ベビータウン

家事

調査/レポート

子育て中の料理はどうしている?ラクするコツは?

2020.04.01

子育て中の三度の食事の用意は大変ですよね。赤ちゃんのお世話をしたりご機嫌を見ながら料理をするのも大変だし、離乳食が始まると大人用と子ども用を別々に作る手間も増えます。ママたちは日々の食事作りをどう乗りきっているのでしょう?あると便利な調理道具や取り入れている半調理品、工夫しているポイントなどアンケートしてみました!

アンケート実施期間:2019年8月28日-9月3日
アンケート対象:ベビータウン会員(回答者数=2742名)

取材協力:(株) 千趣会BELLE MAISON

食事はどれくらい、誰が作っている?

夕食はほぼ毎日作っている家庭が多数

お弁当や作り置きも含め、大人の3食をどれくらいの頻度で作っているかを聞いてみました。夕食は89.1%と大多数の家庭でおうちで作っていることがわかります。
朝食や昼食も半数以上が作って食べていますが、朝食では「ほぼ外食や店で買ったもの」という人が2位で8.3%。共働きなどの場合、通勤途中などに食べている人も一定数いるのかもしれませんね。
昼食では「週に2・3回(作る)」という人が2位で16.6%。昼食はママとパパが別々に食べていることが多い食事。ママのその日の予定によって作ったり外で食べたりと状況が変わりやすい食事でもありますね。

食事を作っているのはほとんどママ

では、食事を誰が作っているのでしょう?今回の回答者全体では「ママ」と答えた人が86.4%と圧倒的。回答者の職業では、専業主婦が44.4%、産休・育休中が26.0%と70.4%の人が現在は家庭に入っているので、ママが家事を担当しているのかもしれませんが、ママの職業別に食事を作っている人を聞いたのが下のグラフです。
ママが「フルタイム勤務」の場合でも72.2%がママが食事を作っていて、「ママとパパが半々」がわずか13.3%。家事の中には得意・不得意があって、それぞれの家庭での役割分担があるのだと思いますが、パパにももうちょっとがんばってもらってもいいかもしれませんね。

食事作りをラクにするものは?

冷凍食品が便利!

食事作りを少しでもラクにするためには、食材を1から調理するのではなくある程度加工されたものを使うと便利ですね。みんながどんな半調理食材を使っているかを聞いたのが下のグラフです。
みなさん上手にいろいろ取り入れているようですが、「冷凍食品」が最多で64.9% 。日持ちがするのでまとめ買いができるし、最近の冷凍食品は進化が目覚ましく、お店で食べるのと同じくらいおいしいものがふえているから使わない手はないですね。また、冷凍のカット野菜など素材の冷凍食品も人気でした。
フリーコメントで多かったのは「ミールキット」。日替わりメニューで人数分の材料がカットされた状態で、しかもレシピ付きで届くので、献立を考える煩わしさや食材を切る手間が省けるだけでなく、マンネリにならないから便利というママが多数いました。

ポリ袋は万能!

次に食事作りをラクにする調理道具について聞いてみました。「ポリ袋」が最多で40.1%、僅差で「高機能な電子レンジ」が38.9%。ポリ袋は下ごしらえで使ったり、洗い物を減らすのに大活躍しているよう。電子レンジは火を使わずに済むところが、赤ちゃんや子どものいる家庭では安心なようです。
「その他」の回答で多かったのが「キッチンばさみ」「シリコンスチーマー」「アルミホイル」などでした。
みんながどのように便利グッズを取り入れているかを以下でご紹介します。

便利でオススメの調理道具の使い方は?

みんなが便利と答えたランキング上位のものや、熱いコメントが多かった道具について、みんなのオススメポイントや使い方をご紹介します!

ポリ袋

ポリ袋。コスパがよく、ボウル代わり、保存容器代わり、冷凍加熱電子レンジOKと、様々な用途で使用できるので便利

(神奈川県:産休・育休中/匿名希望さん)

食材を入れたまま煮ることができるポリ袋。ファスナー付きの袋はもったいないけれど、ただの袋なので使いやすい。鶏むね肉と調味料を袋に入れてそのまま煮れば鍋が汚れず簡単に鶏ハムができます

(岐阜県:育児短縮勤務中/匿名希望さん)

ポリ袋を使用するのは肉に味付けする時、手を汚すと子どもが泣いたときなど近くに行くのに時間がかかるため、ささっと洗って行けるようになるべく手を汚さないため

(大阪府:専業主婦/匿名希望さん)

電子レンジ

レンジで蒸し器とグリルパンレンジで調理する。鍋でやるより早く野菜が柔らかくなるので、スープなどを作る時にも蒸してから調理すると時短になる。蒸した野菜をグリルパンで直火焼きして香ばしく仕上げられて、食卓にそのまま出せるので洗い物も減る

(愛知県:育児短縮勤務中/ゆきさん)

高機能レンジだと唐揚げなど揚げ物が油を使わず後処理も便利でとても使いやすい

(千葉県:専業主婦/うさぎさん)

夏は暑いからレンジに任せると便利で必須。そして赤ちゃんがいても危なくない

(埼玉県:専業主婦/まめぎーママさん)

クッキングシート

クッキングシートはかなり使います。ちょこっとお肉などの油ものを切りたい時に、二つ折りにしてまな板の上に敷いて切ると、まな板の洗う面積がかなり少なくなるのでラクです。オーブンで何か焼く時もかならずクッキングシートを敷きます。網で焼くものだろうが、蒸すものだろうが必ず敷きます。そして極力網を洗わないで済ませます

(鹿児島県:専業主婦/匿名希望さん)

魚はクッキングシートを敷いてフライパンで焼けば、後始末がすっごく楽になります。クッキングシートに魚や肉と野菜を包んでレンジで蒸し料理も作れます

(東京都:専業主婦/とらふくママさん)

スライサー・チョッパー

スライサーで切った野菜を冷凍しておいて、自家製冷凍食品にしています

(秋田県:産休・育休中/匿名希望さん)

あまり包丁使いが上手でないのでスライサーを使っています。その方が早くて薄く切れるのでいいです

(秋田県:産休・育休中/匿名希望さん)

紐を引っ張るとみじん切りができるチョッパーを愛用しています。手動なのでコンセントもいらず、手軽に使えてお手入れも楽です

(愛知県:産休・育休中/匿名希望さん)

チョッパーはみじん切りが一瞬でできるので料理時間の短縮になる

(神奈川県:産休・育休中/えんゆさん)

圧力鍋

圧力鍋は手間のかかる煮込み料理も短時間ででき、柔らかくできるので子どもの離乳食にも便利。火の側にいなければならない時間が減るので助かります。子どもの離乳食にとりわけてから大人用の味付けを加えると良いです。イワシなどの小魚を骨が柔らかくなるまで煮込めば栄養満点です

(海外在住:専業主婦/匿名希望さん)

電気圧力鍋は、全部材料を入れてスイッチを入れて時間をセットすると、放置してもおいしくできる

(東京都:専業主婦/匿名希望さん)

レンジで使える圧力鍋は材料を入れて時間を合わせるだけなので、作っている間目をはなすことができて違う作業ができるので重宝しています

(兵庫県:専業主婦/匿名希望さん)

キッチンばさみ

キッチンばさみは驚くほど我が家で重宝しています。鶏肉などは買ったトレイの上でチョキチョキすればまな板が汚れることもなく、包丁よりお肉も切りやすいです

(大阪府:フルタイム勤務/匿名希望さん)

料理ばさみはお味噌汁に入れるネギなどを、まな板と包丁を使わずに切れて楽チン!

(和歌山県:パート・アルバイト勤務/⚫みけねこ⚫さん)

シリコンスチーマー

シリコンスチーマーは万能過ぎてなくてはならない物になりつつあります。セット簡単、手間がかからない、時短になる。良いことづくめ

(福島県:専業主婦/9yay08さん)

煮物やカレーなどで使う野菜は、時短のため、ほぼ先にレンジで加熱して柔らかくしてから使用します。その際、野菜を入れるシリコンの密閉容器が便利で、毎日必ず使用します。お弁当作りにも大活躍しています

(愛知県:その他/みきこさん)

アルミホイル

くっつかないアルミホイル。卵焼きから炒め物、てりやき、焼きそばまで、煮物以外ならなんでも使う。焦げ付きの心配もないし、油も引かないからヘルシー。フライパンを洗う手間もなく、料理が億劫ではなくなるから

(愛知県:専業主婦/匿名希望さん)

ご飯炊くときにアルミホイルに玉子や野菜とお肉を包み、一緒に調理して時短

(北海道:育児短縮勤務中/ミントさん)

食事作りをラクにするコツは?

食事作りの手間を省くために、ママたちが工夫していることについて聞いてみました。是非参考にしてください!

冷凍できるものは買いだめして買い物の手間を省いて楽にする。パスタソースや惣菜のもとなどは、指定の食材じゃなくても家にある残り物で作っても全然美味しいし、日持ちするので買っておくと楽

(大阪府:パート・アルバイト勤務/りっくんままさん)

午前中のうちに夕食の分まで一気に下ごしらえをしてしまいます (肉や野菜を切り、あとは調理するだけにしておく・冷たいものは調理まで済ませて冷蔵庫へ)。時間にも気持ちにも余裕ができておススメです

(福岡県:産休・育休中/匿名希望さん)

野菜、キノコ、お肉はまとめて買ってカットしてから冷凍しておく。旨味が増すし、時短になる

(神奈川:産休・育休中/匿名希望さん)

我が家ではミールキットを導入しました。買い物の手間と食材を切る手間が省けていいかなと思ったのですが、それだけでなく、生ゴミが出ない、夫へレシピの指示を出さなくてよい(夫はレシピの指示がないと作れないので)、洗い物が少ない、自分では作らないメニューを作れる、品目数を考えるとむしろお買い得など、子育て家庭ならば導入しない理由がないほど便利です

(京都府:学生/匿名希望さん)

多めに作って、自家製の冷凍食品に。そのまま食べてもよし、リメイクもできるようにしている。ラタトゥイユ→カレー      →スープ→パスタソース とか。本当に疲れているときは、そのまま食べます

(大分県:専業主婦/匿名希望さん)

子ども用の食事をベースに、大人味にするために同じ食事に調味料などを足しています。前日の残りのサラダを翌日は炒め物にしたり、煮物の残りはお湯を足して味噌や豚肉を足して具沢山の豚汁にしたりと、残り物を簡単にアレンジしています

(愛知県:その他/みきこさん)

キムチ、ところてん、もずく、塩辛、など、市販のものでサッと小鉢に出すだけでおつまみになるようなものは何品か常備していて、ちょっと足りない時などに出す

(東京都:専業主婦/匿名希望さん)

ワンプレートにすると見た目がカフェ風で洗い物も少なくなり一石二鳥です

(神奈川:専業主婦/yossyさん)

乾燥パスタは半日水に浸けておくと茹で時間が2-3分で済み、食感もモチモチして美味しくなる

(神奈川県:学生/匿名希望さん)

手をかける料理と手を抜く料理のメリハリ。あと、疲れている時や時間がない時に作る鉄板レシピを持っておく

(埼玉県:育児短縮勤務中生/匿名希望さん)

身近なものからちょっとした便利グッズまで、ママたちはいろいろなものを取り入れて食事作りをラクにする努力をしているようですね。時間があるときにまとめて作り置きするだけでなく、アレンジメニューなども参考になりそうです。食事は何より楽しみの時間。作ることにママが疲れてしまうより、市販の調理品を取り入れたり、便利グッズを使って時短で作ることは手抜きではなく“できるママの知恵”ですよね!

料理をラクに楽しくする、便利でオシャレな調理道具はこちら

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

関連用語集

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

赤ちゃんのお世話をしたりご機嫌を見ながらの食事の用意は大変ですよね。ママたちは日々の食事作りをどう乗りきっているのでしょう?あると便利な調理道具や工夫しているポイントなどについてアンケートしてみました!出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」