ベビータウン

ママニュース

ベビーカーでも安心。東京メトロが実証実験中

2018.05.07

ベビーカーでも安心。東京メトロが実証実験中

「あの駅、ベビーカーで行っても大丈夫かな?」。エレベーターを探してキョロキョロ、ウロウロ、結局みつからなくて、ベビーカーを抱えて階段を上ったり降りたり……。できれば、こんな思い、したくない――。

こうした不安を解消してもらおうと、東京メトロがベビーカー利用者向けサービス「ベビーメトロ」の実証実験を始めています。利用する駅のエレベーターなどの情報を、スマートフォンやパソコンを使って、インターネットで調べることができるサービスです。ベビーカーを利用する人だけでなく、高齢者や体が不自由な人などに、駅をもっと便利に利用してもらうことを目的としています。

今回は期間限定で、3月27日(火)から7月31日(火)までの予定。利用料金は無料(通信料は利用者の負担)です。

どんなことが調べられるのか、見てみましょう。

最初に、「ベビーメトロ」のサイトにアクセスします。

「アンケートに答えてはじめる」ボタンを押して、性別、年齢、子どもの年齢などの質問に回答後、トップページに移動し、調べたい駅名を入力するか、路線から選んで検索します。

このサービスでは、駅構内をエレベーターだけで移動できるルートを「ベビーカールート」と定義しています。検索した駅の結果は、「地上出口・ホーム間」「乗り換え(※他社線への乗り換えを除く)」の「ベビーカールート」の有無が「○」「×」で表示されます。さらに、ホームにベンチが設置されているのかの情報も「○」「×」で表示。同じ駅でも、路線やホームによって情報が違う場合は「△」になり、さらに詳しい情報を確認することができます。今回「表参道」駅で検索したところ、すべて「○」という結果になりました。

このほか、エレベーターの利用や乗り換えに便利な乗車位置がわかる「乗車位置案内」や、幼児向け設備のあるトイレや、ベビーカールートを確認できる駅全体の「構内図」を見ることができます。

東京メトロの駅を利用するときは、このサービスを利用して、トイレやベビーカールートなどの駅情報をチェックしておくと便利ですね。

東京メトロは、この実証実験の利用状況などを踏まえながら、サービス拡大に向けて検討を進めていくといいます。同社は、昨年12月、大日本印刷やLINEなどと、銀座線の車両で、無料通話アプリのLINEを使って、席に座りたい妊婦と席をゆずりたい周囲の乗客をつなぐ「&HAND」の実証実験を実施したことでも話題となりました。

実証実験が具体的なサービスとなって展開され、東京メトロだけでなく、他の路線にも広がっていくといいですね。

参考:

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう