ベビータウン

ママニュース

赤ちゃんを安眠に誘う、ぬいぐるみとは?

2018.02.06

赤ちゃんを安眠に誘う、ぬいぐるみとは?

「赤ちゃんの寝つきが悪い」「お昼寝中にすぐ目覚めてしまう」――。そんな悩みを持つママやパパのために、アメリカのBEBE & BEBE社が、赤ちゃんを心地よい眠りに誘ってくれる、ぬいぐるみ「Lubby Dubby Dolls」を開発しました。でも、どうやって……?

その秘密は、音にありました。どんなグッズも、やさしいママのタッチの代わりにはなれないけれど、ぬいぐるみから聞こえてくるママの心臓の音が子守唄となって、眠りをサポートしてくれるのです。

この商品には、独自の技術を用いた聴診器とサウンドボックスがセットになっています。使い方は簡単。聴診器を使って、ママの心音をサウンドボックスに録音。それをぬいぐるみの中に入れて再生し、赤ちゃんに聞かせるだけ。

BEBE & BEBE社は、親と子どもの両方に役立つ商品を作ることをミッションに、2016年に設立、Lubby Dubby Dollsの開発に取り組んできました。

シリーズ第一弾となる商品はうさぎのぬいぐるみで、名前は「Tokki」。100%オーガニックコットンで作られており、やさしい肌触り。赤ちゃんが使うことを考えて、染料や糊を使わずに仕上げられています。洗濯も可能。生産工場は韓国。Tokkiは韓国語で「ウサチャン(bunny)」という意味です。

「Tokki」 BEBE&BEBE社

この商品を赤ちゃんでテストしたところ、26.6%が早く寝つき、43.4%がいつもより長く昼寝をして、49.1%がいつもより夜長く寝たという結果が得られたといいます。テスト終了後、商品を返却するのを躊躇し、購入したいと申し出たママたちも。

おなかの中でずっと聞いていたママの心音には、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせてくれる力があるのでしょう。ちなみに心音は指紋と同じで、一人ひとり違うため、他のママの心音を録音して聞かせても効果がないそうです。

Tokkiは、昨年11月にアメリカのクラウドファンディングのサイト「インディーゴーゴー」で先行発売をスタート。まもなくアマゾンUSAで販売を始める予定です。価格は$149で3種類の色を用意。販売開始後1ヶ月は特別価格で提供するといいます。

アマゾンUSAでの購入は、ちょっとハードルが高いというママやパパも多いことでしょう。BEBE & BEBE社は、日本のショップでもTokkiを販売したいと意気込んでいます。

参考:

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう