庭に専念すべき」と考える既婚女性が増えていると伝えられていましたが、ベビータウン会員については働きたいと思っているママが増えていることがわかりました。
ママも働きたいのに、パパが以前より忙しくなってママが働きにくいという傾向もあるのかもしれませんね。
今回のママたちの声を3年前と比較してみると、職場環境は働くママのために改善されつつあるけれど、保育所の整備や社会全体の環境はまだまだのようです。
ママ・パパ両方について、働きたい人・育児をしたい人が望むようなくらしができる日本に、早くなってほしいですね。

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう