ベビータウン

ママニュース

会社に教えたい!職場用マタニティ服の無料レンタル

2019.05.31

会社に教えたい!職場用マタニティ服の無料レンタル

妊娠してお腹が大きくなってくると、仕事中に「何を着よう」という悩みも出てきます。でも、妊娠中しか着ない、職場用マタニティウェアはなるべく買いたくないもの。そんな働くプレママを応援するため、ユニフォームネット(東京都千代田区)は、職場用マタニティウェアの無料貸し出し事業を行っています。

総務省が昨年7月に発表した調査(平成29年就業構造基本調査)結果によると、働く女性の割合は、平成24年と比べて、すべての年齢階級で上昇。25~29歳では81.2%、また、30~50代の各年齢階級でも7割を超えています。

企業向けにユニフォームを販売するユニフォームネットも、「当社も含め、多くの中小企業にとって女性の戦力は今後ますます重要になってくる」とコメントしています。

働く女性が増える中、産前・産後の女性が働きやすい環境を整えるため、多くの企業で取り入れ始めているのが、時短制度や必要に応じた在宅勤務、さらに不妊治療を後押しする制度などです。

一方で、見落とされているのが「妊娠中の服装」の問題。ユニフォームネットは、私服勤務、制服勤務に関わらず、妊娠中の体形に合いながらもビジネスの現場で違和感のない服装を整えることは大変で、多くの女性の悩みになっていると指摘しています。

そこで、同社では、大きなお腹を抱えて働く女性に、なるべく快適な状態で仕事に取り組んでほしいと考え、ユニフォームでできる応援として、職場用マタニティウェアの無料レンタル事業を3年前にスタート。この職場用マタニティウェアは、ワンピースタイプでブラック、妊娠5、6ヶ月頃から着用する人が多いそうです。

また、このサービスをこれまでに累計100社以上が利用した実績と、着用者アンケートの結果を反映して、4月より新たにトールサイズをラインナップ。利用者は、フリーサイズとトールサイズから選べるようになりました。

トールサイズは、肩巾35cm、ウエスト128 cm、着丈103 cmで、背が高めの人や普段着がLサイズ以上の人も、お腹周りがゆったりで丈を気にせず着用できます。

この無料レンタルは、ユニフォームネットと取引がない会社も、普段は私服勤務の会社でも利用できます。また、一つの職場で何人でも利用でき、最長5ヶ月間使用可能です。会社の福利厚生としての活用もすすめています。個人向けのサービスではないので、興味を持った人は、このサービスを会社に紹介してみては?

ユニフォームネットでは、妊娠中の服装について、人事や総務からも相談されることもあり、「今までは数も少なかったので、妊娠中の服装は個人の判断に任せていたけれど、会社として明確な規則を求められるようになってきた」という話をよく聞くようになったといいます。その解決策の一案として、職場用マタニティウェアの導入の検討を提案しています。

参考:

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしようベビータウンポイントをためて素敵な商品をGETしよう