ベビータウン

家事

調査/レポート

年末だけじゃない!?「夏の大掃除」をしてみませんか?

2017.08.09

「大掃除」といえば、年末にするものというイメージが強いですよね。ところが、実は夏の暑い時期に大掃除をしたほうが、いろいろなメリットがあって良いのだとか。年末は大掃除以外にも慌ただしいことが多いものです。夏の時期に大掃除をしておけば、年末の大掃除がぐっと楽になるのもうれしいですね。今回は先輩ママ達に聞いた掃除のコツなど、アンケート結果を大公開します。ぜひ参考にしてください。

アンケートには696名のベビータウン会員が協力してくれました。みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!

(アンケート実施期間 2017年5月24日~5月30日)

取材協力:ユニ・チャームunicharm

みんなは「夏の大掃除」している?

どれくらいのママたちが夏に大掃除をしているのでしょうか?実際に夏に大掃除をしているのか、伺ってみました。

「毎年している」「毎年ではないけれどしたことがある」と答えた方を合わせると36.3%。「したことは無いがやってみたい」と答えた方まで入れると、76.5%という結果に。大多数の方々が「夏の大掃除」をしたことがある、もしくは興味を持っているということがわかりました。大掃除は年末だけと決めつけず、夏の大掃除にチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

赤ちゃんが生まれてから掃除について意識がかわったかどうかについても伺ったところ、「以前よりも気を使うようになった」と答えた方が69.3%もいらっしゃったので、掃除に対する意識の高さも関係しているのかもしれません。

夏の大掃除がおすすめなワケは?

では、多くの方が夏の大掃除に興味を持っているのは、どうしてなのでしょうか?夏の大掃除の良いところはどこなのか、確認していきましょう。

夏に大掃除をした、もしくはしてみたいと思った理由について伺ったのが上のグラフです。もっとも多かった答えが「洗ったものなどがすぐに乾く」で68.2%でした。網戸やお風呂場など、洗った後に乾きやすいと水分を拭き取る手間が省けて時間の節約にもなりそうですし、カーテンやシーツ、ソファカバーなどの大物を洗っても乾きやすいのがうれしいですね。続いて多かったのが、「水を使った掃除が苦痛になりにくい」で54.1%。寒い時期だとつらい、水を使った掃除も、夏ならば逆に冷たくて気持ちが良いもの。これは「寒い時期よりもやる気がでる」33.1%にも影響しそうです。

また「汚れが落ちやすい」は15.6%。汚れが落ちやすいと、お掃除のストレスが減って良いですよね。「日照時間が長いので朝早くから遅い時間まで明るい」は33.1%、「お盆休みなどまとまった時間が取りやすい」は21.7%の方が答えてくれたように、冬よりも掃除の時間を長く確保しやすいのも、「大掃除」にはぴったりの時期といえそうです。

大掃除の負担を減らすためにできることは?

大掃除は、普段なかなか手をつけられないところもしっかり掃除をするものです。そこで、掃除が面倒だと思う場所と、ひんぱんに掃除をしている場所について伺いました。その結果を元に、大掃除の負担を減らすためにできることについて考えてみましょう。

掃除が面倒だと思っている人が一番多い場所は「換気扇」で75.3%。ひんぱんに掃除しているところとだと答えた方はわずか5.5%しかいらっしゃいませんでした。換気扇は自分で分解することに抵抗があったり、細部まで油汚れをとるのが大変なので、ひんぱんに掃除するのは難しそうですね。「窓・サッシ・網戸」も面倒だと思ってる人が70.1%、ひんぱんに掃除をしている人が9.6%と、大掃除にまわしてしまいがちな場所のようです。しかし、換気扇と違って、使い捨てのハンディワイパーを使うなど、便利なグッズを使えば比較的掃除がしやすい場所でもあります。使い捨てのハンディワイパーは、「照明器具」「天井」「テレビ・テレビの裏」 「棚」などのホコリをとるのにも便利で、使った後も捨てるだけと簡単なので、一本用意して日頃から掃除が面倒だと感じる部分も、こまめにお手入れしておけば、大掃除のときの負担が減らせそうです。

簡単に掃除できない場所は、大掃除のときに覚悟を決めてまとめてするほうが良さそうですが、日頃から掃除できる場所はしておいたほう良いかもしれませんね。

先輩ママに聞く!掃除のコツ

具体的に、効率よく掃除をするためにはどうすればよいか、先輩ママたちに掃除のコツについて伺いました。ぜひ参考にしてください。

こまめに掃除する

時間が経つと汚れが落ちにくくなったり、逆に手間がかかってしまうため、できるだけこまめに掃除すると答えた方がとても多くいらっしゃいました。汚れた部分を軽くふき取るだけ、1日10分だけ水まわりの掃除をするなど、負担にならない範囲ですれば続けられそうですね。

ママの声

1日10分掃除をする。

(すばmamaさん)

汚れたらその場で対処。時間がたつと汚れが落ちにくくなったり、広がるので。

(カスミちんさん)

毎日こまめにやることで、汚れがたまらないのでいいかなと思います。特に、キッチンのガスコンロや水回りレンジなどは毎日やっています!

(ぶぶたさん)

温まってる状態で汚れを落とす

料理をしてすぐ後のガスコンロやお風呂に入ったすぐ後など、温かい状態だと汚れがとれやすいので、掃除がしやすいのだとか。「冷めないうちに掃除をしなければ」と思うことで、後回しにしないですぐに掃除にとりかかるきかっけにもなりそうですね。

ママの声

お風呂掃除は入る前より、あがった後にすぐやる方が汚れが落ちやすくてよい。

(ポポ0049さん)

お風呂場は入る前に掃除するのではなく、面倒でも、入った後に掃除するとカビも生えにくく次に入るときはシャワーで、さっと流すだけでお湯をはれるのでとても楽。

(トイ0006さん)

ガスコンロは、料理してすぐ(コンロが温かいうち)に掃除すると汚れが落ちやすいと聞いたので、そうしています。

(チョコミント1107さん)

みんなで協力する

パパに子どもを連れて散歩に行ってもらってその間に掃除をしたり、高い場所の掃除や重いものを動かさなければならないときはパパにお願いするなど、ママ一人ではなく、力を合わせて掃除をすれば負担が減らせますね。子どもが大きくなってきたらお手伝いをしてもらえば、一緒に楽しみながら掃除ができそうです。

ママの声

なるべく時間をかけずに一気にやる。換気扇など高い位置にあるものは旦那に任せる。

(haru*mamaさん)

旦那さんに赤ちゃんを散歩に連れ出してもらっている間に集中して掃除する。時間が限られていると思うと、集中力アップでキレイになる。

(miroyukiさん)

何でもママのマネをしたがる子なので、以前使っていた掃除機を子どもに渡して、二人で一緒にかけてます。子どもは遊びの延長なのでニコニコです。

(めい0278さん)

計画をたてる

まとめてきれいにしようとすると大変ですが、今日はキッチン、明日はトイレなど、計画を立てて掃除をすれば、効率よく負担も少なく掃除ができそうです。ゴミの日に合わせて掃除をすると、いらないものをすぐに捨てられるのですっきりするという意見もありました。

ママの声

まとめてやると、時間や労力がかかるので、今日はここを重点的に!!と絞って掃除をします。

(コロボックルさん)

まとめてすると大変なので、場所を決めて分けてする。 今日は1階、明日はトイレとお風呂とか。

(ひちゃさん)

ごみの日のカレンダーに合わせて、掃除をする。次の日に、すぐ捨てられるので。

(ステラ0021さん)

便利なグッズを使う

使い捨てのハンディワイパーやメラミンスポンジ、粘着クリーナー、高圧洗浄機、コードレス掃除機など、便利なお掃除グッズは積極的に取り入れているという方が多数。すぐに手に取れる場所に置いておくのもポイントだそうです。

ママの声

粘着クリーナーやハンディワイパーなどの掃除道具はキッチン、廊下、2階など、汚れやすい場所でサッとすぐ使えるところに何ヶ所か置いている。

(チャッピー0095さん)

高圧洗浄機を使って、一気に終わらせるようにしています。最近は小さな高圧洗浄機もでているので、女性でも使いやすいです。

(はくちゃんママさん)

気づいた時に掃除機でさっと掃除するようにしています。コード付きは出すのが面倒なので、手の届くところに充電式を置いています。

(よっしーママ0020さん)

ズボラなので、基本的に使い捨ての掃除用具を使う(掃除用具の掃除が面倒なので)。

(チーチクさん)

その他

他にも、好きな音楽をかけながら掃除をする、専門の業者さんにお願いする、物を増やさないなど、ためになるアドバイスをいただきました。ご覧ください。

ママの声

ガンガンに好きなアップテンポの曲を聴きながらテンションを上げていく。

(姫ママ0043さん)

風呂場やエアコンなどは、2年に1回くらい、専門の業者さんにお願いしてクリーニングしてもらっています。手の届かないところもやっていただけるし、スッキリします。

(ちゃぬしさん)

掃除は上からしていくこと。天井→照明器具→冷蔵庫上→壁→棚(机など)→テレビ、テレビの裏→窓(冊子、網戸など)→床

(さーゆーママさん)

まず、モノを増やさないこと。モノが増えると、モノの片づけをしないと、掃除を始められない。

(よっくんママ0004さん)

年末の忙しい時期よりも夏に大掃除をすることで、汚れが落ちやすい、掃除の時間が取りやすいなど、メリットが多く、実践している方も多いようですね。まだしたことがないという方も、今年の夏はぜひ「夏の大掃除」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。また、ハンディワイパーなどの便利なグッズを活用して、日頃からこまめなお掃除を心がけ、大掃除のときの負担を減らしておくのもおすすめです。

お掃除をラクにする便利なハンディワイパーはこちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

大掃除は夏の暑い時期にしたほうがさまざまなメリットがあるそうです。夏場に大掃除をしているママはどれくらいいるのか、夏の大掃除のメリット、掃除を楽にするコツなどをご紹介します。|出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」