ベビータウン

生活設計・人生設計

調査/レポート

子どもが独り立ちしたらママは何したい?

2016.04.06


みなさんは将来子どもが結婚したら、どんなおばあちゃんになりたいですか? 子育て真っ最中でまだ想像はしにくいかもしれませんが、みなさん自身の親御さんを見ながら思うこともあるかもしれませんね。ママ仲間がどう思っているかアンケートした結果を見てみましょう!

アンケートには1562名のベビータウン会員が協力してくれました。
みなさん、たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます!
(アンケート実施期間 2016年2月10日~2月16日)

子どもが独立した後に
やってみたいことは?

子どもが就職や結婚をして独立した頃、みなさんは何歳になっているでしょうか? そんな想像をしながら、そのときにやってみたいことを答えてもらったところ、「パパと2人で旅行したい」と答えた人が約6割で1位でした。2位が「趣味を充実させたい」、3位「パパ以外と旅行したい」と、その頃には仕事や勉強などよりも、ゆったりと自分の時間を過ごしたいという希望が見えてきますね。

今は赤ちゃんのお世話、その先は子どもたちの進学や学校行事など、しばらく子育てで忙しい月日がつづきますが、子どもから完全に手が離れたら是非パパとの旅行をたくさん楽しんでくださいね!

子どもが就寝や結婚をして独立した後に、ママ自身がしてみたいことは?(複数回答可)

子どもたち家族には
近くに住んでほしい?

子どもが結婚して所帯を持った後、自分たちの近くに住んでほしいか尋ねてみました。

住む場所は子どもやその配偶者の職業によって変わってくるので、現実的には希望通りにはなかなかいかないものですが、ママたちのいまの希望での回答です。

同居を希望する人は少なく4.4%に留まりました。最も多かったのは「電車や車で1時間以内ぐらい(会おうと思えばすぐ会える範囲)」で41.3%。次点の「別居で徒歩圏内がいい」も会いたいときにはすぐ会えるという意味では前者と同様ですが、生活圏は違う方がいいという気持ちが垣間見えますね。子どもとはいえ、別所帯を持ったら過度に干渉し合わない方がいいけれど、何かあったときにはすぐに駆けつけられそうな距離が安心という、自分たちの経験からそう思うのかもしれませんね。

子どもが結婚した後、住まいの距離感の希望は?

孫ができたら
どのくらい会いたい?

いまのママたちがおばあちゃんになる日を想像するのはむずかしいことかもしれないので、ママのご両親の現状と比較して、孫ができたら会いたい頻度を聞いてみました。

現在、おじいちゃん・おばあちゃんが孫と会う頻度は、「月に1回くらい」が最も多いものの、回答に大差はなく頻度にはバラつきがありました。住んでいる距離によっても事情が異なるのかもしれませんね。一方で、自分たちの将来の希望では「月に1回くらい」が41.2%と主流を占めていました。「週1では多いけれど月1くらい」が、ママたちの考える適度な回数のようです。みなさん自身の考えと比べてどうでしょうか?

ママ方のご両親が孫に会う頻度と自分が将来、孫に会いたい頻度

どんな孫育が理想?

最近は子育てならぬ「孫育て」「孫育」という言葉をよく耳にします。働くママが増えて、そのサポートをおじいちゃん・おばあちゃんがすることですが、単にママの勤務中に孫を預かるだけでなく、「親の代わりの意志を持って孫を育てる」祖父母が増えているようです。

では実際に、おじいちゃん・おばあちゃんが孫に対してしてくれていることと、それについてママたちがどう感じているかを聞いたのが下の左のグラフです。

青いグラフは「してくれていること」(複数回答)で、赤いグラフがその中で「最もありがたいとママたちが思うこと」、緑のグラフが「正直ありがた迷惑と感じていること」です。

青いグラフを見ると、おじいちゃん・おばあちゃんは物心両面でいろいろなサポートをしてくれていることが見てとれます。その中でママたちがありがたいと思っているのが「育児そのものを手伝ってくれること」。ママたちは物やお金よりも行動でのサポートがうれしいのですね。

ただし、育児方法については口出しをしてほしくないようで「育児に対してアドバイスをしてくれる」は、ありがた迷惑と感じるトップでした(「その他」を除き)。

ありがた迷惑の「その他」のフリーコメントで多かったのは「孫にお菓子を買ってくること」や「趣味と違う服などを買ってくること」。ママ自身の思惑や方針と違うことをされると困ってしまう気持ち、共感できますね。

一方で、ママたち自身がおばあちゃんになったときにしてあげたいことが下の右のグラフです。左の青いグラフとほぼ似た傾向を示しています。おもしろいポイントは、前述の「育児に対するアドバイス」は自分たちがありがた迷惑と思ったからか、おじいちゃん・おばあちゃんの現状よりもかなり低くなっています。また、「孫に会うときお土産を買う」は、現状ではありがたいよりむしろ迷惑と答えた人が多かったにもかかわらず、「買ってあげたい」人が31.6%もいました。おじいちゃん・おばあちゃんのお土産の内容は必ずしも歓迎はできないけれど、お気持ちはありがたく理解しているのですよね。

おじいちゃん・おばあちゃんからのサポートについて

子どもが結婚して孫ができたら、どんなサポートをしてあげたいですか?(複数回答可)

いかがでしたか? 育児をしながら「自分の親もこんなに苦労して育ててくれたんだ」と感じることは日々あると思います。逆に、「この子がいつか親になって自分がおばあちゃんになったら…」と想像しながら子育てしたり、自分のご両親と接するのも新しい家族の楽しみ方かもしれませんね。次号では、みんなが理想とするおばあちゃん像についてお伝えする予定です。お楽しみに!

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

今は子育て真っ最中で想像もできないかもしれないけれど、子どもが独り立ちしたら何をしたいですか?自分の時間はもちろん、孫との時間もできてるかも。みんなの夢と理想をアンケートで調査しました。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」