ベビータウン

食事/離乳食グッズ

専門家/メーカー

栄養のバランスばっちり!野菜たっぷりの離乳食

2014.04.09

離乳食も3回食に進むと、赤ちゃんが食べられるものも増えてきます。栄養バランスを考えて、野菜もいっぱい摂らせたいですね。その分ママは、メニューを考えたり、調理にも手間がかかる悩みも。一気に解決する方法はないものでしょうか?

取材協力:和光堂wakodo

栄養バランスのとれた
メニューを考えるのが
大変!

食べて飲んで、毎日すくすく成長する赤ちゃん。それを支えているのはママがあげる離乳食ですね。わが子の成長はうれしいけれど、ママの毎日も大変です。特に大人と同じ3回食に進む頃は、食べられる食材が増えるかわりに、メニューを考える回数も増えるということ。

ベビータウンでは今までに、離乳食についてのさまざまなママたちの悩みをアンケートしてきましたが、3回食の頃のママの悩みのトップはやっぱり「メニューを考えること」でした。次いで「食事の栄養バランスが整っているかわからないこと」。栄養バランスのためには、いろいろな食材を使ったメニューを作ってあげたいけれど、赤ちゃんが食べる少量に多くの食材を揃えるのも至難の業なんですね。つまりママたちは、「栄養バランスがとれたメニューを考えること」が大変と感じているようです。

栄養バランスには
野菜が必須

ではママたちが考える「栄養バランス」とはどんなことなのでしょう?

ベビータウンサポーターでベビーフードメーカーの和光堂が行った調査では、ベビーフードに対する不満の1位「内容量が少ない」、2位「メニューが少ない(店頭に置かれている数に限りがあるため)」ということに次いで「野菜量が少ない」ということがあがっています(2013年:和光堂調べ)。ベビーフードはメニューが豊富で、少量でも家庭で作るよりさまざまな食材をあげられることで人気ですが、ママたちの気持ちとしては、さらに野菜をたくさん食べさせたいと思っているんですね。

たくさんの野菜の
下ごしらえは大変…

では、いざ野菜をたっぷり使った離乳食を作ろうとした場合、ママたちはどんなことを感じているのでしょう?

こちらも以前ベビータウンで行ったアンケートで、「離乳食を作るのに難しい(大変)と思う食材」として、1位の「肉」、2位の「魚」に次いで、3位に「葉物の野菜」、4位に「根菜」が入っています。葉物の野菜については、「葉脈取りの作業時間と手間がかかるのに、大した量作れない」、根菜については「繊維があるので裏ごしが大変」「ちょうどいい固さやなめらかさがわからない」、また「コーンや豆類の薄皮を剥くのが大変」など、細かい作業に苦労している声が多くありました。後期になると細かい下ごしらえは減ってきますが、まだ大人と同じ固さや大きさでは与えられなかったり、栄養を考えてたくさんの食材を使おうと思うと、ママたちは負担に感じてしまいますね。

でも、こんなママたちの悩みを一気に解決できる便利なベビーフードがあるのです!

ベビータウンが
オススメする
野菜がたっぷり摂れる
ベビーフード

一度に10種類もの野菜が摂れ、1食で必要とする分量だけ摂れてしまうなんてうれしいですね。大人の食事も見習いたいくらいです。ママの手作りももちろん愛情いっぱいで素敵ですが、手作り離乳食で大変なことは、ベビーフードに頼っておいしく楽しく、栄養を摂ってみてはいかがでしょう。

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしようムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしよう

離乳食は栄養のバランスの摂れたものを!がママの願い。栄養のバランスを考えるとや離乳食に野菜は必須条件!でも野菜を調理するのに下ごしらえはなかなか大変。そんなママの気持ちを解決します。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」