ベビータウン

家事

専門家/メーカー

年末の大掃除!効率良くホコリ掃除をする5つのコツ

2017.12.06

街も慌ただしくなり、年末の大掃除の季節がやってきましたね。けれど、赤ちゃんのお世話が忙しくてなかなか掃除をする時間がとれないというママも多いのではないでしょうか。今回は、そんなママの負担が少しでも減らせるように、大掃除の中でも面倒なホコリ掃除の効率の良い仕方や、ホコリ掃除をグッとラクにしてくれるグッズの活用法などについて、ユニ・チャームの「ウェーブ ハンディワイパー」を担当している大竹さんにお話を伺いました。

取材協力:ユニ・チャームunicharm

取材協力

大竹 賢さん
ユニ・チャーム株式会社 グローバルマーケティング本部

「ウェーブ」の開発やマーケティングに携わっていてホコリ掃除に詳しい。

ホコリ掃除の5つのコツとは?

ホコリ掃除に詳しい大竹さんに伺った、5つのコツをご紹介します。コツをおさえて、効率良く年末の大掃除を進めましょう。

1.上から下へ掃除していく

ホコリ掃除の基本は上から下。ホコリは下へ落ちていくものなので、余分なホコリを舞い上げないように天井や照明器具などの高いところからはじめて、最後に床を掃除します。

2.部屋の隅から中央に向かって掃除する

大掃除の時は特に、ホコリがたくさんたまりやすい部屋の隅から始めて、中央に向かって掃除すると短い時間で効率的に掃除ができます。

3.家具の下など見えない場所のホコリもとる

ソファーの下や冷蔵庫の上、テレビの裏や照明器具、飾り棚、レンジの下、オーディオ機器、エアコンの上部など、掃除機をかけづらい場所にホコリはたくさんたまりがちです。ホコリがたまっているのだろうなと思いつつ、見ないことにしてしまいたくなるかもしれませんが、ホコリの中には菌やカビがたくさん含まれています。普段の生活では見えにくいところにたまるホコリも、見逃さずに取り除きましょう。

4.こまめに掃除してキレイを保つ

油汚れなどは時間が経つと落としにくくなるのと同じように、ホコリも時間が経つと油分などを吸ってかたまって取りにくくなることがあります。年末の大掃除で、たまってしまったホコリをキレイにしたら、それをきっかけに、まめにホコリをとる習慣をつけると、次の大掃除がとてもラクになります。
大掃除も、最近は部屋ごとに日にちを決めてするなど、何日もかけて大掃除をする方が増えているようです。特に小さなお子さんがいるご家庭では、長い時間まとめて掃除に専念することが難しいので、少しずつ掃除するスタイルのほうが向いているかもしれませんね。

5.ハンディワイパーを使う

ホコリ掃除におすすめの掃除グッズがハンディワイパー。サッと一拭きでホコリを絡め取って離さないハンディワイパーを使えば、ホコリの舞い上げも少なく手軽に掃除できます。

ホコリ掃除にハンディワイパーがおすすめのワケ

なぜ、ホコリ掃除にハンディワイパーがおすすめなのか、詳しくご紹介します。

ホコリが舞い上がりにくい

大竹さん:昔ながらのホコリ掃除の仕方といえば、はたきでホコリを下に落としてから床を掃除していましたが、舞い上がったホコリが下に落ちるまでには時間がかかるなど、手間も時間もかかりますよね。そこで、おすすめしたいのが、ハンディワイパーなのです。ユニ・チャームで発売している「ウェーブ」という商品は、サッと一拭きするだけで、髪の毛やホコリ、粒ゴミなどをからめとって離さないので、ホコリが舞い上がりにくいのが特徴です。ホコリやゴミをからめ取って離さないための吸着力アップにはとてもこだわっていて、先日新しく改良したものは、従来品よりもゴミの吸着力が150%アップしています。
また、ゴミを吸着するファイバーの上部についている、舞い上げブロックシートという不織布は空気の流れを抑え、より一層ホコリを舞い上げにくくしている自社特有の特許技術です。

せまい隙間にもピッタリフィットする

大竹さん:ウェーブのシートを取り付けるヘッドの部分は、シートをフワフワにしてより中までゴミが入りこむように立体的になっているのですが、力を加えると柔軟にまがる構造になっています。ヘッドが平らに潰れて狭い隙間にも入っていけますし、平面でも局面でも、凹凸があるところでもフィットして、しっかりと柄に力が伝わりホコリをキャッチすることができるんです。また、グリップのところを持ちやすいアーチ状にしているので、ぞうきんで拭いている時のような感覚で掃除ができます。ハンディワイパーの先のほうまで一体感を感じることができるので、どんどん細かいところまで掃除がしたくなるといった感想をいただいています。

高い場所のホコリもらくらくとれる

大竹さん:実は、ウェーブのハンディワイパーには通常のものとは別に、持ち手がのびるタイプもあるんです。持ち手の部分が2段階の長さに調節できて、最長89cmまでのばすことができます。ロックがついているので、使っているうちに縮んでしまうこともありません。ヘッドの角度も5段階に変えられ、通常のものと同じようにシートを取り付ける部分は立体的で柔軟な作りになっているのでフィットし、エアコンの上や照明器具、冷蔵庫の上、天井や壁など、手の届かない高いところのホコリもラクラクとることができます。また、高い場所だけでなく、床の掃除をするときも便利なんですよ。ソファーやタンスの下、階段の隅などの掃除機では掃除しにくいところなどにも、ぜひ使ってみていただきたいです。

赤ちゃんが寝ていても静かに掃除ができる

大竹さん:赤ちゃんがちょっと寝たときに掃除をしたいと思っても、掃除機は出すのが大変だったり、騒音で起きてしまうのではないかと心配になったりする方が多いのではないでしょうか。そんな時も、ハンディワイパーなら音を立てずに短時間で手軽に掃除することができますよ。実際にママたちからも「ウェーブだと音を立てずにサッと手軽に掃除することができる」「抱っこしながらでもホコリが舞い上がりにくいし、音がでないので赤ちゃんが寝ていても掃除できて良い」といった声が寄せられています。
また、ハンディワイパーでも床の掃除はできるのですが、ウェーブではフロア用のドライシートやウェットシートもあるので、特に床掃除をしたいという時は、こちらもおすすめです。ウェットシートは少し拭いただけで乾燥してしまうようなものも世の中には売られていますが、ウェーブのウェットシートは5層の保水シートになっているので水分を蓄えておきやすく、洗浄成分が少しずつ浸み出すので、約30畳分の面積を1枚のウェットシートで拭くことができます。さらに99%の除菌もできるんですよ。

ハンディワイパーの上手な使い方は?

ハンディワイパーを、より効果的に使うためのポイントを抑えて活用しましょう。

汚れてきたらシートを交換する

大竹さん:シートが汚れて黒くなってきたり、ホコリやゴミを取りづらくなってきたと感じた時が交換のタイミングです。汚れのひどい場所を掃除した時などは、1回使ったら捨てて新しいものと取り替えることもあると思いますが、日常的に使う場合は、1日で捨てずに数日使用するという方がたくさんいらっしゃいます。ただ、ホコリなどがついたシートをそのまま保管するのは「衛生面が気になる」という声が多かったので、現在は保管している間に菌が増殖するのを抑制する抗菌EXファイバーでシートを作っています。ハンディワイパーを入れておくための専用ケースもあるので、ケースに入れれば汚れが目につかず、見た目良く保管することもできます。

いろいろな場所に置いておく

大竹さん:大掃除のときだけまとめてやろうとすると、ホコリの量が多かったり、固まってしまっていたりして大変ですが、日常的にハンディワイパーでサッと一拭きする習慣をつけておけば、次の大掃除はきっとラクになります。それに、毎日清潔な部屋で過ごせたほうが気持ちがいいですよね。無理なくこまめに掃除するためには、各部屋に1本ハンディワイパーを置いておくのがおすすめです。わざわざ取りに行かなくても、たとえばテレビの横など、すぐに手の届くところにあれば気になった時にサッと取り出せて手軽に使用できると思います。

交換する前に汚れのひどい場所を

大竹さん:シートを交換する前に、サッシ、玄関まわり、洗濯機のトレー、網戸など、汚れの多い場所を掃除するのもおすすめです。はじめは汚れの少ない場所、交換前には汚れの多い場所にお使い頂くと、無駄なくシートを使い切れます。ウェーブはシートの側面までしっかりホコリやゴミを絡めとるので、ぜひ最後まで使いきっていただけたらと思います。

大竹さん

実は、我が家も最近赤ちゃんが生まれて、ママは本当に大変だと心の底から感じています。子育て自体はすごく幸せなことなのですが、実際に体力をすごく使いますし、家事に費やせる時間がかなり減ってしまいますよね。掃除は後回しになりがちですが、やっぱり赤ちゃんのためにも清潔に保ちたいという気持ちとの葛藤で、掃除ができない状態がストレスになってしまうママも多いのではないかと思います。子どもが寝てくれた短い時間でもサッと使えて使い勝手がよくて、ママの「もうひとつの手」になって支えられるような商品として活用していただけたら嬉しいです。掃除が苦手なパパでも、小さなお子様でも気軽に使えるので、ママに限らず、家族みんなで使っていただければと思います。

ホコリを舞い上げず、ホコリや髪の毛などをしっかり絡め取ってくれるハンディワイパーは、大掃除はもちろん、日ごろの掃除にも大活躍してくれそうですね。天井から床まで一本で掃除できるのも魅力的。忙しいママにはぴったりの掃除グッズと言えそうです。

ホコリ掃除をラクにしてくれる
ハンディワイパーはこちら

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

忙しいママの負担が少しでも減らせるように、大掃除の中でも面倒なホコリ掃除の効率の良い掃除の仕方や、ホコリ掃除をグッとラクにしてくれるグッズの活用法などついてご紹介します。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」