ベビータウン

お金・保険

専門家/メーカー

保険を便利に有効活用するには?(前編)

2017.02.01

保険は、病気や事故、死亡などの万一のときや、将来の教育費や老後などに必要となるお金を備えるために入るもの。そこまではみなさんもご存知ですね。でも保険に入ると便利なことは、実はそれだけではないのです。知っていると得する、もっと便利な保険の活用方法を教えます!

取材協力:ソニー生命保険(株)Sony Life

  • 2017年2月現在の情報に基づき作成しています。
    税制、社会保障制度、データ等は作成当時のもので、現在とは異なる場合がございます。

ほとんどの保険会社に
あるサービスと、
保険会社固有の
サービスがある

保険に加入する目的は、病気やケガで入院や手術をすることになったり、契約者の方が亡くなるなど契約内容の事由が発生したときや、貯蓄性重視の保険で満期を迎えたときに保険金を受け取ることですね。保険会社や商品によって保障の内容はさまざまでも、「保険金を受け取るため」という目的は同じだと思います。

けれど保険に入ると、保険金を受け取る以外にも受けられるサービスがあること、知っていましたか? それには、生命保険会社共通にあるサービスと、保険会社固有のサービスがあります。

ベビータウンのサポート企業・ソニー生命のサービスを例に、知っている人だけが便利で得している、保険会社のサービスについてご紹介します。

保険に加入していると
お金が借りられる

加入している保険に解約返戻金がある場合、保険会社からお金を借りることができます。これはほとんどの生命保険会社共通にある契約者貸付制度。急にまとまったお金が必要になったとき、保険契約の保障はそのままに、解約返戻金の中から決まった範囲内でお金を借りることができるのです(ただし、以下の様な場合は貸付制度は利用できません。解約返戻金がない契約、貸付最低額に満たない契約、失効契約など、通常有効ではない契約など)。

保険の契約時に担当者から説明を受けているはずですが、長い保険期間中に忘れてしまっている人も多いかもしれませんね。

急にお金が必要となったときは、加入している保険会社の担当者に一度相談してみることをおすすめします。ソニー生命のライフプランナーなら、契約者貸付制度について詳しく教えてくれるだけでなく、みなさんにとって無理のないお金の準備の仕方を提案してくれます。

ママにうれしい、
人間ドックの優待サービス

ソニー生命の保険加入者とその家族であれば、ソニー生命が提携している医療機関で人間ドックを優待価格で受診できるサービスがあります。

ママの健康は本人だけでなく、家族にとっても大事なこと。まだ若いからと油断せずに、年に1度は健康診断を受けたいものです。お勤めしている人は会社で毎年健診を行っていたり、パパの扶養になっている場合で、パパの会社の健診を受けられる人もいると思います。また、国民健康保険の場合、自治体で健康診断を行っているケースもありますが、35歳以上など年齢制限がある場合が少なくありません。

上記に該当しない若いママたちで、現在専業主婦の人たちで健康診断を受けていない人が多いのです。そんなときに、割引価格で人間ドックを受けられたらとても助かりますよね。

  • 料金や割引率は医療機関によって異なるため、担当のライフプランナーにお問い合わせください。

病気になったときの
相談もできる!

もしも自分や家族ががんと診断されたときに、ソニー生命ではさまざまなサポートをしてもらえます。

刻々と新しい治療法が開発されているがん治療。例えば、ソニー生命の「セカンドオピニオンサービス/がん専門医紹介」では、担当のライフプランナーに相談すると、実績のある専門医のセカンドオピニオンを優待料金で受けられたり、各種のがんの専門医を紹介してもらえます。

また、ソニー生命の「お客さまWEBサービス」では、各種のがんについての「手術数でわかるいい病院」の一覧をご紹介しています。いざというときに、こうした情報がすぐ得られるのは心強いですね。

保険は加入すると、保険金が必要となるときまで忘れてしまいがちです。けれど、病気やケガをしていないときでも加入者にとってお得なサービスがいろいろあるのです。利用した方が良いですね!

SL17-7216-0065

記事をシェアしよう!

関連するキーワード

あわせて読みたい記事

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう