ベビータウン

ママニュース

ぬいぐるみとおしゃべりできる!?ボタン型スピーカー

2018.07.02

ぬいぐるみとおしゃべりできる!?ボタン型スピーカー

ボタンの形をした小さなスピーカーを取り付けると、ぬいぐるみがおしゃべりを始める! 育児を楽しくアシストする次世代玩具として、博報堂のプロジェクトチームが開発した「ボタン型おしゃべりスピーカー Pechat(ペチャット)」。2016年の発売以来、注目を集めていますが、このほど新たな機能が追加されパワーアップ! イヤイヤ期の子どもに対応する「イヤイヤモード」が搭載されました。

Pechatの使い方をご紹介しましょう。直径4.5cmほどのボタン型スピーカーを、クマさんやゾウさん、ウサギさんなど、子どものお気に入りのぬいぐるみに糸や紐で取り付けます。

次に専用の無料アプリをスマホにダウンロード。パパやママがアプリを操作することで、「はじめまして」「こんにちは」「いっしょにあそぼう」などなど、かわいい声がスピーカーから流れ、まるでぬいぐるみがおしゃべりしているかのよう……。

セリフはあらかじめ収録された1,000以上の中から選ぶことができ、パパやママがアプリに文字を入力するのもOK。声を録音してスピーカーからぬいぐるみの声に変換させて再生することも可能です。

アプリには、「むすんでひらいて」「キラキラ星」などの童謡や、「桃太郎」「3匹のこぶた」など、お馴染みの昔ばなしも収録。ぬいぐるみと一緒に歌ったり、お話を聞いて楽しむこともできます。

そんなPechatをイヤイヤ期の子育てのサポートに役立てるべく、アプリに新たに追加されたのが「イヤイヤモード」。0~5歳の子どもを持つ親、9250人の調査データを参考に、専門家の監修のもと、700種類を超える“イヤイヤ期に効くセリフ”が登録されました。

例えば、“お着替えしない”ときには、「あれ?まだ着替えないの?」「好きなお洋服はどれ?」「ひとりでお着替えしてみんなを驚かせよう!」などなど。子どもが思わず着替えたくなるようなセリフをぬいぐるみがおしゃべり。

他にも、“朝起きない”“ごはんを食べない”“保育園に行かない”など、25のシーン別に、子どものやる気を引き出すセリフが搭載されています。

さて、その効果やいかに?

Pechatは、amazonやトイザらスなどのネット通販をはじめ、全国のイオン、アカチャンホンポ、TSUTAYAなどの店舗でも購入可能です。

参考:

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう