ベビータウン

お金・保険

専門家/メーカー

家計管理を簡単で、安心にする方法(前編)

2017.01.04

家計管理はどうしていますか?日々の支出など、短期的な管理も大切ですが、もっと大事なのは、将来まとまったお金が必要となることを見据えた長期的な管理です。どうしたら安心な将来のための家計管理ができるか考えてみましょう。

取材協力:ソニー生命保険(株)Sony Life

  • 2017年1月現在の情報に基づき作成しています。
    税制、社会保障制度、データ等は作成当時のもので、現在とは異なる場合がございます。

家族の将来に必要な
お金の全体像を考える

人は生活しているなかで、日々かかっているお金があります。食費や光熱費などの生活費、家賃や住宅ローンなどの住居費、衣類などの衣服費がそれにあたります。
それ以外に、人生の節目でまとまったお金が必要となるときがあります。例えば、

  • 子どもが入学するとき
  • マイホームを買うとき
  • 子どもが結婚するとき
  • 車など高額なものを購入するとき

などがあります。
それらに備えて、貯蓄をすることも家計管理の大事なポイントです。
また、老後に給与などの収入がなくなった後にも生活費はかかるため、老後に備えた資金も考えておかねばなりません。

緊急時や万一の場合に
必要なお金を考える

上記は、家族が元気に暮らしている場合に必要となるお金ですが、人生には予想のできない事態が起こることがあります。

例えば、働いているパパやママが病気やケガで一時的に働けなくなる場合があります。病気やケガの度合いによっては長期的に医療費が必要となったり、収入が途絶えたりすることもあります。また、パパやママに万一のことが起きた場合、一時的でなくその後の収入が絶たれてしまうこともあります。

こうした事態が起きると、生活費だけでなく、子どもの教育費やマイホームの返済などにも影響が出る場合があるため、貯蓄だけではまかなえない可能性があります。

そのためにあるのが保険です。

貯蓄や保険を無駄なく
組み立てることが、
賢い家計管理

あなたはどのように貯蓄をしていますか?貯蓄の方法には、銀行預金や職場の財形貯蓄、貯蓄機能を備えた保険などいろいろありますが、大きく分けると、「毎月定期的にする貯蓄」と、「お金が余ったときにする貯蓄」があると思います。いずれの場合でも、貯蓄は「収入-支出」ということになります。

収入に余裕があれば、節約を意識せずとも貯蓄ができて、貯蓄が多いほど将来も安心です。けれど、サラリーマンの給与がなかなか上がらない昨今では、余裕をもって貯蓄することが難しい人も少なくないと思います。では、貯蓄はどれくらいあれば安心なのでしょう?

また、万一の場合の備えとして必要な保険も、どれくらい入っておけば安心なのでしょう?安心を得たいがために、月々の保険料が生活費を圧迫しては本末転倒です。

貯蓄も保険も、「何に対していくら必要なのか」を計画して組み立てることがポイントです。

あなたは、目的を意識して貯蓄や保険加入ができていますか?

人生のいつ、どれくらい
お金がかかるかを
考えましょう

計画的に貯蓄をするためには、まとまったお金が必要となるのが「いつ」で「いくらくらい」なのかから考えましょう。

それには、家族の年齢ですでに決まっていることから考えるのが基本です。一番わかりやすいのが、「子どもの教育費」です。子どもが生まれた時点で、何歳のとき(何年後)に小学校、中学校、高校、大学に入るかが決まるからです。そのときにいくらくらいかかるかは、公立か私立によって大きく変わるため、家庭ごとの教育方針によって異なります。

マイホーム購入など「いつ」が決まっていないことがらは、ご自身の希望で設定してみて、買いたい地域の相場を調べてみましょう。

このように、人生でお金がかかる時期と金額を想定していくと、今からどれくらいずつ貯蓄をしていけばいいかが見えてきます。

これを「ライフプランニング」と言います。

ライフプランニング
ってどうやればいい?

ライフプランニングの大まかな方法は以下の通りです。

  1. 現在から1年ごとに時系列に記入できる年表を作成する。
  2. 子どもが小学校、中学校、高校、大学に入学したり、就職する時期を書き込む。
  3. マイホームや車など、高額のものを購入したい時期を書き込む。(車の買い換えや、マイホームのリフォーム時期も記入)
  4. ③以外で、家族旅行など家族で実行したいプランなども記入する。
  5. それぞれのライフイベントごとにかかる費用を調べて記入する。

こうした表を作成して、月々の収入と支出予測から、それぞれの時期までに貯蓄が可能かどうかを考えていきます。

けれど、普段家計簿をつけていなかったり、数字に弱いと思っている人は、「自分には無理!」と思ってしまったかもしれません。

でもご安心ください!ソニー生命のライフプランナーに相談すれば、わかりやすく、無料でライフプランニングしてもらえます。

ライフプランニングの詳しい内容については、次号でご紹介します!

すぐにプロに相談したいと思ったら!

SL17-7216-0068

記事をシェアしよう!

関連するキーワード

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう