ベビータウン

ママニュース

ベビー服のレンタルサービス始まる!

2017.10.03

ベビー服のレンタルサービス始まる!

かわいくて、品質のいいベビー服を着せたい!だけど、赤ちゃんはどんどん大きくなってしまうので、そんなにお金もかけられない――。そんなジレンマを解決してくれる、0~3歳児向けの子ども服のレンタルサービスを、アパレル会社のLAPOCHE(ラポッシュ)が開始しました。

デイリー使いのベビー服・子ども服のレンタルサービスは国内で初めてだそう。このサービスの特徴は、国内老舗縫製工場と直接手を組み、肌触りなど高品質にこだわった、上品で着心地のいい服をリーズナブルな価格で提供していること。ぴったりサイズの服をレンタルできるので、大きくなって着られなくなるというサイズアウトの悩みも解消できます。

取り扱っている服のサイズは、50~60cm、70cm、80cm、90cm。2017年秋・冬より100cmの対応も予定しています。ラインナップは、カバーオール、ワンピース、ブラウス、襟付きシャツ、パンツ、ポロシャツ、コート等々。

ベビー服レンタル 梱包イメージ例

料金プランは、毎月4着、好きな服が選べる「セレクトコース」と、同社がセレクトした服が届く「スターターコース」の2つ。同じようなデパート品質の服を購入した場合と比較して、リーズナブルな価格設定となっています。

レンタルした服は、1ヶ月経過後、好きなタイミングで交換可能です。返却された服は、クリーニング・メンテナンスを行った後、次の人へ。

ラポッシュがサービス開始に向けて、市場調査会社マクロミルの協力を得て、ママ(206名)に子ども服に関する調査を行ったところ、子ども服に不満、もしくは少しでも不満があると回答した人は66%でした。不満の理由トップは、「値段」(71.3%)で、続いて、「サイズアウト」(50.7%)。また約7割が、子ども服を「ファストファッション、プチプラ(プチ(小さい)プライス(価格))」で買うと答えています。

ラポッシュによると、日本では国内における衣料品生産比率が3%にまで落ち込み、古くから伝えられてきた高度な縫製技術の継承が脅かされているそうです。ファストファッションと呼ばれる、海外で大量生産された安価な服を利用する子育て世代も増えています。

このサービスでは、そんな子育て世代に日本製の良さを再認識してもらい、優れた縫製技術を残すことも目指しているそうです。

いいモノは買う時代から借りる時代へ――。ラポッシュが子育て世代に提案する、新しいライフスタイルです。

参考:

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう