ベビータウン

生活設計・人生設計

専門家/メーカー

ソニー生命の学資保険が人気の理由に、保険のプロの存在!

2018.03.28

多くの先輩ママから支持を受けている、ソニー生命の学資保険。貯蓄性や、選べるプランの豊富さなど、その人気にはさまざまな理由がありますが、加入した人たちから絶大な信頼を得ているのがライフプランナーの存在です。ただ保険を紹介するだけではない、プロとしての仕事がそこにあります。なぜライフプランナーがいることで支持されるのか、その秘密を見ていきましょう。

取材協力:ソニー生命保険(株)Sony Life

取材協力

大村牧さん
ソニー生命保険株式会社
新宿ライフプランナーセンター第1支社

元航空会社の客室乗務員。その後社会人大学院でMBAを取得。現在はファイナンシャルプランナーの資格をもち、「お金の総合診療医」を目指してお客さまのさまざまなお金の相談を受けているライフプランナーです。ご自身も一児のママ。

ソニー生命の学資保険はなぜ人気?

「学資保険といえばソニー生命」と、昔から多くの先輩ママたちから支持を受けています。人気の理由には、商品そのものの良さがあることはもちろんですが、ソニー生命ならではの秘密も隠されているようです。
「ソニー生命の学資保険が人気なワケ」について詳しくはこちら>>

それは「ライフプランナー」という、金融の知識と経験が豊富な保険のプロの存在。ほとんどがファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険のみならず各家庭のお金のすべての相談にのってくれる強い味方がいるのです。保険に加入しなくても、相談だけでも無料で受け付けてくれると言うから驚きです。
では、ライフプランナーがいることでなぜ人気なのか、何が安心なのかを見ていきましょう。

家族の未来をずっと見守ってくれる!

保険に入るために大事なこととは?

学資保険に限らず、みなさんが保険に入るときには何を重要視しますか? 払い込んだ保険料に対してどれくらい保険金を受け取れるかの返戻率であったり、わが家がどれくらいの保険に入るべきかの基本的な目標額であったり、ずっと保険料を払い込み続けられるかなど家計の状態であったりと、考えなければいけないことがたくさんありますね。
保険はそもそも家計の一部。将来保険金が受け取れるとしても、保険料は一時的に家計の支出になります。また、受け取る保険金の額を設定する際も、保険金が必要になるときの家計の状態を想定しなければなりません。つまり、保険料を払い込んでいる「今」と、保険金を受け取る「将来」の両方のわが家の家計の状態を考えることが大事ということですね。

長い人生の家計を考えるのは難しいけれど…?

自分たちで将来設計するのは意外と大変と思うかもしれません。まだ赤ちゃんが生まれたばかりのご家庭では、これから何にどれくらいかかるのか予想はむずかしそうです。
そのために、ライフプランナーがいるのです。
ソニー生命のライフプランナーが「保険のプロ」と言えるのは、そうした各ご家庭で将来かかりそうな支出についてアドバイスしたり、マイホームをもつ時期はいつ頃がいいかなど、家庭に合わせた相談にのれるからなのです。
また、担当したライフプランナーは基本的には将来ずっと担当を続けてくれるから、みなさんの家庭に寄りそって、変化を見守ってくれます。

「数字」だけではなく
会話の中の「想い」も記録してくれる!

なぜ、ソニー生命のライフプランナーは、何十年もの間、担当した家庭のことを見守れるのでしょう?
その仕組みについて、ライフプランナーとして活躍する大村さんに伺いました。

ライフプランナーは何をしてくれるのですか?

大村さん

ソニー生命ではお客さまから保険の相談を受けた際に、ほとんどの場合必ずライフプランニングをさせていただきます。お客さまの大切な人生とお金ですから、各ご家庭に合った、無理のない適切なプランをご提案するために必要なことです。
ライフプランニングでは、単に家計の収支をうかがって必要な保険についてお話するだけでなく、「なぜその保険が必要か」「その保険でご家族にどのような暮らしをしてほしいか」など、「お客さまの想い」をうかがっています。そのために、お子さまの教育やマイホーム、家族でやりたいことなど、将来にわたった夢のお話をうかがって、それが実現できるようにプランニングさせていただいています。

具体的にはどんなことをするのですか?

大村さん

まず、上記のような、ご家族で将来にわたってやりたいことをすべてうかがいます。例えばそのときにまだお子さまが赤ちゃんでも、将来どんなふうになってほしいかなど、親御さんの気持ちなどもうかがって、文章で記録しています。その記録を我々は「カルテ」と呼んでいます。
次に、その内容を具体化させるために、「いつかなえたいか」「それにはどれくらいお金が必要か」などを、アドバイスしながら数字に落としていきます。一つひとつの計画を数字に落としていくことで、下のグラフのように家計が一目でわかるようになります。すると、家計に無理はないか、貯蓄しやすいのはいつ頃か、赤字になるときはないかなどが見えてきます。
保険に入る際はこうしたデータがないと、「子どもが大学に入るときにいくら準備しておけばいいか」とか、「パパやママに万一があったときにどれくらい必要か」は、本来わからないものなのです。

年度別収支グラフのイメージ

金融資産残高グラフのイメージ

その記録やデータをずっともっていてくれるのですね?

大村さん

そうです。例えばご主人が転勤になったり、あるいは転職したり、奥さまが働き始めたりすると、将来の予定や家計バランスは変わってきます。そうした人生の節目ごとにライフプランニングはやり直した方がいいのですが、そのときに、我々が上記のようなデータや会話の記録をもっていることが役に立ちます。
お客さまは保険に一度入ると、内容などは忘れてしまいますよね。でも記録があれば、以前「なぜこの保険に入ったんだっけ?」とか「こんな夢をもっていたのにまだかなえられていないな」などと気づくことができるのです。
我々ライフプランナーが定年退職したり万一のことがあっても、後任のライフプランナーにきちんと内容を引き継ぎますので、安心してお任せいただくことができます。

自分自身が忘れてしまいがちな家族への想いもよみがえりそうですね?

大村さん

そうですね。保険というと万一の暗い話に思われがちですが、私はライフプランニングの際に、ご家族でやりたいことや、ご家族ために残したいお金など、夢のあるお話を思い切り語っていただいています。新婚のご夫婦が思い描いていた家庭像について、数年たってからお会いしてお話しすると、ケンカしがちだったご夫婦が昔の気持ちに戻れたり、思春期でお子さまに手を焼いている方々が、お子さまが生まれたときのことを思い出されるなど、家族の絆がよみがえるきっかけにもなるといいですね。

ソニー生命の学資保険が人気のカゲには、こんなことまでしてくれるライフプランナーの存在があったのですね。「保険のプロ」とは、ただ金融の知識があることではなく、お客さまの想いを受けとめてくれるやさしさや技術、それを引き継ぐ仕組みがあってこそということのようです。

家庭の記録をいつまでも残してくれる、
ソニー生命のライフプランニングについて
詳しくはこちら

SL17-7216-0455

あわせて読みたい記事

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう

多くの先輩ママから支持を受けている、ソニー生命の学資保険。貯蓄性や、選べるプランの豊富さだけでない人気の理由がライフプランナーの存在です。ただ保険を紹介するだけではない、プロとしての仕事がそこにあります。なぜライフプランナーがいることで支持されるのか、その秘密を見ていきましょう。出産・育児のサポートサイト「ベビータウン」