ベビータウン

ママニュース

育児休業、最長2歳まで延長可能に!

2017.10.10

育児休業、最長2歳まで延長可能に!

育休から復帰する予定だったのに保育園に入れず、泣く泣く退職……そんな悲劇を少しでも減らそうと、10月から育児・介護休業法が変わりました!

今までの制度では、育児休業は原則子どもが1歳になる前日まで、もし保育園に入れなかった場合は1歳半になる前日まで延長することが認められていました。今回の法改正によって、1歳半の時点で保育園に入れていなかった場合は、さらに2歳の前日まで再延長できるように!

雇用保険から支給される育児休業給付金の支給についても、同じように2歳まで延長可能です。延長期間が保育園入所枠の多い4月と重なる人にとっては、特に復帰の可能性が高まります。

法改正の背景には、自治体側の保育所整備コストを減らすことも目的の一つとしてあるようです。0~1歳児の保育を行うためには、多くの保育士配置が義務付けられているためコストがかさみます。2歳以降であれば、より少ない保育士数でも児童数を増やせるので、それまでは仕事を休んで家庭で育てられるように、というわけです。

延長を希望する場合、子が1歳になるときと1歳6ヶ月になるときのそれぞれ、職場(もしくはハローワーク)での手続きが必要です。保育園に入れなかった証明として「入所申請書」、「入所不承諾通知書」が必要になるので、捨てたり失くしたりすることのないよう、しっかりコピーをとっておきましょう。

この「入所申請書」の入所希望日は、子どもが1歳になる前日までのどこかの日付でないと、延長が認められないので注意を! また、無認可保育園への入園が不承諾になっても延長の対象にはならないので、必ず児童福祉法で定められた保育施設(認可、認証、こども園など)にも入所申請しましょう。

また事業主に対しても、従業員やその配偶者が妊娠・出産したことが明らかになった際には育児休業などの制度を積極的に知らせること、未就学児を育てながら働く人のための「育児目的休暇」を創設することも、努力義務として掲げられています。

参考:

記事をシェアしよう!

ベビータウン会員になると、
ベビー用品についているポイントを集めて
ステキな景品と交換できます!!

  • 育児アンケートに答えるだけで、
    ポイントやプレゼントがもらえちゃう!
  • お子様の月齢にあわせた
    育児のアドバイスメールが届きます!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう