ベビータウン

夫婦関係

調査/レポート

夫婦の時間はどれくらい?パパと何を話している?

2018.04.04

小さな子どもの子育て中のママは、夜中にも授乳があったり夜泣きのお世話で、ほぼ24時間育児体勢。働くママはなおさらですね。一方働き盛りのパパも定時ではなかなか帰宅できないことも。忙しい子育て中の家庭では、夫婦で過ごせる時間はどれくらいあるのでしょう?また、夫婦ではどんな会話をしているのでしょう?ベビータウン会員にアンケートした結果をご紹介します!
アンケート実施期間:2017年12月20日~12月26日
アンケート対象:ベビータウン会員(回答者数=2284名)

取材協力:ソニー生命保険(株)Sony Life

夫婦で過ごす時間は30分未満!?

平日に、夫婦で話す時間について尋ねた結果が下のグラフ1です。最も多かったのが「30分未満」で30.3%。次点の「30分以上1時間未満」(29.2%)と合わせると、約60%の家庭で「夫婦の時間は1時間未満」ということになります。
それについて、ママたちがどう感じているかがグラフ2です。「ちょうどいい」(37.6%)と思っているママが最多。次いで「パパともっと話したいけれど、お互い忙しいから仕方ない」(36.8%)。「もっとパパと話したい」と思っているママも21.1%いるものの、忙しさでパパとの会話が短くてもあきらめている様子がうかがえます。その分、休日にたっぷり話せているといいですね。

夫婦の会話の中心はやっぱり子どものこと

次に、夫婦での会話の内容についてうかがってみました(グラフ3)。
やはり圧倒的に多かったのが「子どもの様子」(94.1%)。子育て中の夫婦の最大の関心事ですし、赤ちゃんは日々成長して、昨日とは違う姿を見せてくれます。ママはそのことをパパに伝えたいし、パパも自分が見られなかった子どもの様子を知りたいものですね。
では、その日の子どもではなく、これからの子どもについて「どんな子どもに育ってほしいか」パパと話し合ったことがあるかについて尋ねたのがグラフ4です。60.3%の人が「ある」と答えています。
具体的に、どんな子どもに育ってほしいかについては、「元気で明るくのびのびとした子」「やさしく思いやりがある子」「礼儀正しく人に迷惑をかけない子」などが非常に多く見受けられました。次いで、「自立した大人になってほしい」という回答もとても多かったです。子育ての最終目標は子どもが自分の力で生きていく力を身につけて、親元から巣立っていくこと。
一見当たり前のようなことでも、近年はパラサイトシングルと呼ばれる、親と同居の未婚者が昔比べて多いことをママたちも気にしているのかもしれません。親と同居している未婚者は、ここ数年は減少傾向にあるとはいえ、20~34歳で45.8%と35年前の約1.5倍、35~44歳では16.3%と35年前のなんと7倍以上にのぼっています(総務省統計研究所:2017年「親と同居の未婚者の最近の状況」より)。自立した子どもに育てることも大変な時代なのかもしれません。

教育費について話している夫婦は1/4

子どもの教育計画について夫婦で話し合ったことがあるかについては、ほぼ半数の50.5%のママが「ある」と答えました。そのママたちに、教育計画のどんな内容について話しているかを伺ったのがグラフ5です。
「通わせたい幼稚園や学校について」が52.3%と最多。次いで僅差で「教育費をどうするかお金のこと」が50.4%。つまり、これからかかる教育費について夫婦で話したことがある家庭は、全体の約1/4ということになります。

大学や専門学校に進学する際の費用だけでなく、習い事や塾にかかる金額も考えると、教育費は今のうちから準備し始めた方が安心です。そのためにも、パパとは休日の時間があるときにでも、じっくりと子どもの教育計画について話をしておきたいですね。
教育費についてパパと話をしていなくても、漠然と貯蓄をしているご家庭も多いかもしれません。けれど、貯蓄などは目的をもって準備していかないと、必要になったときに足りないということもあり得ます。例えばマイホームなど、教育費以外にもまとまったお金がかかることは家族の今後にはいろいろ考えられますね。
家族それぞれが思い描く夢をかなえていくには、まずはママとパパのお互いがどんなことをしていきたいか、子どもはどんなふうに育てたいかを話し合うことから始めましょう。そして、それらをかなえるために、どのくらいお金がかかるかを調べて、その目標に向かって準備を始めればいいのです。
こうした人生の計画を立てていくことをライフプランニングといいます。夫婦の会話の時間はライフプランニングにも有効に使いたいですね。

ライフプランニングを具体的にどのようにすればいいかわからなかったら、ソニー生命のライフプランナーに相談する手もあります。ライフプランナーは保険のプロ。人生にかかるさまざまなお金に関する知識が豊富で、いつでも無料でみなさんの相談にのってくれます。夫婦だけで話していてもまとまりがない話でも、プロに相談することで、自分たちの気持ちの整理がつくということもあります。ぜひ一度、試してみてください!

ライフプランニングをしてくれる保険のプロ!
ソニー生命のライフプランナーについて詳しくはこちら

SL17-7216-0463

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

子育て中のママは、ほぼ24時間育児体勢。働き盛りのパパも定時ではなかなか帰宅できないことも。子育て中の家庭では、夫婦で過ごせる時間はどれくらいあるのでしょう?ベビータウン会員にアンケートした結果をご紹介します!出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」