ベビータウン

ママニュース

シンプル&モダンな麻のパネルで祝う、端午の節句

2021.04.23

シンプル&モダンな麻のパネルで祝う、端午の節句

もうすぐ、端午の節句。伝統的な兜や五月人形を飾りたいけれど、「場所がない」「しまう場所がない」――? もし、そんなふうに悩んでいたら、現代のライフスタイルにぴったりな、こんなパネルはいかがでしょう?

株式会社ルシエール・ジャパンプレスリリースより。

端午の節句に合わせて「麻のファブリックパネル」を発売したのは、京都洛柿庵。日本の四季を色鮮やかに染め上げる、麻素材専門の和雑貨ブランドです。このパネルも、麻生地に手染めを施した、上質な麻の風合いと柔らかな染め上がりが特徴です。

図柄は、凛々しい「兜」と、鯉のぼりをモチーフにした「ひごい青海波」と「こごい青海波」。鯉のうろこの青海波(せいがいは)は、永遠の幸せを表す日本の伝統的な吉祥文様です。

手染めによる名前が入れられる専用パネル「菖蒲」もあります。商品はすべて20センチのスクエアサイズ。軽量なのでピンや釘1本で壁面にかけたり、ウォールシェルフやプレートスタンドに立てかけたり、レイアウトを自由に楽しむことができます。

端午の節句は、奈良時代以降に定着し、江戸時代になると、「菖蒲(しょうぶ)」が、武道や軍事を大切とする「尚武(しょうぶ)」に通じると、武家の間で盛んに祝われるようになりました。

男の子の無事成長と一家の繁栄を願う大切なお節句。時代を経て受け継がれてきたこうした伝統行事の中に、子どもへの愛や教育のあり方、親の生き方の指針や知恵が、いっぱい詰まっています。

混迷の時代だからこそ、兜や鯉のぼりを飾ったり、菖蒲湯を飲んだり、菖蒲湯に入ったり、菖蒲笛を吹いたり、柏餅やちまきを食べたり…。今は「こどもの日」となっているので、男の子も女の子もいっしょに、家族みんなで、楽しくお祝いしましょう。

参考:

記事をシェアしよう!

ベビータウンとは?

  • ポイントを集めて、素敵な景品と交換できる♪
  • お子様の月齢にあわせたアドバイスをメール配信!
  • 育児アンケートに答えてポイントやプレゼントがもらえる!

ムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしようムーニーポイントをためて素敵な景品をGETしよう