ベビータウン

生活設計・人生設計

専門家/メーカー

ママの仕事と介護は両立できる?(プロに相談編)

2016.04.01

さまざまな夢を持つママ仲間が、夢を実現させるためにソニー生命のライフプランナーに家計診断をしてもらってライフプランニングの相談をするこのコーナー。
看護師になる夢を持ち、親の介護の心配をしているママがまずは自分でライフプラン表を作成して、そのライフプラン表にもとづいて、無理なく夢を叶える方法をライフプランナーに相談しました!

  • 2010年9月現在の情報に基づき作成しています。
    税制、社会保障制度、データ等は作成当時のもので、現在とは異なる場合がございます。

取材協力:ソニー生命保険(株)Sony Life

相談してみた人

Nママさんご一家
家族構成:専業主婦のママ(29歳)、会社員のパパ(38歳)、長女(2歳)

Nママさんの目標

資格をとって看護師として働きたい! 体が弱い親の介護もしたい。子どもはあと1人、できれば男の子がほしい。

相談にのってくれた人

古閑実さん
ソニー生命保険株式会社
横浜ライフプランナーセンター第1支社

高圧ガスの販売を中心とした専門商社を経てソニー生命に入社。4歳と0歳のお子さまがいるパパで、ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、家族の夢をかなえられるよう的確なアドバイスができる頼れるライフプランナーです。

Nママさんが作ってみた
ライフプラン表

現在はお子さまが長女1人。できればNママさんはあと1人子どもがほしいそう。子どもは2人とも中学から私立に入れたいので、小学校3年生くらいから塾に通わせることもすでに考えています。Nママさんご自身も、学校に入って資格を取って看護師として働く夢を持っています。さらにご両親の介護についても今から検討しているため、ママが仕事を持つ夢と親の介護を同時に両立できるかライフプランナーに相談しました。

古閑さんの
ライフプランニングが
始まりました

1. 世帯の収入の入力していきます

古閑実さん

旦那さまと現在の収入、今後の収入予測を教えてください。

Nママさん

あまり上がっていくことは期待できないかもしれません。

古閑実さん

奥さまが看護師になられたときの収入の予測はついていますか?

Nママさん

看護師をしている知人からだいたいの収入は聞いています。

Nママさんから収入や支出についてうかがった数値を、古閑さんは項目ごとにパソコンに入力していきます。

Nさん一家の収入予測

旦那さまの現在の年収は約580万円。
景気のこともあり今後の収入予測はつきにくい状況のため、今後も大きく収入が増えない見込で計算していきます。
Nママさんは第2子が生まれるまでの期間と、出産後から学校に通うまでの間はパートで働く予定で、その間はパパの扶養の範囲内の収入として年収100万円くらいの予定。
資格を取って看護師になった場合は年収400万円くらいを見込んでいます。

2. 子どもの教育計画をデータ化していきます

古閑実さん

第2子のお子さまも含めて、2人とも小学校のみ公立で、ほかは私立に入れるのがご希望でしたね?

Nママさん

はい。大学は長女は文系で第2子は男の子がほしいので理系にしておいてください。

Nさんご一家の教育費の予測データ

子ども 幼稚園 小学校 中学 高校 大学 教育費累計
長女 私立
167万円
公立
198万円
私立
415万円
私立
346万円
私立文系
325万円
自宅
50万円
1,501万円
第2子 私立
167万円
公立
198万円
私立
415万円
私立
346万円
私立理系
446万円
自宅
50万円
1,622万円
  • 子ども2人分で教育費は総計で3,123万円かかる予測になります。

3. 住宅費を加えます

古閑実さん

現在のお住まいはご結婚前に旦那さまが購入されたものでしたね。月々のローンの支払額やローンの残債はわかりますか?

Nママさん

ボーナス月以外は毎月6万円で、残債はあと2200万円くらいだと思います。

Nさん一家の住居費

パパが5年前に35年ローンを組んで購入したマイホームで、月々の支払額は6万円、ボーナス時22万円。
その他に管理費(25,000円/月)、毎年の固定資産税が約9万円。

4. 月々の生活費をうかがいます

古閑実さん

現在かかっている生活費はどれくらいですか?

Nママさん

子どものおむつ代や外食費、パパの間食費などけっこうかかっていると思います。

古閑実さん

旦那さまの間食費ですか?

Nママさん

趣味の自転車に本格的にはまっていて、体力をつけるためにプロテインなどいろいろと…。

Nさん一家の生活費のポイント

女の子なのでつい服を買ってしまうというNさん。家族で外食も楽しみなので月に1万円くらいはあてています。車もよく使うのでガソリン代や車検代、維持費などを平均すると約2万円。その他ママのおこづかいも生活費に込みで、月々にかかる生活費は平均で14万円。
それ以外にパパのおこづかいは月2万円。おこづかい以外にパパの趣味のための費用が2~3万円かかっているそうです。

5. 叶えたい夢やその他の家族の計画にかかる費用をデータ化していきます

古閑実さん

奥さまが通う予定の学校の学費はどれくらいですか?

Nママさん

授業料が月8万円くらいで、交通費も入れると年間で100万くらいはかかると思います。

古閑実さん

お車の買換予定などは?

Nママさん

来年買換を予定しています。

古閑実さん

ライフプラン表に旅行のシールもついていましたが、具体的なご希望は?

Nママさん

親も含めて国内旅行に行きたいと思っています。

古閑実さん

親御さんの介護にかかる費用も入れておきましょう。

Nママさん

どのくらいかかるのでしょうね…。

漠然とした夢も、かかる費用などを考えていくと現実に近づいていきます。

Nさん一家の夢にかかる費用

  • ママの学校にかかる費用 8万円/月が3年間
  • 車の購入 1年後に330万円、その後10年ごとくらいに180万円、130万円の車を買替予定
  • 国内旅行→家族全員で40万円
  • 親の介護費→ママのお母さんの介護費として、初期費用50万円、保険適用外の自己負担分として5万円/月を5年分で算出

Nさんご一家の家計予測は
こうなりました

棒グラフが年度ごとの支出の総計の推移、赤い折れ線グラフが収入の推移です。折れ線グラフが棒グラフより上にある年は黒字、下の年は赤字ということになります。

Nさんご一家の年度別収支

古閑実さん

年度別に見ると、お車を買い替えられる時期と、奥さまが学校に通われる時期に、単年度で赤字になる年が見られます。しかし、これは年度ごとの家計の収支を表すグラフなので、単年度で赤字でも、それまでに貯蓄があれば家計全体が赤字になることはありません。
それを見るために家計の貯蓄の残高の推移を表す、金融資産残高のグラフを見てみましょう。

金融資産残高

古閑実さん

上のグラフは金融資産の残高の推移を表しています。これを見ると、奥さまが学校に通われる時期、つまりお子さまが2人いて、長女のお子さまは小学校、第2子のお子さまが幼稚園に通われている時期に奥さまがパートを辞められているので、家計の収入は減って支出が増えていくからです。その後持ち直していくこともグラフを見るとわかりますが、金融資産の残高が赤字の年があるということは、家計が底をついてしまっていることになるため、検討が必要です。

家計を見直す場合、家族の夢をあきらめる方向には考えたくないものです。かなえたいことは残しつつ、他の方法で赤字にならない手段を見つけることが先決です。

古閑さんのご提案

生活費を若干見直し、車や学校にかかる費用をローンにする

奥さまは借金がお好きではないとのことで、車など高価なものも一括でのお支払いを予定されていましたが、夢をあきらめずに家計を赤字にしないためにはローンを利用する手もあります。
上記の金融資産を見ても、将来的には余裕が出ることがわかっていますので、ローンを利用して支出を将来に分割することで赤字をなくすことができそうです。
また、生活費も若干見直せる余地がありそうです。節約というほどでなくても、少しずつの無駄を見直すだけで違いが出てきます。

  • 奥さまの学校にかかる費用=300万円を、教育ローン(7年・金利3%固定)に変える
  • 1年後に購入予定の車=330万円を5年・金利3%固定
  • 月々の生活費を14万円から12万円に見直す

改善後の金融資産残高

古閑実さん

上記の見直しで、夢はすべてかなえて赤字がなくなりました!

Nママさん

子どもたちを私立に入れるためには今の生活パターンでは無理だろうと覚悟はしていましたが、教育費が家計に占める割合などがわかってよかったです。節約しなければいけないポイントもわかりましたし、ローンは抵抗があったけれど利用する手もあると思いました。
家計は自分とパパのがんばり次第なので、今日から気を引き締めようと思います!

SL19-7271-0043

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

看護師になる夢を持ち、親の介護の心配をしている「仕事と介護の両立に悩むママ」の登場です。まずママが自分でライフプラン表を作成して、そのライフプラン表にもとづいて、無理なく夢を叶える方法をライフプランナーに相談しました!出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」