ベビータウン

保育園・幼稚園グッズ、教材

調査/レポート

保育園や幼稚園の運動会!便利グッズと快適に過ごすコツ

2018.05.02

5月は運動会が多く開催される季節ですね。観覧するために持っていくと役立つ便利グッズや、大勢の中から我が子を見つけるためのコツ、お弁当作りの負担を減らすコツやおすすめメニューなど、運動会で役に立つ情報について、先輩ママたちに伺いました。

アンケートには2720名のベビータウン会員が協力してくれました。みなさん、たくさんの質問に答えてくださりありがとうございます!
(アンケート実施期間2018年2月21日~2月28日)

取材協力:(株) 千趣会BELLE MAISON

運動会についての悩みは?

観覧席や撮影のための場所取りが大変!?

「運動会に行って大変だったことは何か?」について伺いました。最も多かったのは「観覧席の場所取り」で40.7%「撮影するための場所取り」も39.2%と高い結果となりました。よい場所を確保するために、朝早くから並ばなければいけないのは大変ですよね。園によっては、プログラムの順番がきて、出場する子どもの保護者だけが入れる撮影しやすいスペースを作るなど、配慮してくれるところもあるようです。逆に園庭の広さに対して人数が多く、場所にこだわらなくても観覧場所を確保するだけで大変だというところも。
「手ぶれしないように撮影すること」が大変と答えた人も多く、39.7%いました。普段から撮り慣れていないと上手に撮影できなかったり、望遠レンズをつけると余計に手ぶれしやすいなどが理由かもしれません。

「お弁当を用意すること」と答えたのは、29.2%。もっと大変だと思う人が多いイメージがある方もいるのではないでしょうか。意外と少ない理由については、下のグラフをご覧ください。

「午前中だけだったのでお弁当は必要なかった」と答えた人が63.9%もいて、そもそもお弁当を作っていない人が多かったようです。お弁当づくりで大変だったことについて伺ったアンケートでは、「大変なことは特になかった」と答えたのはわずか14.2%。やはり、お弁当を作った人にとっては、運動会のお弁当づくりは大変なことのようです。
大変だと感じた理由については、「早起きしなければならいこと」が最も多く67.5%。その後には「メニューを考えること」が53.3%「たくさんの量を作ること」49.0%と続きました。家族全員分のお弁当を作るのは大変そうですね。中には祖父母の分も作ったという方もいました。

運動会の便利グッズは?

汗を拭くだけでなく日よけにも使えるタオルは必需品

運動会の応援に行くときに持っていったものについて伺ったのが下のグラフです。撮影関係のものとしては、「ビデオカメラ」が66.9%。7割近くの人が写真だけではなく、動画も撮影しているようです。カメラは「コンパクトカメラ」が48.3%「一眼レフカメラ」が25.3%でした。一眼レフカメラを用意している人も多いので、よい写真を撮りたいという気合いが感じられます。
観覧するときに必要なグッズとして一番多かったのが「タオル」で66.9%。汗などをふくだけでなく、首にかけて日焼けを予防したり、座るときに下に敷くなど使い道がたくさんありますね。その他には「水筒」65.2%「レジャーシート」64.6%、「ウェットティッシュ」64.0%、「帽子」59.9%、「ティッシュ」56.9%の順で高い数字となりました。特に、水筒や帽子は熱中症対策のためにも絶対に持っていったほうがいいという意見がありました。日傘や折りたたみ椅子、テントやタープなど、あまり広くない会場だと場所をとるものは他の人に迷惑がかかったり、禁止されていたりして使えないため低めの数字になっているようです。

運動会の観覧を快適にするコツ
<口コミ・体験談>

場所取り

早くから並ぶ場合は、パパが並んでママはお弁当を作るなど、役割分担をするとよいそうです。また、子どもがどの辺りでダンスを踊るのかなど、事前にリサーチしておくのもおすすめ。入れ替え制の撮影スポットを作ってくれている園もあるようなので、親の負担が減らせるシステムを園に提案してみるのもよいかもしれませんね。

場所取りのため朝6時から夫に並んでもらいました。運動会の開催場所が近所だったので徒歩で行けてとても助かった。

(福岡県/匿名希望さん)

場所取りは毎回改良され、観覧席での撮影NG、撮影場所は競技中のクラスのみなどのルール作ってくれたので、年々楽になりました。

(神奈川県/ゆきりすさん)

家族の連携プレーが必須だと思います。場所取りはパパ、ビデオはじぃじ、カメラはばぁば、お弁当はママといったように、役割分担を。しかし、今年はパパが休めず保護者一人だったため、撮影、場所取り、保護者参加競技などすべて一人でこなしたので、つかれました。

(神奈川県/匿名希望さん)

ビデオ・カメラ撮影

三脚や一脚は、使用を禁止されている場合もあるようですが、使用可能ならば、あると手ぶれの防止にもなり、とても便利との声が多くありました。他にも、望遠レンズを使用したり、脚立を持っていって後方から撮影するなど、いろいろと工夫しているようです。

三脚は禁止されており、持って行ったのに荷物になってしまいました。

(愛知県/こけしさん)

脚立。人が多いので撮影のときに役に立つ。

(高知県/匿名希望さん)

人が多くて写真を撮るために移動するのが難しかったので、望遠レンズは役に立ちました!

(神奈川県/匿名希望さん)

一脚はすぐ設置できるし、手ぶれ防止にとても便利。

(大分県/ミィさん)

自分の子どもを見つけるために

たくさんの子どもたちの中から自分の子を見つけるのは、大変なのだそうです。事前にどのあたりが自分の子どもが見やすい場所なのか聞いておいたり、靴下や靴を目立つものにしておくと見つけやすいそうです。

自分の子どもを見つけるのが大変なので、目印になるような靴下や靴を履かせるようにした。

(埼玉県/匿名希望さん)

自分の子どもを見つけるのが大変。園も配慮して、行進とかは全保護者の前を通ってくれますが、ダンスなどの時はみんな同じ格好だし、背が低いから見つけにくいし、見えないことも多々…。

(滋賀県/ゆいりんままさん)

子どもの演技のとき、子どもから聞いていた場所に子どもがいなくて見つけられませんでした。場所は子どもにではなく、担任に聞くのがいいと思います。

(東京都/匿名希望さん)

日焼け対策をする

タープやテントはあると便利だけれど、使用が禁止されていることもあるので事前に確認しましょう。日傘も邪魔になりやすいので、使う場合は周囲に配慮することが大切なようです。基本的には帽子と日焼け止め。首の裏の日焼けを防ぐためにタオルをかける、長袖をはおる、アームカバーをつけるという意見が多くありました。

帽子とタオル!首も日焼けするため!帽子をかぶり首にはタオルを巻きます!長袖も必需品です!

(滋賀県/匿名希望さん)

帽子は便利。日傘は後ろの人が見えなくなるので使えませんでした。

(埼玉県/ずくなしあこほさん)

傘やテントは邪魔になるので禁止でした。

(埼玉県/ぷーぎーママさん)

座る場所を快適にするグッズを用意

レジャーシートは、100円均一で売っている安いものにして使い捨てるという意見の人と、厚手でふんわりしたものを選んで座り心地を重視する意見の人がいました。サイズは少し大きめのものを用意しておくとスペースに合わせて折りたたんで調整できるので便利。薄いレジャーシートの場合は座り心地が悪いので、上に厚手のシートを敷いたり、座布団などを用意するとよさそうです。折りたたみ椅子は座り心地はよいけれど、前方で使うと後ろの人の迷惑になるので使用が禁止されているケースもあるようです。また、園が用意したシートに座り、持ちこみは禁止という場合もあるので、事前に確認をしましょう。

長い時間みるので、クッションがあるレジャーシートが好ましいです。もしくは座布団があるとよいですよ。

(岐阜県/匿名希望さん)

レジャーシートが薄く、座るとグラウンドの石で痛かったので、座布団を持って行った。

(山口県/匿名希望さん)

大きいものを持っていけば場所によって折りたたんで使用したりできるので便利です。

(神奈川県/匿名希望さん)

その他

その他、ママたちが大変だと思ったことや、アドバイスをご紹介します。

当日の気温をよく見る!暑いのにお茶をあまり持って行かなかったら、足りなくなったので買いに走った!

(東京都/ともあおさん)

日焼けや暑さが一番の敵だった気がします。周りのママ達に多少は気をつかうので気疲れもしますね。帰ったらグッタリ。「なにもしたくなーい」と思ってしまい、その日の夕飯は外食になることが多かったです。

(静岡県/あやりんままさん)

天気がよすぎて暑くても、曇りで寒くても大変だった。日焼け対策と寒さ対策をしていくほうがよい。

(群馬県/匿名希望さん)

駐車場がないので、自転車や徒歩、バスなどで行きます。我が家はバスなので、大きな荷物を持ってバス停まで行って・・・が疲れます。子どもの足だと速く歩けないので、時間に余裕を持って行動することが大事です。

(埼玉県/ずくなしあこほさん)

暑かったので子どもが熱中症にならないように、こまめに水分補給をしたり蔭を作ってあげたりした。

(大阪府/じゃっさんさん)

子どもと競技に出るので疲れる。パパに頼んでいました。

(滋賀県/匿名希望さん)

下の子がぐずって上の子の競技を見られないことがあった。次の年は、下の子も一歳大きくなったとはいえ、ぐずる可能性があったので、県外の親を呼んで対処できるようにした。

(石川県/はなまるさん)

とにかく暑いのが大変。下の子の熱中症対策が必須だった。

(愛知県/匿名希望さん)

トイレがとにかく並ぶので早め早めに行くか、みんなが行かない時間に早めに行った。

(東京都/彩ママさん)

運動会のお弁当作りのコツ
<口コミ・体験談>

先輩ママたちに運動会用のお弁当を作るときのアドバイスをもらいました。

前日にできるだけ準備しておく

朝起きてからお弁当を作るのは大変なので、前日にできるだけ準備してしまうというママが多数いました。

一番大変なのはお弁当の準備です。前の日にあらかた作って置いて、当日詰めるだけにしておいたほうが朝が楽です。

(山口県/匿名希望さん)

前日に作れるものは、夜に作って冷蔵庫に入れておきました。いなり寿司、煮物など。唐揚げなども下準備して、揚げ焼きにして、油を少なめにして片付けも楽になるように工夫しました。

(東京都/匿名希望さん)

お弁当作り。7割ほど作っていたが、微妙な天気でその日はとりやめになってしまった。微妙な時はその日のご飯にするような気持ちで仕込みだけしておくといいと思います。

(東京都/匿名希望さん)

とにかく前日までの仕込みが重要です。できる限り作り置きして、当日の朝の調理は最小限になるようにしておくと、わりと早く仕上がります。量が多かったり大きいお弁当箱になると詰めるのが難しいので、なるべく前日までに仕込みしておくことと、当日の段取りをしっかり頭に入れておくことをおすすめします。お弁当作り以外にも朝の準備はたくさんあるので…。

(香川県/モッチンさん)

冷凍食品を活用する

冷凍食品もおいしいものがたくさん売られているので、上手にとりいれるとよいそうです。凍った状態で入れて自然解凍で食べられるものを入れると、保冷剤のかわりにもなりますね。

冷凍の串揚げやエビフライが重宝しました。年配の方は汁物があると食べやすいですね。ピンに挿すと箸がいらないので食べやすいです。

(岐阜県/匿名希望さん)

冷凍の枝豆をそのまま入れると、保冷剤代わりにもなる。

(福島県/匿名希望さん)

全部作ろうと思わずに冷凍などをうまく利用する。

(鹿児島県/匿名希望さん)

おすすめメニュー

食べやすいもの、子どもの好きなものなど、ママたちはいろいろとこだわってメニューを決めているようです。いくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ガヤガヤしている環境で食べるので、なるべく手軽に、楽しく食べられるような物を選んで作るといいと思います。例えば取り皿を用意することなく、手掴みで、一口大で食べられる物など。

(東京都/匿名希望さん)

おかずを手に持てるようにしたり、取りやすく工夫しています。夏場はご飯類より麺類の方が子どもたちの反応が良いので、そうめんを小さくカップに取り分けて麺つゆを水筒に入れてツルッと食べられるようにしたりしています。

(沖縄県/uu mamaさん)

おにぎりは握るのが面倒なので、炊き込み御飯などを作って使い捨て容器に小分けにしました。玉子焼きも作るのが面倒なのでゆで卵にしたり、レンジでチンするだけの枝豆を持って行ったりしました。

(宮城県/匿名希望さん)

子ども達が喜んで食べてくれるように工夫しました。女の子なので、ウインナーも可愛くお花の形にしたり、のりでパンダやミッキーなどのキャラクターのおにぎりを作ったりしました。彩りもカラフルになるように気をつけました。私は朝が弱いので前日の夜にある程度下ごしらえをして、朝は詰めるだけにしていました。

(静岡県/あやりんままさん)

野菜の肉巻きは簡単なのに、華やかに見えるのでおススメです。

(長野県/匿名希望さん)

偏食で、食べるのが遅い子どもに食べさせるために、キャラ弁にしました。型抜きパンチで、パンダの顔と人の顔を作りました。前の日に海苔・チーズ・ハムを切り抜いておけば、後はなんとかなります。できあいのもの(ミートボールとか)も活用すれば、早起きしないで済みます。

(埼玉県/ruru33さん)

我が家で人気だったメニューは、甘辛く炒めた牛肉!たくさん用意してレタスで巻いて食べてもらいました。トッピングでキュウリやニンジンやチーズも準備したのでみんな大喜びでした。ご飯も一緒に巻いて食べたりできます。おにぎりやおいなりさんも必要ありませんから楽チンです。トッピングの野菜は、マヨネーズなどにディップして、野菜スティックとして食べることも◎。お肉を炒める以外は、玉子焼きを作るくらいで、あとは野菜をひたすら切る!笑。デザートにぶどうやイチゴなどを洗って入れるだけで、お弁当はおしまいです。

(鹿児島県/じゅりこさん)

おすすめのお弁当グッズ

お弁当を作る時に便利だったグッズについても伺いました。

大きいお弁当箱。

(神奈川県/匿名希望さん)

大量のおにぎりを作るので、プラスチックのおにぎりの型が役立ちます。

(福岡県/ももちゃんママさん)

ラップ、ホイル、使い捨てのお弁当箱やケースや割り箸やスプーンとフォーク。捨てられるものだと帰ってからの片付けが楽だし、持ち帰りも軽い。

(東京都/ごぼてんさん)

のりを可愛い形に切りぬくことができるのりパンチ。パンダや犬など可愛い動物のおにぎりが作れて、子ども達が「また作ってー」と喜んでくれました。

(静岡県/あやりんままさん)

かわいいピックやバラン。見た目が華やかになるから。

(愛媛県/るきにゃさん)

直射日光が当たるので、お弁当はクーラーボックスに入れた方がいい。クーラーボックスが椅子やテーブルがわりにもなる。

(東京都/匿名希望さん)

小学校の運動会は園とは違う?

園の運動会と小学校の運動会では、必要になるグッズは変わるのか、気になる少し先のことについても伺いました。

時間が長くなるので必要なものが増える

小学校は人数が増えて、運動会の時間も長くなるので園の運動会ではお弁当がいらなかった人も必要になってきたり、水筒がたくさん必要になったりするという意見が多数。また、校庭が広いので園では使えなかったけれどテントが使えるようになったという方もいました。

幼稚園とは違い午後もあったので、お弁当が必要になったのと、子どもの水筒に追加するお茶が必要になった。

(栃木県/匿名希望さん)

必要なグッズの違いはないけれど、幼稚園は競技に参加することが多いからコンパクトな荷物。小学校は座っている時間が長いから日差しが少ないところに座らないと、暑くて居られない。

(神奈川県/かすみんさん)

小学校は規模が大きいし 場所取りから大変でした。また、子どもの競技が始まるまでの待ち時間も長く、水分の確保、日焼け対策はバッチリにしないと大変です。

(福岡県/かずもんママさん)

場所取りの競争が激しくなったので、椅子、レジャーシートなどが増えました。

(兵庫県/匿名希望さん)

会場の広さが一気に変わるのでカメラの望遠レンズは必要です。人数も増えるのでどこに誰がいるか全くわからなくなります。

(埼玉県/りんさん)

グランドが広いので、テントを持ち込みました。小さい子がいるとおむつ替えなどテントの中でできるし、眠くなったら寝ることもできるし、なかなかよかったですよ。

(千葉県/いっちゃんとしんちゃんのママさん)

クーラーボックス、テント、テーブル、イスが必要でした。長時間なので水分補給とゆっくり座れる場所があるといいです。

(岐阜県/まぁいママさん)

運動会は場所取りなど、いろいろと大変なことも多いですが、子どもが頑張っている姿を家族で応援できる素敵なイベントですよね。園によって持っていっていいグッズとダメなグッズが違うので、準備をする前に園に確認しておくことが大切です。天候によっても必要なものが変わってくることがあるので、天気予報のチェックも忘れずに。快適に観覧するためのグッズや、写真や動画に残すための撮影機材をバッチリ用意して、素敵な思い出を作りましょう。

運動会で活躍する便利なグッズはこちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

運動会で観覧するために持っていくと役立つ便利グッズや、お弁当作りの負担を減らすコツ。お弁当のおすすめメニューなど、運動会で役に立つ情報とは?2720名のベビータウン会員が協力してくれたアンケート結果を大公開します!出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」